05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夢実現までの道のり - 夢の実現へ導いてくれた数多くの出会い(最終回)

2016-11-20
2016 年 11月 20日(日) 12時 30分 記

やっと太平洋横断航海の記録をまとめることが出来ました。
だらだらと長い文章をお読み頂き有難うございました。

航海の記録をまとめることが出来ましたことで一区切りつきましたので、今回で 『TSUYOTAKA航海日記』 を終了したいと思います。

2012 年 3月 15日にブログをスタートして以来、4 年と 8 ヶ月余りの長きにわたりご愛読頂き有難うございました。
無事太平洋を渡ることが出来ましたのも、皆様の温かいご指導、ご支援、ご声援の賜物と心より感謝しています。

このブログを始めた 2 日後の、2012 年 3月 17日には、『夢の実現へ向けて』 と題して自分の気持ちを記しましたが、その時でもまだ太平洋横断の夢を口に出すことは出来ませんでした。

太平洋を渡りたいという気持ちだけは持ち続けていたのですが、どこから、どう手を付けたら良いのか全くと言って良いほど分からず、外洋へ出ることの恐怖心は計り知れないものがありました。

とりあえず、日本を回ろうと言うのが当時の正直な気持ちでした。
そして、日本周航へ向けて清水港から出航した初日、2012 年 3月 26日に運命的な出会いがあり、夢の実現へ向けて大きな一歩になりました。

今回の太平洋横断を、少年時代のヨットとの出会いから振り返って、『夢実現までの道のり - 夢の実現へ導いてくれた数多くの出会い』 としてご紹介させて頂いて、ブログの締めくくりとさせて頂きたいと思います。


=======================================


『夢実現までの道のり - 夢実現へ導いてくれた数多くの出会い』

<< ヨットとの出会い >>
10 歳 (1960年) の時だったと思う、ヨットが何故走るかと、風向に対するセールの調整方法を図示した本を偶然読んだ。
今でもその図をはっきりと覚えている。

10 歳の時の夏、猪苗代湖で生まれて初めてヨット ( ホビーキャットに似た小型のカタマラン ) に出会った。
当時としては珍しいレンタルヨットだった。乗ってみたいと思った。

<< 『太平洋ひとりぼっち』 との出会い >>
12 歳 (1962年) の時、堀江謙一さんが太平洋単独横断に成功し、ゴールデンゲートブリッジをくぐってサンフランシスコに入港した。
10 歳の時にすでにヨットに興味を持っていた自分に取って、この出来事は衝撃的だった。
この時から、将来自分もヨットをやりたいと思うようになった。

19 歳 (1969年) の時、大学に入ってヨットを始めた時から、太平洋を横断することを夢として心の片隅に置いた。
しかし、それは全く現実味のない、空想と言っても良いほどのものだった。

<< クルーザーヨットとの出会い >>
22 歳 (1972年)、大学 4年生の秋、ヨット部の現役生活を退いた後の半年間ほど、縁あって 38 フィートのクルーザーヨットにクルーとして乗せてもらっていた。
相模湾でレース主体に活発に活動していたヨットで、自分にとって初めてのクルーザーヨットとの出会いだった。そのヨットで素晴らしい体験をさせてもらい、夢は大きく膨らんだ。
このヨットで教えてもらったことは、今なお自分のヨットと、心の中で生きている。

<< 加山雄三さんの曲、『 海、その愛 』 との出会 >>
大学卒業後、造船会社に就職してサラリーマンになった。
仕事は多忙を極め、経済的にも余裕は無く、夢の実現どころか夢を持ち続けることさえ難しかった。

加山雄三さんの 『 海、その愛 』 に出会ったのはそんな時だった。
加山雄三さんに夢を持つこと、夢を持ち続けることの大切さを教えられた。
『たとえ独りでも星をよみながら、波の上を行こう...』、 『たとえ一度でも、嵐のりこえて遠い国へ行こう...』、これらのフレーズは自分の夢と一致した。

<< 2 回目のクルーザーヨットとの出会い >>
35 歳の時だったと思う、会社の同期入社の友人が中古のクルーザーヨット 「 ヤマハ 25 MkⅡ」 (25 フィート) を購入した。
意外と簡単にクルーザーヨットを持つことができるんだなという印象を持った。手が届かないところにあると思っていたクルーザーヨットが、自分でも持てるかもしれないと思った。

その友人には年に何回か乗せてもらい、伊豆七島をクルージングして、八丈島へも行った。オーナーが岡山県に転勤した時は、千葉から岡山までの長距離航海も経験した。
この時に体験したこと、学んだことの多くは、今回の太平洋横断に生かされている。
これが夢実現の第一歩だった。

<< 尾道海技学院での出会い >>
37 歳の夏、広島県の尾道海技学院で合宿講習を受けて、一級小型船舶操縦士の免許を取得した。
今にして思うと、多忙だったサラリーマン時代に、11泊 12日の合宿講習に良く参加できたと思う。何かに取りつかれたように申し込んだ。
その時の同級生何人かとは、今でもお付き合いさせて頂いている。

<< 自艇との出会い >>
37 歳の冬、横須賀市の会社へ出向になった。
その会社にクルーザーヨットを持っている人がいて、ヨットに乗せてもらった。諸磯の良い環境でヨットに乗れることが羨ましかった。

会社の帰りに、横浜市金沢区の平潟湾の横を通ることがあり、そこにたくさんのクルーザーヨットがブイ係留されているのを見ていた。自分もクルーザーヨットを持ちたいと強く思った。

そんなある日、『 KAZI 』 誌の 「売りたし、買いたし」 欄に、10 年物の中古クルーザーヨット 「 ヤマハ 25 MkⅡ」 (25 フィート) が、まさにその平潟湾の係留権付きで売りに出ていた。
当時はクルーザーヨットを買えたとしても係留場所が無かったので、これだ!と思ってすぐに連絡して見に行き、その場で購入を決めた。
40 歳 (1990年) の時だった。これは、夢実現への大きな前進ではあったが、まだ太平洋横断とは結び付いていなかった。

