03-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>04-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今日は悪天候です

2012-03-31
今日は、昨夜来の南西の風がますます強くなり、朝から雨が降り始めました。
今日も休養です。

明日も北西~西の風が強いとの予報ですので、明日も休養日になるかもしれません。
風が落ちるのをのんびり待つことにします。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

しばらく日和待ちします

2012-03-30
今日は出港せずに、ここ御前崎港マリーナに留まることにしました。
今日の午後から西寄りの風が強くなってくるので、明日も明後日もじっくり風が落ちるのを待つことにしました。

桜をさがして歩き回るも良し、読む本もたくさん積んであるし、レンタルDVDも2本あるので退屈はしません。

ところで、このブログを読んで頂いているある方から、マリーナの様子や料金、温泉の情報等が全く無いではないかとのお叱りを受けました。
確かにその通りでしたので、今までの様子をお知らせします。

1.折戸マリーナ
清水港の一番奥まったところに位置しているため、うねりが入ってくることなど考えられない本当に静かな泊地です。料金は一泊3、000円でした。

スタッフの皆さんは大変親切で、クラブハウスにはレストランこそありませんが、ロビーではコーヒー、紅茶、緑茶が無料で飲めます。洗面所、トイレ、シャワー室は常に清掃が行き届いている上、靴を脱いでスリッパで使用するため清潔感があふれています。セキュリティーカードで24時間利用可能です。

歩いて行ける範囲に、コンビニ、スーパー、レストラン等なんでもあり便利です。
風呂は、バスで10分(200円、往復400円)、下車後徒歩10分のところにある三保園ホテルの日帰り天然温泉入浴が利用できます。入浴料は500円でタオルは付いてません。

2.用宗フィッシャリーナ
焼津市の北に位置する、シラス漁で有名な用宗漁港に隣接しています。

最初に電話でビジターの受け入れについて問い合わせた時、開口一番『大型フェンダーは持ってますか?』と聞かれました。ビジターは浮き桟橋には着けさせてもらえず、貝殻だらけの岸壁に係留しなければならないとのことでしたが、行ってみたら浮き桟橋に係留させてもらえました。

料金は、登録長1mあたり157.5円で、私のヨットの場合 登録長が8.53mなので1、344円となります。ところが、この料金は一日あたりなので一泊二日ですと二日分になり、2、688円になってしまいます。

でも、二泊三日ですと4,032円になり、一泊あたり2,016円になります。

設備は、フィッシャリーナの管理事務所にトイレとシャワールームがありますが、利用時間が8時から夕方5時までのため夜間は利用できません。

風呂は焼津の黒潮温泉が良いようです。用宗の駅まで歩いて20分、JRで焼津まで出て駅からそれほど遠くないようです。料金は500円(タオル無し)で、なかなか快適な温泉です。



>>続きを読む・・・
未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(0)

御前崎港マリーナに入港しました。

2012-03-29
今朝5時40分に用宗フィッシャリーナを出港して、9時30分に御前崎港マリーナに入港しました。

距離は20Nmほどで近かったのですが朝早く出港したのは、朝早い方が風が弱いことが予想されたことと、潮高が高い内に入港したかったからで、予想通り風は終始微風でした。

マリーナ入口の、狭くて浅い入港水路は初めてでしたので緊張しましたが、風も波もなく水深も終始5mほどあり無事通過することができました。

CIMG1922.jpg

CIMG1924.jpg

CIMG1926.jpg

今日も、このマリーナにヨットを係留しているベテランのヨットマンの方から、これから先の泊地についていろいろと貴重な情報を頂きました。
また、少し離れたところにある御前崎グランドホテルまで車で乗せて行って頂き、日帰り入浴して来ました。

明日の午後から天気は下り坂で、この先どうするか悩んでいます。
どうも遠州灘を移動できるのは明日の午前中までのようで、明日の午後から数日間動けないようです。

したがって、明日の午前中に福田漁港まで移動しておいて天候待ちをするか、ここ御前崎で天候待ちをするかの判断になります。

今日は、写真のアップロードに手間取り、ブログの更新が遅れましたことをお詫び致します。
未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)

今日は休養します

2012-03-28
今日は良い天気ですが、風が(~のち)13m吹くとの予報が出ていることと、体中痛いので休養日にします。朝から焼津の黒潮温泉へ行ってきます。

8時半から黒潮温泉へ行き11時に帰ってきて、本当に生き返りました。
用宗フィッシャリーナでは、ここにヨットを置いておられる、太平洋を単独で往復横断されたベテランのヨットマンの方に大変お世話になっています。

黒潮温泉もその方に車で連れて行って頂きました。
ヨットの世界は皆さん優しくて親切なのでいつもお世話になってしまうのですが、お返しのしようがありません。
自分もできる範囲で他の人に親切にすることで輪が出来ていくのではないかと思っています。

今日の天候は、晴れですが富士山はかすんでいて見えません。
12時現在、用宗では西の風が結構強く吹いています。

御前崎では15m吹いているそうですので、出航しなくて正解でした。
明日は風が落ちるようですので、御前崎を目指します。

未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(0)

出戻り

2012-03-27
今日は御前崎マリーナを目指してゆっくり9時30分に用宗フィッシャリーナを出航しました。
距離は20NMほどなので、午後1~2時には到着できる予定でした。

気象庁の海上風警報は解除されていましたが、西の風が強くなるとの予報でした。

出港後暫くの間は南南東の風が4~6mと弱いくらいの風で、波は無く絶好のコンディションでしたが念のため1ポイント入れて機帆走で走りました。しかし行程の半ばほど進んだところで、予報通り風が西に変わり風速も上がり10mを超えてきました。

2ポイントを入れましたが、コンスタントに12~13m吹いていて、またまた波をかぶりながらの上りの機帆走になってしまいました。
スピードは落ちましたが、13時過ぎには御前崎マリーナの1.5マイルほど手間に到着したので、電話でマリーナの方と話し状況を確認したところ、マリーナでも西の風が強く吹いていて、この風は落ちないだろうとのこと。

御前崎マリーナは入港水路が狭く少しでも外れると座礁するということなので、初めての難しい水路を横から強い風を受けながら進むのは危険と判断し、潮も干潮の時間帯に来ていたので、今日は入港を断念して用宗に戻ることにしました。

帰りはクオーターリーで快調にサーフィングしながら走り、16時40分に用宗フィッシャリーナに戻りました。

明日再度トライします。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

出航しました

2012-03-26
今朝8時30分折戸マリーナを出航しました。

気象庁の朝の予報では、東海海域東部(駿河湾)には海上風警報継続中で、西または北西の風が15m吹き、波は3mとのことでしたが、昨日の海上強風警報から一段下がったことと、西~北西の風であれば陸風なので岸寄りに走ればしのげると思い出航しました。

目的地は一応御前崎マリーナ(約30Nm)としましたが、天候次第で用宗フィッシャリーナ(約12Nm)に入っても良いと考えました。

出航当初は穏やかな西風が吹いてましたが、念のため1ポイントリーフ(メインセールの縮帆)を入れて機帆走で走りました。相変わらず富士山がきれいに見えて、出航を祝ってくれているかのようでした。

CIMG1903.jpg

ところが、久能山の東照宮あたりから西の風が強くなってきて10mを超えてきたので、2ポイントリーフを入れてしのいでましたが、風はどんどん強くなり2ポイントでもヒール(船体の横傾斜)がきつくなってきたので、3ポイントを入れて、いつでも清水に引き返せる準備をしました。

多分ブローでは18mを超えていたのではないかと思います。また、陸風の割には波も大きく、もろに波をかぶりながらの機帆走となりました。

清水に引き返すか、このまま行くか迷ったのですが、用宗も見えてきてさらに岸に寄せると徐々に波が治まってきたので、用宗を目指して進むことにしました。
用宗に近づくに従い、風も徐々に落ちてきましたので、13時30分無事用宗フィッシャリーナに入港しました。

CIMG1908.jpg

CIMG1913.jpg

今日の航海を振り返って。
1.気象庁の予報を侮ってはいけない。まして初めての海域では絶対に従うべし。
 ==> 今日は出航すべきではなかった。

2.今日は大きなトラブルは無かったのですが、3ポイントのリーフラインがかなり長いので、リーフ作業中にセールのバタつきでブームエンドでキンクしてしまいラインを引き込むことができなくなってしまいました。かなりきついキンクでほどくのに手間取りました。
 ==> リーフラインのねじれを十分取り除いておくべし。

3.ドジャー(キャビン入口の覆い)は非常に有効。
今日は船首方向から常に波とスプレーをかぶっていたので、もしドジャーが無かったらと思うとぞっとします。ドジャーが無かったら、乗り手が戦意喪失してしまうでしょう。

でも、もしドジャーが無かったら間違いなく清水に引き返していたので、それはそれで良かったのかもしれません。ドジャーの中は全くドライでパソコンのモニター画面も防水カバー無しでOKです。