<< 現在のヨットとの出会い >>
45 歳の時に会社を変わった。
仕事は以前よりも多忙になり、毎日夜の9 時、10 時、時には12 時近くまで仕事をして、土曜日は毎週のように出勤した。それに加えて 2 日 ~ 4 日間の出張が月に 1 ~ 2 回あった。
しかし、面白い会社で、残業手当は出なかったが、食事代と称して手当が出た。出張手当も悪くなかった。これらを貯めた。

47 歳の時、ヨットを一回り大きくしたいと思い、30 フィート前後の中古ヨットを探していた。
そんな時、偶然見た 『 KAZI 』 誌のニュージャパンヨットの広告ページの片隅に、フローティングボートショウ展示艇、「エスプリ・ディユ・バン 」 (30 フィート) を格安で販売しますとの広告を見付けた。
これだと思い、すぐに連絡を取って見に行き、その場で購入を決めた。

48 歳 (1998年) の時に、このヨットは遊漁船に真後ろから激突されて、マストは折れ、船体は大破した。
自分ともう一人の乗員は海に投げ出されたが、九死に一生を得て助かった。
ヨットは全損になり、賠償で新艇になった。
それが現在のヨットであるが、このヨットと太平洋横断はまだ結び付いていなかった。

<< 竹内まりやさんの曲、『 人生の扉 』 との出会い >>
50 歳 (2000年) の夏休みに、仲間と伊豆七島へクルージングに出かけた。
自分は夏大好き人間だった。夏は黙っていても毎年必ず来るので何も感じなかったが、その時ふっと、あと何回夏を健康で迎えることができるのだろうかと思った。
60 歳を超えたら、両手で数えられるほどではないかと思った。そう思ったら、居ても立っても居られなくなり、サラリーマン生活は60 歳で止めようと思った。

しかし、その後も多忙な生活は続き、夢の実現など考えようもなかった。

57 歳の時だったと思う、出張先の宿舎で何気なく見ていたテレビで、NHKの音楽番組 『SONGS 』 が始まり、竹内まりやさんが 『人生の扉 』 をピアノの弾き語りで歌い始めた。
良い曲だなと思って聴いていると、『満開の桜や、色づく山のもみじを、この先いったい何度見ることになるだろう』という歌詞が飛び込んできて、頭をがーんと殴られた気がした。
そう、50 歳の時に感じた 『あと何回、夏を健康で迎えることが出来るのだろう』 という気持ちと一致した。

その時、改めて60 歳で仕事を止めようと決意すると同時に、仕事が多忙であることを良いことに、何もしないで流されている生活が無駄に思えてきた。気力と体力がある内にやりたいことをやらなければならないと強く思った。

その時以来、定年後の経済的生活基盤の確立と、太平洋横断のための資金確保に注力するようになった。

<< 新たな仕事との出会い >>
59 歳 (2009年) の時に、多忙な仕事に終止符を打ち、自分の本当にやりたい仕事をやってサラリーマン生活を終えようと思い転職した。
この仕事は、地方の仕事場に数ヶ月から1年間、単身で赴任、駐在して、デスクワーク 3 割、肉体労働 7 割という仕事だった。体はきつかったが、8 時から 17 時のきっちりした仕事で、自由時間をたっぷり取ることができた。
飲酒量は大幅に減り、健康状態は飛躍的に改善した。

この時になっても太平洋横断のことは、まだ手つかずで、どこから手を付けたら良いかすら分からなかった。
しかし、定年退職後はヨットで日本を回ることを考えていた。
そのためにはヨットの改造が必要だったので、頭の中であ~しよう、こうしようと考えていたが、どこへ改造を頼んだら良いか全く分からず、見当も付かなかった。

<< ヨットビルダーとの出会い >>
61 歳 (2011年) の夏 (57 歳の時の決断に反してまだ仕事をしていた )、ヨットの天井灯の電球が切れた。
この機会に電球を LED に変えようと思い、10 年以上ご無沙汰していたニュージャパンヨットに連絡したところ、ヨットを購入した時に営業を担当していた S さんがご健在で、親切に対応してくれた。

その時、ヨットの改造について相談してみようと思った。
早速改造仕様書を作って、ニュージャパンヨットに見積もりを依頼した。
ニュージャパンヨットと数回の打ち合わせを行った後、ニュージャパンヨットへ改造をお願いすることにした。

ニュージャパンヨットは、静岡県の御前崎の近くの内陸に工場があるため、ヨットを陸揚げした後、工場まで陸送する必要があった。その分費用が余分に掛るが、ヨットの改造を、そのヨットを造った造船所で行うことが何よりも良いことは素人でも分かった。

2011年 12月、ヨットを横浜から清水港まで回航して、ニュージャパンヨットの工場へ搬入した。

<< 余談、世の中は本当に狭いということを感じた出会い >>
61 歳 (2011年) の12月末、会社を定年退職した。
出勤最終日に、皆さんの前で挨拶をして、退職後はヨットで日本を回りたいと話したところ、少しして同僚の女性がやってきて、「父がヨットで日本を回りました」 と話してくれたので驚いた。
ヨットで日本の隅々まで回り、ホームページで詳細な泊地情報を紹介してくれている、有名なヨット乗りの方のお嬢様だった。

<< 太平洋を単独横断したヨットマンと、無線のプロとの出会い >>
62 歳 (2012年) の3月、ヨットの改造、整備が終わり、清水港の富士山羽衣マリーナで進水した。
富士山羽衣マリーナで準備をして、3月 26日に日本周航へ向けて出航した。
初日は御前崎マリーナを目指したが、出港後南西の風が強くなってきたため、初日でもあり無理をせずに焼津港の近くの用宗フィッシャリーナに入ることにした。

フィッシャリーナに入ると、桟橋でもやいを取ってくれた人がいた。
その人は、ヨット 『 風韻 』 のオーナーで、太平洋を単独で渡ったことのある K さんだった。
自分も近い将来太平洋を渡りたいと話したところ、自分のヨットを見せてくれて、いろいろ教えてくれた。
後日、K さんに太平洋横断について 1~10 まで教えて頂いた。