4.海が荒れたらパソコンの面倒は見られない。
パソコンで海図を表示させ、それをドジャー内にセットしたモニター画面で見ているのですが、GPSの信号が急に受信されなくなったり、画面が急に消えたりと、決して順調ではありませんでした。

結局最後まで順調だったのは、10年以上前に2万円くらいで購入して以来愛用しているマゼラン社のハンディーGPSでした。
また、レイセオン社製のオートパイロットはリモコンが付いたので購入しましたが、これも非常に便利でした。
ドジャーの中でコースをセットできるので助かりました。


という訳で、航海初日は無事終了しました。
ブログの原稿が遅れてしまい、ご心配をお掛けしましたことを深くお詫び致します。

明日は今日ほど風は強くないと思いますが、気象庁の海上風警報は明日も継続とのこと・・・・。

CIMG1916.jpg




未分類 | コメント:(10) | トラックバック:(0)

今日も出航できず

2012-03-25
今日も、天気晴朗なれど風強く、波が高いので出航中止としました。

マリーナでは7~8mほどの風ですが、重いブローが頻繁に来ます。
駿河湾は海上強風警報継続中で、焼津市には強風波浪注意報が出ているので仕方ありません。

三保園ホテルの日帰り温泉入浴へ行ってこようと思います。

未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)

ヨットの改造工事

2012-03-24
今回の改造工事は、TSUYOTAKAの建造造船所であるニュージャパンヨット(株)へお願いしました。
ニュージャパンヨットは静岡県の牧之原市にあり、近くの海岸から5kmほど内陸に入ってますが、ヨットの陸揚げと陸送をともなう修繕工事や改造工事も手慣れたもので全く問題ありませんでした。

ホームポートであった横浜の平潟湾からの回航は、昨年の12月4日(日)に出航して途中伊東のサンライズマリーナと石廊崎を越えたところの中木漁港を経て6日(火)に清水港に到着しました。
この回航には家内が乗船してくれて、オートパイロットが必要ないほど長時間舵を取ってくれました。何もしないと船酔いするのでティラー(舵棒)を持っている方が良いと言って頑張ってくれました。感謝です。

ニュージャパンヨットは、建造造船所なので細部にわたって全てを知り尽くしているので安心して工事を任せることができました。腕の良い職人さんもたくさんいらっしゃるので、丁寧な良い仕事をして頂きました。
営業担当のSさんはベテランのヨットマンでもあるので、改造の漠然としたアイデアを具体化して行く時にいろいろと貴重なアドバイスを頂くことが出来ました。

今回の主な改造項目は3月16日に説明してありますが、その中で最も大工事になったのは電気関係の改造でした。電気関係の主な改造工事は次のとおりです。

1)バッテリーを2基から4基に増設
バッテリーは乗用車用の、型番125を2基装備していましたが、陸電の取れない日が数日続くとキャビンライトを点けるのさえも躊躇するほど消耗してしまいます。それも、容量がどれくらい残っているかが分からないため、1基はエンジン始動用に温存する必要があり極度に慎重な対応をせざるを得ませんでした。長期間の航海になると、オートパイロット、キャビンヒーター、パソコン、冷蔵庫など多くの電装品を連続使用することになるので、バッテリーの増強は必須でした。

問題は設置場所でしたが、チャートテーブルの下を格納スペースにしてうまく収まりました。

CIMG1897.jpg

CIMG1898.jpg

バッテリーは前回と同じ古河電池製のFB9000-125D31Rを4基装備しました。容量は5時間率74Ah(20時間率90Ah)で、1基をエンジン始動専用にして、3基をサービスバッテリー群としました。
そして、サービスバッテリー群にバッテリー残量計を装備して、バッテリーの残量を数値で把握できるようにしました。残量計はドイツのVOTRONIC Electronic-System社製で、バッテリーの残量を20時間率容量と%で表示してくれます。サービスバッテリーは90Ahが3基ですので、270Ahがフル容量となり減っていく様子が数値で把握できます。これで精神的にずいぶん楽になりました。

CIMG1896.jpg


2)ソーラーパネルを設置
船尾にソーラーパネルアーチを設置してソーラーパネル(50W)を2基取付けました。

CIMG1901.jpg

No.1パネルは充電先をエンジン始動用バッテリーとサービスバッテリー群とに切換えスイッチで切換え可能とし、No.2パネルはサービスバッテリー群専用としました。
これによりエンジン用バッテリーがフルであると推定されれば、No.1パネルの充電先をサービス群へ切換えて、ソーラーパネル2基分をサービス群へ充てることができます。