この時、K さんに友人のヨット乗りの無線のプロを紹介して頂いた。
かつてマグロ船の通信長をしていた F さんで、ヨット 『福丸 』 のオーナーだった。

太平洋を渡るのに、何から始めたら良いか全く分からないでいた時に、太平洋単独横断の経験者に巡り会い、ヨットを見せてもらい、いろいろ教えてもらった。
無線の知識が全く無くて困っていたところに、無線のプロとも巡り会うことが出来た。
このことは、夢の実現に向けて大きな一歩になった。

この出航初日、良い風が吹いて、御前崎マリーナにすんなり到着していたら、このお二方に巡り会うことは無く、太平洋横断の夢はどうなっていたか分からない。

<< 日本周航中の出会い >>
62 歳~64 歳までの 3 年間、ヨットで日本を周った。
その間たくさんの方々にお会いして、助けて頂き、教えて頂いた。

太平洋を横断した人にも何人かお会いして、貴重な助言を頂いたり協力して頂いた。
世界を何周も回った人にもお会いした。

<< 夢の実現へ導いてくれた数多くの偶然の出会い >>
夢は、常に忘れることなく、強く思い続けていれば必ず実現するということは昔から言われていた。
しかし、それだけで夢が実現するとは思えなかった。

今、夢が実現して、その道のりを振り返ってみると、数多くの偶然の出会いがあった。
人との出会い、クルーザーヨットとの出会い、仕事との出会い、雑誌の広告との出会い、音楽との出会い、ヨットビルダーとの出会いなど偶然の出逢いが、節目ふしめで夢の実現へ向けて、背中を押してくれたり、自分を引っ張って行ってくれた。

これは、心の片隅ではあっても夢を忘れることなく持ち続けていたことにより、何でもない出会いが貴重な出会いになって、夢の実現へ向けて導いて行ってくれたのだと思っている。

別の見方をすると、何か目に見えない力が、これら貴重な出会いへと導いて行ってくれたのではないかとも思っている。

<< 夢の実現 >>
65 歳の初夏、2015 年 5月 21日早朝、静岡県清水港の富士山羽衣マリーナからサンフランシスコへ向けて出航した。
未明の雷雨がうそのように晴れた。その時の身震いするような緊張感を今でも覚えている。
富士山が楽しんでこいよと見送ってくれた。

同年 7月 13日 午前 7時 30分、ゴールデンゲートブリッジをくぐった。

夢実現の瞬間だった。
長かったなと思った。

それは、夢を抱いてから半世紀余りの時間と、清水港を出てから 55 日目という日数と、両方の想いだった。


=======================================


長い間のご愛読有難うございました。
いつか、どこかでお会いできますことを楽しみにしております。

IMG_20150719SFGGB.jpg


2016 年 11月 20日
ヨット 「TSUYOTAKA」
古賀 道明


追伸 ;
このブログは、FC2 ブログが許してくれる限りこのままにしておきます。
ブログへのコメントは常時ワッチしていますので、ご質問などありましたら、メールアドレスをご記入の上コメントをお寄せ下さい。

2012年、2013年、2014年の日本周航時の航海記録(寄港地情報)も、古くなって、現在の状況に合わなくなっている部分も多いと思いますが、エクセルファイルにまとめてありますので、ご希望される場合はメールアドレスをご記入の上コメントをお寄せ下さい。






スポンサーサイト
未分類 | コメント:(16) | トラックバック:(0)

太平洋横断往復航海の準備と実際 (その12)

2016-11-18
2016年11月18日(金) 10時45分 記

太平洋横断往復航海の準備と実際 (その12)

  目 次

  1. ヨットの紹介 (2016年10月 5日のブログ参照)
  2. 船体の準備 (2016年10月10日のブログ参照)
  3. 電源設備  (2016年10月11日のブログ参照)
  4. 航海計器  (          〃          )
  5. 無線設備  (          〃          )
  6. 法定備品  (          〃          )
  7. その他の準備 (2016年10月13日のブログ参照)
  8. 装備の二重化 (         〃           )
  9. 復原性の悪化 (2016年10月25日のブログ参照)
 10. 荒天時の対策 (         〃           )
 11. 免許、資格等の準備 (2016年10月26日のブログ参照)
 12. チャート         (         〃           )
 13. 気象情報の入手   (         〃           )
 14. 船内の生活            (2016年10月27日のブログ参照)
 15. 食糧、清水、燃料、医薬品    (         〃           )
 16. 出航日、帰国予定時期の決定 (         〃           )
 17. 航海コース             (         〃           )
 18. 航海中のサポート等            (2016年10月29日のブログ参照)
 19. 出港手続き、入港手続き         (          〃          )        
 20. サンフランシスコ、ハワイでのサポート (          〃          )
 21. 航海中のトラブル (2016年10月31日のブログ参照)
 22. 航海の総括    (          〃          )
 23. 航海中の写真集
  1) 清水 ~ サンフランシスコ間  (2016年11月2日のブログ参照)
  2) サンフランシスコ ~ ハワイ間 (2016年11月9日のブログ参照)