CIMG1899.jpg
右側の赤いものが切り替えスイッチです。

これで天気が良ければサービスバッテリー群へ6~7Ahほど充電されることになり、航海中パソコンも、オートパイロットも、冷蔵庫も?連続使用が可能になると期待しています。

3)バッテリー充電器の容量UP
今まで装備していた100V電源の容量10Ahの充電器を25Ahに換装しました。


これで、電気関係はかなり増強されたと思っています。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日は出航見合わせ

2012-03-24
今日の清水地方は、昨夜来激しく降っていた雨が朝4時ころには上がり、夜明けとともに青空が広がりました。
富士山もきれいに見え、全くの無風状態だったので、よし、出航用意!と意気込んだのですが、7時ころからじわっと南風が吹き始めてだんだん強くなり、9時ころには10mを超えてしまいました。

この静かなマリーナで、今12~13m吹いてますので、外海では相当吹いていると思われます。
今朝東名高速でマリーナまで来た方が、由比(清水の北で東名高速が海沿いに走っているところ)のあたりでは道路に波しぶきが飛んできていたとのこと。

ハーバーマスターも、少なくとも午前中は止めた方が良いとの意見なので、今日の出航は中止にしました。

CIMG1895.jpg
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日は終日雨のようです

2012-03-23
今日は終日雨で、夕方ころから雷をともなって強く降る荒れ模様との予報です。

燃料を補給しようと思っていたのですが、明日に延期します。
今日は、新しく装備した機器類の取り扱い説明書を読んで、操作方法の習熟に努めます。

明日の出航予定も天候の回復状況を見て決めたいと思います。

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

折戸マリーナに戻りました。

2012-03-22
昼過ぎに折戸マリーナに戻りました。
今日も天気が良く、富士山が良く見えています。

CIMG1894.jpg

しかし、残念ながら天気は下り坂で、明日23日(金)は雨風強く、24日(土)は西寄りの風が強いようなので出航できないかもしれません。   
未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(0)

出航準備がほぼ整いました

2012-03-21
今日も天気が良く富士山がきれいに見えていました。

CIMG1893.jpg

CIMG1888.jpg

俵のような大型フェンダー2個は、格納場所が無いので船尾のパルピットに固縛しました。
CIMG1885.jpg

CIMG1887.jpg

ソーラーパネルは順調に発電していてバッテリーは常時フルの状態を維持しています。

今日は、出航準備がほぼ整ったので車を戻すため一時帰宅しました。
明日また清水へ向かいます。

折戸マリーナでの滞在は、一泊3,000円ですが非常に快適です。
未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)

ドジャーとセールのセッティングが終わりました

2012-03-20
今日は朝から天気が良く、富士山が良く見えました。

CIMG1851.jpg


北寄りの風が結構強かったのですが、何とか風が落ちたころ合いを見計らってドジャーとセールのセッティングを行いました。

新しく設定した3ポイントリーフです。
従来からある1ポイントと2ポイントの位置をキャンセルして、新たに1、2、3ポイントをバランス良く設定したかったのですが、セールメーカーよりそれはできないと言われたので、仕方なく従来の1、2ポイントに新たに3ポイントを追加しました。
CIMG1848.jpg

CIMG1850.jpg

従来からある2ポイントリーフです。
CIMG1862.jpg

CIMG1867.jpg

1ポイントリーフです。
CIMG1870.jpg


フルメインです。
CIMG1878.jpg

CIMG1879.jpg

CIMG1881.jpg

今日は遅くまでかかってキャビン内も整理、整頓したので疲れてしまいましたので、改造の説明は後日以降行います。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

無事進水しました

2012-03-19
今日午後清水港で無事進水しました。

CIMG1767.jpg

CIMG1768.jpg

CIMG1769.jpg

CIMG1770.jpg

CIMG1812.jpg

CIMG1813.jpg

CIMG1814.jpg

CIMG1817.jpg

CIMG1820.jpg

無事進水しました。
CIMG1821.jpg

次はマストです。
CIMG1827.jpg

CIMG1831.jpg

次はソーラーパネルアーチです。
CIMG1836.jpg

CIMG1839.jpg

折戸マリーナのビジターバースに係留し、今日の作業は終了しました。
CIMG1841.jpg


ニュージャパンヨットの皆さんの作業は手際よく、あっという間に終わってしまいしました。

明日、明後日は、自分でセールとドジャー(キャビン入口を覆うキャンバスカバー)をセッティングして、ぐちゃぐちゃで足の踏み場もないキャビン内を整理整頓して、一応出航準備完了となります。