= 本日紹介分の目次 =

 23. 航海中の写真集
  3) ハワイ ~ 清水間

1 IMG_3942

2 IMG_3943

3 IMG_3944

4 IMG_3945

5 DSCN1319

6 DSCN1321

7 aDSCN1323

8 DSCN1324

9 IMG_3949

10 IMG_3951

11 IMG_3954

12 IMG_3956

     13 DSC_2035 0403-18

14 IMG_3957

15 DSC_2037 0405-12

16 DSC_2047 0406-12

17 DSC_2062

18 DSC_2081 0407-12

19 DSC_2082

20 DSC_2113

21 DSC_2121 0408-12

22 DSC_2123 0408-16

23 DSC_2136

24 0409

25 DSC_2140

26 DSC_2146 0409-18

27 DSC_2162 0410-06

28 DSC_2168 0410-06

29 DSC_2169 0410-12

30 DSC_2175 0410-18

31 DSC_2181 0411-05

32 DSC_2197 0411-12

33 DSC_2201 0411-12

34 DSC_2210 0411-18

35 DSC_2220 0411-18

36 DSC_2227

37 DSC_2247 0412-12

38 DSC_2272 0412-18

39 DSC_2311 0413-06

40 DSC_2341 0413-12

41 DSC_2346 0413-18

42 DSC_2356 0414-05

43 DSC_2364 0414-05

44 DSC_2381 0414-12

45 DSC_2390 0414-18

46 DSC_2403 0415-01

47 DSC_2425 0416-06

48 DSC_2435 0416-15

49 DSC_2449 0416-18

50 0417

51 DSC_2464 0417-06

52 DSC_2476 0417-12

53 DSC_2494 0417-18

54 DSC_2531 0418-06

55 IMG_3963 0418

56 DSC_2563 0418-18

57 DSC_2581 0419-05

58 DSC_2611 0419-12

59 DSC_2621 0419-18

60 DSC_2663 0420-06

61 DSC_2667 0420-12

62 DSC_2689 0420-18

63 DSC_2704 0420-18

64 DSC_2726 0421-06

65 DSC_2727 0421-12

66 DSC_2737

67 DSC_2732 0421-15

68 DSC_2743 0421-18

69 DSC_2762 0422-06

70 DSC_2801 0422-12

71 DSC_2829 0422-18

72 DSC_2862 0422-18

この直後、グリーンフラッシュが見えた(ような気がした)。
錯覚かもしれないが、太陽が沈み切る時に、一瞬緑色の閃光を発したように思えた。

何ぶん、初めてのことなので、グリーンフラッシュがどのように見えるか分からず、確信が持てなかった。


73 DSC_2863

74 DSC_2893 0423-06

75 DSC_2969 0423-12

76 DSC_2991 0423-18

77 DSC_2995 0423-18

この日は、太陽は雲の無い水平線に沈んだが、グリーンフラッシュは見えなかった。
グリーンフラッシュの気配も無かった。

うねりがあったので、太陽が沈み切る瞬間が見えなかった。
前日のグリーンフラッシュは、やはり錯覚だったのかと思った。


78 DSC_3008

79 DSC_3024 0424-06

80 DSC_3042 0424-12

81 IMG_3964 0424-15

82 DSC_3051 0424-18

この日、グリーンフラッシュをはっきり見た。
グリーンフラッシュウオッチングもこの日で3回目なので、落ち着いて双眼鏡を太陽の横に向けて、沈み行く太陽を直接見ないようにして、横目でちらっ、ちらっと見ていた。

すると、太陽が沈み切る直前の1/6 ほどの残りの部分全体が、一瞬緑色になった。
1秒間も無い、ほんの一瞬だったが、はっきり見た。
感動した。


83 0425

84 DSC_3083 0425-06

85 DSC_3116 0425-18

86 DSC_3129 0425-18

この日もグリーンフラッシュをはっきり見た。
この時は、太陽が沈み切る時にめらめらと緑色の光を発した。

グリーンフラッシュは、いろいろな見え方があるようだ。
・太陽が沈み切る時に、緑色の閃光を発する。
・太陽が残り1/6 ほどになった時に、全体が緑色になる。
・太陽が沈み切る時に、めらめらと緑色の光を発する。

他にも見え方があるかもしれないが、3種類見ることが出来たことは無上の幸せだった。


87 DSC_3153 0426-06

88 DSC_3179 0426-12

89 DSC_3187 0426-18

この日もグリーンフラッシュをはっきり見た。
この時は、太陽が沈み切る前から、残りの部分が緑色になり、最後は緑色の点になって消えて行った。

グリーンフラッシュを、はっきり見たと確信を持てた時が3回あった。
本当に幸せなひと時だった。


90 DSC_3202 0427-06

91 DSC_3223 0427-12

92 DSC_3234 0427-18

昨日まで高気圧の真っただ中に居たので、毎日雲一つ無い快晴だったが、この日からは高気圧から外れて来たので、快晴でも水平線に雲があってグリーンフラッシュを見ることはもう無かった。


93 DSC_3335 0428-06

94 DSC_3345 0428-12

95 DSC_3356 0428-18

96 DSC_3372 0429-06

97 DSC_3382 0429-06

98 DSC_3406 0429-06

99 DSC_3415 0429-12

100 DSC_3416 0429-18

101 DSC_3440 0430-06

グリーンフラッシュは、原理的には朝日でも見ることが出来るらしい。
しかし、朝日でグリーンフラッシュを見ることは難しい。
何故なら、太陽が水平線のどこから顔を出すか、0. 1 秒ほどの一瞬をピンポイントで特定出来ないから。


102 DSC_3478

103 DSC_3481 0430-18

104 DSC_3520 0501

105 DSC_3522 0501-06

106 DSC_3540

107 DSC_3548 0502-06

108 DSC_3555 0502-12

109 DSC_3599 0502-18

110 DSC_3628 0502-23

111 DSC_3640 0503-01

112 DSC_3654 0503-06

113 DSC_3669 0503-12

114 DSC_3689 0503-18

115 DSC_3725

116 DSC_3731 0504-06

117 DSC_3744 0504-12

118 DSC_3750 0504-18

119 DSC_3756 0505-06

120 DSC_3766 0505-13

121 DSC_3790 0505-13

122 DSC_3840 0505-18

123 DSC_3877 0506-06

124 DSC_3902 0506-06

125 DSC_3914 0506-06

126 DSC_3936 0506-06

127 DSC_3974 0506-11

128 DSC_3995 0506-18

129 DSC_4008 0507-06

130 DSC_4014 0507-06

131 DSC_4020 0507-12

132 DSC_4033 0507-18

133 0508-06

134 DSC_4057 0508-12

135 DSC_4092 0508-18

136 0509

137 DSC_4174 0509-10

138 DSC_4208 0510-04

139 DSC_4218 0510-05

140 DSC_4240 0510-05

141 DSC_4269 0510

142 DSC_4228

143 DSC_4266

144 DSC_4279

145 DSC_4280

146 DSC_4296

147 IMG_3968

148 DSC_4301

149 DSC_4302

150 DSC_4303

151 DSC_4304

152 DSC_4306

153 ハワイ~清水

     154 IMG_3896




未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

太平洋横断往復航海の準備と実際 (その11)