明日以降、今回の改造内容について説明します。





未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)

進水準備

2012-03-18
おはようございます。

これからニュージャパンヨットへ行って、ヨットから下ろして倉庫に保管して頂いている膨大な量の荷物を積み込んで明日の進水に備えます。
千葉から車で4時間ほどかかります。

車で行くのは、結構な量の新たな荷物を運ぶためです。
24日(土)の出航前に車を自宅へ戻して出直さないといけないのですが仕方ありません。

ヨットの状況等はまた報告します。
>>続きを読む・・・
未分類 | コメント:(6) | トラックバック:(0)

夢の実現へ向けて

2012-03-17
私は竹内まりやのフアンです。
彼女の曲の中でも『人生の扉』という曲が最も好きで歌詞に共感を覚えています。

2番の最初に『満開の桜や 色づく山の紅葉を この先いったい何度 見ることになるだろう』という歌詞があります。

私は夏大好き人間なのですが、50歳のころに『この先いったい何度、夏を健康で迎えて楽しむことができるのだろうか』と考えたことがありました。

夏は何回でも繰り返しやって来ると思っていたのですが、そうではないことに気が付き、その時以来漠然とではありますが、仕事は60歳で止めようと考え、細々とではありますが準備をしてきました。

そして昨年、61歳の時に会社にわがままを聞いてもらって退職し、永年の夢を実現させることにしました。

偉そうなことを言ってしまいましたが、夢を実現させるには家族の理解と了承を得られることが大前提であり、理解を示してくれて惜しまず協力してくれている家内には心から感謝しています。
未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)

ニュージャパンヨットの工場での写真をご紹介します。

2012-03-16
今日はヨットがニュージャパンヨットに搬入されているところの写真をご紹介します。

昨年の12月9日にトレーラーで搬入されたところです。
2011-12-09, 01 艇のNJY到着

工場内のピットに据え付けられたところです。
2011-12-12, 02 ピット据付2

先月の2月28日に工場から出されて船体の水洗いを行いました。
水洗い2

ほぼ3カ月かかって工事が終了しました。
来週の19日(月)に清水港で進水します。

未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

今日からブログをスタートしました。

2012-03-15
今日から『TSUYOTAKA航海日記』を始めることになりました。
古賀と申します、よろしくお願い致します。

簡単に自己紹介します。
現在61歳です。昨年末で仕事をやめて、永年の夢でした国内のんびりヨットの旅へ出発することにしました。

ヨットはニュージャパンヨット(株)で建造されたエスプリ・デュ・バン(30フィート)で1998年に進水しました。船名は『TSUYOTAKA』(つよたか)といいます。

ホームポートは横浜市金沢区の平潟湾(横浜平潟フィッシャリーナ)で、金沢八景マリンクラブに所属してきました。平潟湾は東京湾と細い水路でつながっている広い穏やかな泊地ですが、その水路に低い橋がかかっているためマストを倒さないと東京湾に出られません。そのため平潟湾に係留している全てのヨットのマストは起倒式になっています。

これから長い間平潟湾を留守にするため、今月末で横浜平潟フィッシャリーナとの係留契約を終了することにしました。しばらくの間はジプシー状態になりますが、今回の旅は全国のいろいろなマリーナを見て回り、今後のホームポートを決めることも大きな目的の一つになっています。

ヨットは現在、静岡県牧之原市にあるニュージャパンヨットの工場に陸揚げして、各部の点検、整備、修理を行うとともに、長期間ホームポートを離れての航海ができるよう改造してきました。主な改造項目は次の通りですが、結構大工事になってしまいました。
1) 燃料タンクの容量UP
2) 清水タンクの容量UP
3) バッテリーを増設
4) ソーラーパネルを2枚設置
5) ソフトドジャーの設置

今週で改造工事は終了し、3月19日(月)に清水港で進水することになりました。
進水後は折戸マリーナさんに係留させて頂き、いろいろ準備を行った後天候が良ければ24日(土)に出航する予定です。

シングルハンドで航海を続けて行くことになりますので、安全第一で無理をせず、天候を見ながら港みなとをのんびりと晴航雨読で帆を進めて行きたいと思っています。

出航後は、航海の様子や寄港させて頂いた港、マリーナの様子などを主にお知らせしていきたいと思っています。今後ともよろしくお願い致します。
未分類 | コメント:(24) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。