2016-11-09
2016年11月9日(水) 12時 記

太平洋横断往復航海の準備と実際 (その11)

  目 次

  1. ヨットの紹介 (2016年10月 5日のブログ参照)
  2. 船体の準備 (2016年10月10日のブログ参照)
  3. 電源設備  (2016年10月11日のブログ参照)
  4. 航海計器  (          〃          )
  5. 無線設備  (          〃          )
  6. 法定備品  (          〃          )
  7. その他の準備 (2016年10月13日のブログ参照)
  8. 装備の二重化 (         〃           )
  9. 復原性の悪化 (2016年10月25日のブログ参照)
 10. 荒天時の対策 (         〃           )
 11. 免許、資格等の準備 (2016年10月26日のブログ参照)
 12. チャート         (         〃           )
 13. 気象情報の入手   (         〃           )
 14. 船内の生活            (2016年10月27日のブログ参照)
 15. 食糧、清水、燃料、医薬品    (         〃           )
 16. 出航日、帰国予定時期の決定 (         〃           )
 17. 航海コース             (         〃           )
 18. 航海中のサポート等            (2016年10月29日のブログ参照)
 19. 出港手続き、入港手続き         (          〃          )        
 20. サンフランシスコ、ハワイでのサポート (          〃          )
 21. 航海中のトラブル (2016年10月31日のブログ参照)
 22. 航海の総括    (          〃          )
 23. 航海中の写真集
  1) 清水 ~ サンフランシスコ間 (2016年11月2日のブログ参照)

= 本日紹介分の目次 =

 23. 航海中の写真集
  2) サンフランシスコ ~ ハワイ間

============

 23. 航海中の写真集
  3) ハワイ ~ 清水間

---------------------------------------------------

23. 航海中の写真集
2) サンフランシスコ ~ ハワイ間

1. IMG_2374

2. IMG_2377

3. IMG_2378

4. IMG_2381

5. MG_2382

6. IMG_2383

7. IMG_2384

8. IMG_2385

9. IMG_2390

10. IMG_2393

11. IMG_2400

12. IMG_2401

13. IMG_2402

14. IMG_2403

15. IMG_2404

16. IMG_2405

17. IMG_2406

18. IMG_2411

19. DSC_1002

20. IMG_2412

21. DSC_1013

22. DSC_1016

23. DSC_1018

24. DSC_1020

25. DSC_1035

26. DSC_1041

27. DSC_1051

28. DSC_1056

29. DSC_1091

30. DSC_1101

31. DSC_1242

32. DSC_1279

33. DSC_1286

34. DSC_1324

35. DSC_1344

36. DSC_1379

37. DSC_1388

38. DSC_1391

39. DSC_1356

40. IMG_2719

41. DSC_1393

42. DSC_1403

43. DSC_1410

44. DSC_1420

45. DSC_1422

46. DSC_1433

47. DSC_1443

48. IMG_2714

49. DSC_1445

50. DSC_1447

51. DSC_1450

52. DSC_1457

53. DSC_1461

54. IMG_2715

55. DSC_1466

56. DSC_1475

57. DSC_1479

58. IMG_2716

59. DSC_1486

60. DSC_1498

61. DSC_1518

62. DSC_1536

63. DSC_1538

64. DSC_1545

65. DSC_1550

66. DSC_1556

67. DSC_1593

68. DSC_1642

69. DSC_1647

70. DSC_1658

71. IMG_2718

72. DSC_1674

73. DSC_1686

74. DSC_1687

75. DSC_1688

176. DSC_1731

77. DSC_1747

78. DSC_1753

79. DSC_1779

80. DSC_1786

81. DSC_1798

82. DSC_1803

83. DSC_1838

84. DSC_1842

85. 2015.9.4.16.30

86. DSC_1848

87. DSC_1872

88. DSC_1881

89. DSC_1885

90. DSC_1891

91. DSC_1907

92. DSC_1919

93. DSC_1922

94. DSC_1931

95. DSC_1944

96. DSC_1945

97. DSC_1946

98. DSC_1950

99. DSC_1956

100. DSC_1960

101. DSC_1962

102. DSC_1967

103. DSC_1968

104. DSC_1970

105. DSC_1971

106. DSC_1972

107. DSC_1973

108. DSC_1974

109. DSC_1975

110. DSC_1976

111. DSC_1977

112. DSC_1978

113. DSC_1984

114. DSC_1985

115. DSC_1987

116. DSC_1989

117. DSC_1996

118. DSC_1994

119. DSC_1998

120. DSC_1999

121. DSC_2000

122. DSC_2001

123. DSC_2002

124. DSC_2003

125. DSC_2004

126. SF-Hawaii

127. DSC_2005

128. DSC_2006

129. DSC_2007

130. DSC_2009

131. DSC_2010

132. DSC_2011

133. DSC_2013

134. DSC_2014

135. DSC_2015

136. DSC_2018





未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)

太平洋横断往復航海の準備と実際 (その10)

2016-11-02
2016年11月2日(水) 22時 記

太平洋横断往復航海の準備と実際 (その10)

  目 次

  1. ヨットの紹介 (2016年10月 5日のブログ参照)
  2. 船体の準備 (2016年10月10日のブログ参照)
  3. 電源設備  (2016年10月11日のブログ参照)
  4. 航海計器  (          〃          )
  5. 無線設備  (          〃          )
  6. 法定備品  (          〃          )
  7. その他の準備 (2016年10月13日のブログ参照)
  8. 装備の二重化 (         〃           )
  9. 復原性の悪化 (2016年10月25日のブログ参照)
 10. 荒天時の対策 (         〃           )
 11. 免許、資格等の準備 (2016年10月26日のブログ参照)
 12. チャート         (         〃           )
 13. 気象情報の入手   (         〃           )
 14. 船内の生活            (2016年10月27日のブログ参照)
 15. 食糧、清水、燃料、医薬品    (         〃           )
 16. 出航日、帰国予定時期の決定 (         〃           )
 17. 航海コース             (         〃           )
 18. 航海中のサポート等            (2016年10月29日のブログ参照)
 19. 出港手続き、入港手続き         (          〃          )        
 20. サンフランシスコ、ハワイでのサポート (          〃          )
 21. 航海中のトラブル (2016年10月31日のブログ参照)
 22. 航海の総括    (          〃          )

= 本日紹介分の目次 =

 23. 航海中の写真集
  1) 清水 ~ サンフランシスコ間

============

 23. 航海中の写真集
  2) サンフランシスコ ~ ハワイ間
  3) ハワイ ~ 清水間

---------------------------------------------------

23. 航海中の写真集
1) 清水 ~ サンフランシスコ間

生まれて初めて船尾に日章旗を掲揚。身の引き締まる思いだった。
1. IMG_2064-0520

富士山が楽しんでこいよと見送ってくれた。
2. IMG_2067-0521

3. IMG_2068

4. IMG_2069

5. IMG_2071

6. IMG_2073

7. IMG_2076

8. IMG_2077

9. IMG_2085

10. IMG_2100-0522

11. IMG_2102

12. IMG_2110

13. 078-0527

14. 083

15. 090-0528

16. 104-0530

18. 131

17. 129-0531

19. 134-0602

20. 144

21. 148

22. 157-0607

23. 166-0608

24. 189-0611

25. 196-0612

26. 219-0613

27. 220

28. 242

29. 271-0615

30. 286-0617

31. 302

32. 323-0618

33. 467-0619

34. 475

35. 493

37. 524

36. 517-0620

38. 579-0621

39. 611

40. 649-0622

41. 682-0623

42. 709

43. 711-0624

44. 713

45. 727

46. 733-0625

47. 760-0626

48. 798

49. 799-0627

友人にメールで名前を調べてもらった。
50. 821

51. 827

52. 866

53. 879-0628

54. 880

雑巾を洗う水に使おうと思い、雨水を溜めてみた。
55. 881

56. 903

57. 1024-0629

58. 1028-0629

59. 1033

大型船と遭遇し、衝突コースだったので緊張する。
60. 1065

大型船がコースを変えてくれた。そのことを AIS で知ることが出来た。
61. 1067

62. 1084

63. 1095-0630

64. 1109-0701

65. 1114

66. 1129

67. 1137

68. 1138-0702

69. 1144

70. 1146

71. 1184

72. 1189

73. 1196

74. 1202-0703

キャビン内に居たところ、明らかに波の衝撃とは異なる振動を3度感じた。

コクピットに出てみると、スイーッ、スイーッっという音が聞こえた。
鳥が来たかと思って周りを見ると、右舷 100 m ほどのところを黒い大型生物が 2 頭並んで泳いでいた。最初は、イルカかと思ったが、色が黒いので何だろうかと思っていると、真黒い大型生物が右舷に体を摺り寄せてきた。

驚くとともに、足のすくむ様な恐怖感を覚えた。
長さは、自艇(9 m)より大きいかと思った。目の前の真黒な背中に潮吹き穴があったが、そのすぐ後ろにひょろりと長い背びれがあったので、クジラでは無いと思った。
もしかすると、まだ見たことはないが、これはシャチかもしれないと思った。

慌ててエンジンを掛けたところ離れていってくれた。助かったと思った。
しばらくの間は、恐怖心を拭い去ることが出来ずに海を見つめていた。

留守宅にメールで見た感じを伝えると、インターネットで調べてくれて、シャチであることが分かった。体長は大きいもので 8 m ほどとのことだったが、恐怖感からか自艇よりも大きく感じた。


75. 1234-0704

76. 1242

77. 1244-0705

78. 1276-0707

79. 1287

80. 1302

81. 1325-0709

82. 1328-0710

83. 1345-0711

84. 1359

85. 1362

86. 1372

87. 1380

88. 1383-0712

89. 1386

90. 1394

91. 1399

92. 1402

93. 1418

94. 1442

95. 1446

96. 1450

97. 1456

98. 1459

99. 1487

100. 1513-0713

101. 1514

102. 1519

103. 1526

104. 1528

105. 1540

106. 1556

107. 1565

108. 1569

109. 1570

110. 1571

111. 1572

112. 1573

幸い好天に恵まれ、心配された霧もなく、ゴールデンゲートブリッジがはっきり見えた。
113. 1576

114. 1580

115. 1582

116. 1583

117. 1584

118. 1585

119. 1587

120. 1588

121. 1589

122. 1592

123. 1593

124. 1596

125. 1597

夢実現の瞬間だった。
長かったなと思った。それは、夢を抱いてから半世紀あまりの時間と、清水港を出てから55日目という日数と、両方の想いだった。

126. 清水-SF

127. 1598

128. 1599

129. 1603

130. 1604

131. 1605

サンフランシスコには、ゴールデンゲートブリッジを望むことができるウエブカメラが設置されていて、インターネットで見ることが出来たようで、友人がその画像を送ってくれた。
133.jpg

134.jpg

135.jpg

136.jpg

137.jpg

138.jpg

139.jpg

サンフランシスコ市街 ~ ゴールデンゲートブリッジ間の景色。
132. 1606

140. 1607

141. 1609

142. 1610

143. 1611

144. 1612

145. 1613

146. 1615

147. 1616

148. 1617

149. 1618

150. 1619

151. 1620

152.jpg

153.jpg

Silicon Valley Sailing Club CEO の南さん(左)と、呉地さんと。
153a. IMG_8600

南さんと呉地さんが、税関事務所と連絡を取ってくれて入港手続きをサポートしてくれた。そして、ジャックロンドンスクエアで出迎えてくれたので、本当に助かった。

154.jpg

航海中は肉が食べられなかったので、肉を食べたかった。そして、久し振りのビールで乾杯。
155.jpg

156. IMG_2183

157. IMG_2184

158. IMG_2187

159. IMG_2188

160. IMG_2189

161. IMG_2191


Silicon Valley Sailing Club の皆さんと、ご友人の皆さんには滞在中大変お世話になりました。
心から感謝しています。有難うございました。


未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

太平洋横断往復航海の準備と実際 (その9)

2016-10-31
2016年10月31日(月) 15時30分 記

太平洋横断往復航海の準備と実際 (その9)

  目 次

  1. ヨットの紹介 (2016年10月 5日のブログ参照)
  2. 船体の準備 (2016年10月10日のブログ参照)
  3. 電源設備  (2016年10月11日のブログ参照)
  4. 航海計器  (          〃          )
  5. 無線設備  (          〃          )
  6. 法定備品  (          〃          )
  7. その他の準備 (2016年10月13日のブログ参照)
  8. 装備の二重化 (         〃           )
  9. 復原性の悪化 (2016年10月25日のブログ参照)
 10. 荒天時の対策 (         〃           )
 11. 免許、資格等の準備 (2016年10月26日のブログ参照)
 12. チャート         (         〃           )
 13. 気象情報の入手   (         〃           )
 14. 船内の生活            (2016年10月27日のブログ参照)
 15. 食糧、清水、燃料、医薬品    (         〃           )
 16. 出航日、帰国予定時期の決定 (         〃           )
 17. 航海コース             (         〃           )
 18. 航海中のサポート等            (2016年10月29日のブログ参照)
 19. 出港手続き、入港手続き         (          〃          )        
 20. サンフランシスコ、ハワイでのサポート (          〃          )

= 本日紹介分の目次 =

 21. 航海中のトラブル
 22. 航海の総括

============

 23. 航海中の写真集


21. 航海中のトラブル
1) 清水 ~ サンフランシスコ間

(1) オートパイロット 2 台作動不良。電気系統のトラブル。

(2) 清水タンク漏えい
ステンレスタンクの溶接部が腐食して割れた。清水 50 リッターを失ったが、シャワーの回数が減っただけで問題無かった。

この写真は、2014 年の国内トレーニング航海時に漏れた時のもの。
水タンク水漏れ2

水タンク水漏れ4

2015 年にサンフランシスコへ向けて出航した後、今度はタンクの天板の溶接部から漏えいした。

(3) 右舷スプレッダーライト点灯せず
電球切れ。

(4) ウインドベーンのティラーコントロールロープがシーブのツバで擦れて損傷

赤ロープは完全に損傷。緑ロープは、毛羽立っていて、損傷寸前の状態だった。
IMG_2265_20161031150451600.jpg

このシーブのツバで擦れて損傷した。
IMG_2266_20161031150450e5e.jpg

ロープの損傷は予想していたので、擦れに強い 8 mm のスペクトラロープを使ったが、シーブが 6 mm ロープ用だったようだ。

SF到着後、メーカー支給の 6 mm のダイニーマロープに交換。
IMG_2355_201611021947159af.jpg

(5) エンジンルーム内に海水漏れ
後に、コクピットロッカーの蓋の隙間から入った海水がエンジンルームへ回ってきたことが分かった。

(6) メインハリヤードがマストトップシーブの出口で擦れて軽くではあるが損傷していた。
SF到着後、メインハリヤードの天地を逆転した。

(7) メインセールの、追手で No. 2 スプレッダーに当たる部分がこすれて黒く変色した。
もともとパッチを当ててあり、実際にはダメージは無かったのだが、ハワイへ向かう時に追手が何日も続くと損傷する可能性があるので、SF到着後補修テープで補強した。


2) サンフランシスコ ~ ハワイ間

(1) ブームがロワーアフトシュラウドに接触してブームが擦れて削られた。
ほとんど毎日追手で走ったので、ついついメインセールを出し過ぎて、ブームがロワーアフトシュラウドに常に当たっていた。


3) ハワイ ~ 清水間

(1) バウハッチ、キャビンハッチの水漏れ
サンフランシスコへ向かう時から少し漏れていたが、徐々に漏れが激しくなった。

(2) ジブシート損傷
追手で走っている時に、反対舷のジブシートが遊んで、インナーステーの取付け金物に擦れて損傷した。

(3) エンジンストップボタン(ワイヤー式)固着
コクピットにあるエンジンパネルに、波が頻繁にかかって、パネルカバーの隙間から海水が入り、ワイヤーが錆びた。

(4) エンジンアワーメーター動かず
エンジンパネル裏面で、アワーメーターの電線が外れた。

(5) マストのミドルシュラウド切断
左舷 No. 2 (下部) スプレッダーの先端部で切断した。
気が付いたのは、帰国してマリーナに係留完了した直後。

IMG_4008_20161031150450bc7.jpg

IMG_4010_201610311504492ef.jpg

右舷も同じ場所で素線が 1 本切れていた。
IMG_4012_2016103115044917c.jpg

原因不明。スプレッダー先端のプラスチックピースを改良型に交換。

(6) ブームリフト (トッピングリフト) 損傷
マストトップのシーブのところで損傷した。
IMG_4013_20161031150449883.jpg

ブームリフトは、リーフ時メインハリヤードを緩めた時にブームが落ちないよう、常に取付けて緩めにしていたため、常にふらふら動いて擦れたと思われる。

(7) コクピットロッカーに海水大量浸入
蓋のパッキンの当たりが弱っていて、じゃーじゃー漏れだった。漏れた海水がエンジンルームに回った。


22. 航海の総括
1) 清水 ~ サンフランシスコ間
(1) 航海期間
   出航日時      : 2015 年 5 月 21 日(木) 5 時 53 分 (日本時間)
                (清水港防波堤港口通過日時)
   日付変更線通過 : 2015 年 6 月 13 日(土 ) 20 時 20 分 (日本時間)
   到着日時      : 2015 年 7 月 13 日(月) 7 時 30 分 (SF 時間)
                (日本時間 : 同日 23 時 30 分)
                (ゴールデンゲートブリッジ通過日時)

(2) 航海データ
   総航海距離  : 5, 282 Nm (清水港防波堤 ~ ゴールデンゲートブリッジ間)
   総航海日数  : 53 日 17 時間 37 分
   総航海時間  : 1, 289. 6 時間
   平均 Day Run : 98. 3 Nm
   最大 Day Run : 142 Nm (船内時間 6 月  4 日)
   最低 Day Run :  46 Nm (船内時間 6 月 28 日)
   平均スピード  : 4. 10 ノット

(3) 清水消費量 (総消費量 / 一日当たりの消費量)
   飲料水 : 35 L / 0. 65 L (純粋な飲み水で、常に冷蔵庫で冷やしていた)
   調理水 : 38 L / 0. 71 L (コーヒー、カップ麺、洗髪、シャワー等)
   雑用水 : 65 L / 1. 21 L (洗面、手洗い、海水で洗った食器のすすぎ等)

(4) エンジンデータ
   総エンジン運転時間     : 90. 7 時間
                       (清水港防波堤 ~ ゴールデンゲートブリッジ間)
   燃料消費量           : 75 L
   1時間当たりの燃料消費量 : 0. 827 L / 時間 (平均回転数 : 1, 800 rpm)  

(5) 荒天遭遇日 (自分が荒天と感じた日) : 11 日間
    5 月 24 日、25 日、26 日、29 日、30 日、31 日
    6 月 13 日、14 日、22 日、23 日
    7 月 5 日

(6)弱風日 (風速 4 m/s 未満が半日以上継続) : 12 日間
   6 月 1 日、6 日、15 日、17 日、26 日、27 日、28 日
   7 月 8 日、9 日、10 日、11 日、12 日

2) サンフランシスコ ~ ハワイ間
(1) 航海期間
   出航日時    : 2015 年 8 月14 日 (金) 13 時 53 分 (SF 時間)
               (ゴールデンゲートブリッジ通過日時)
   漂泊開始日時 : 2015 年 8 月 27 日 (木) 12 時 00 分
   漂泊終了時間 : 2015 年 9 月 1 日 (火) 6 時 00 分
   到着日時    : 2015 年 9 月 6日 (日) 11 時 10 分 (ハワイ時間)
               (SF 時間 : 同日 14 時 10 分)
               (アラワイチャネル入口手前でセールダウンした日時)  

(2) 航海データ
   総航海距離             : 2, 258 Nm
      (ゴールデンゲートブリッジ ~ アラワイチャネル入口手前のセールダウン地点間)
   総航海日数            : 23 日 00 時間 17 分
   総航海時間            : 552. 3 時間
     漂泊日数            : 4日18 時間
     漂泊時間            : 114. 0 時間
     漂泊中漂流距離        : 128 Nm
   実航海日数 (漂泊日数を除く) : 18 日 6 時間 17 分
   実航海時間 (漂泊時間を除く) :  438. 3 時間
   実航海距離 (漂流距離を除く) : 2, 130 Nm
   平均 Day Run (漂泊中を除く) : 116. 6 Nm
   最大 Day Run           : 145 Nm (船内時間 9 月 2 日)
   最低 Day Run (漂泊中を除く) : 63 Nm (船内時間 8 月 27日)
   平均スピード (漂泊中を除く)  : 4. 86 ノット
   平均漂流スピード        : 1. 12 ノット

(3) 清水消費量(総消費量 / 一日当たりの消費量)
   飲料水 : 15 L / 0. 65 L (純粋な飲み水で、常に冷蔵庫で冷やしていた)
   調理水 : 16 L / 0. 70 L (コーヒー、カップ麺、洗髪、シャワー)
   雑用水 : 65 L / 2. 82 L (洗面、手洗い、海水で洗った食器のすすぎ等)

(4) エンジンデータ
   総エンジン運転時間 : 34. 6 時間
                   (グランドマリーナ ~ アラワイボートハーバー)
   燃料消費量      :  未計測
 
(5) 荒天遭遇日 : 6 日間
   8 月 14 日、15 日、16 日、17 日
   9 月  1 日、 2 日

(6) 弱風日 (風速 4 m/s 未満が半日以上継続) : 3 日間
   8 月 26 日、27 日
   9 月 6 日

3) ハワイ ~ 清水間
(1) 航海期間
   出航日時      : 2016 年 4 月 3 日 (日) 12 時 00 分 (ハワイ時間)
                (アラワイチャンネルを出て、セーリングを開始した日時)
   日付変更線通過 : 2016 年 4 月15 日 (土) 01 時 03 分 (ハワイ時間)
   到着日時      : 2016 年 5 月10 日 (火) 11 時 54 分 (日本時間)
                (ハワイ時間 : 5 月 9 日 (月) 16 時 54分)
                (清水港防波堤港口を通過した日時)

(2) 航海データ
   総航海距離   : 3, 859 Nm (アラワイチャンネル出口 ~ 清水港防波堤港口間)
   総航海日数   : 36日 4 時間 54分
   総航海時間   : 868. 9 時間
   平均Day Run  : 106. 6 Nm
   最大 Day Run : 148 Nm (船内時間 5 月 3 日)
   最小 Day Run :  52 Nm (船内時間 4 月 25 日)
   平均スピード  : 4. 44ノット

(3) 清水消費量 (総消費量 / 1日当たりの消費量)
   飲料水 : 30 L / 0.83 L (純粋な飲み水で、常に冷蔵庫で冷やしていた)
   調理水 : 22 L / 0. 61 L (コーヒー、カップ麺、洗髪、シャワー等)
   雑用水 : 98 L / 2. 71 L (洗面、手洗い、海水で洗った食器のすすぎ等))

(4) エンジンデータ
   総エンジン運転時間     : 106. 8 時間
                       ( アラワイボートハーバー ~ 富士山羽衣マリーナ)
   燃料消費量 (推定)      : 118 L
   1時間当たりの燃料消費量 : 1. 10 L/hr

(5) 荒天遭遇日 : 4日間
   4 月 5 日 夕刻 ~ 4 月 7 日 午後まで
   4 月 18 日 午後

(6) 弱風日 (風速 4 m/s 未満が半日以上継続) : 9 日間
   4 月 4 日、23 日 ~ 26 日
   5 月 6 日、 8 日 ~ 10 日


== 以上 ==





未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。