02-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>04-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

出航しました

2012-03-26
今朝8時30分折戸マリーナを出航しました。

気象庁の朝の予報では、東海海域東部(駿河湾)には海上風警報継続中で、西または北西の風が15m吹き、波は3mとのことでしたが、昨日の海上強風警報から一段下がったことと、西~北西の風であれば陸風なので岸寄りに走ればしのげると思い出航しました。

目的地は一応御前崎マリーナ(約30Nm)としましたが、天候次第で用宗フィッシャリーナ(約12Nm)に入っても良いと考えました。

出航当初は穏やかな西風が吹いてましたが、念のため1ポイントリーフ(メインセールの縮帆)を入れて機帆走で走りました。相変わらず富士山がきれいに見えて、出航を祝ってくれているかのようでした。

CIMG1903.jpg

ところが、久能山の東照宮あたりから西の風が強くなってきて10mを超えてきたので、2ポイントリーフを入れてしのいでましたが、風はどんどん強くなり2ポイントでもヒール(船体の横傾斜)がきつくなってきたので、3ポイントを入れて、いつでも清水に引き返せる準備をしました。

多分ブローでは18mを超えていたのではないかと思います。また、陸風の割には波も大きく、もろに波をかぶりながらの機帆走となりました。

清水に引き返すか、このまま行くか迷ったのですが、用宗も見えてきてさらに岸に寄せると徐々に波が治まってきたので、用宗を目指して進むことにしました。
用宗に近づくに従い、風も徐々に落ちてきましたので、13時30分無事用宗フィッシャリーナに入港しました。

CIMG1908.jpg

CIMG1913.jpg

今日の航海を振り返って。
1.気象庁の予報を侮ってはいけない。まして初めての海域では絶対に従うべし。
 ==> 今日は出航すべきではなかった。

2.今日は大きなトラブルは無かったのですが、3ポイントのリーフラインがかなり長いので、リーフ作業中にセールのバタつきでブームエンドでキンクしてしまいラインを引き込むことができなくなってしまいました。かなりきついキンクでほどくのに手間取りました。
 ==> リーフラインのねじれを十分取り除いておくべし。

3.ドジャー(キャビン入口の覆い)は非常に有効。
今日は船首方向から常に波とスプレーをかぶっていたので、もしドジャーが無かったらと思うとぞっとします。ドジャーが無かったら、乗り手が戦意喪失してしまうでしょう。

でも、もしドジャーが無かったら間違いなく清水に引き返していたので、それはそれで良かったのかもしれません。ドジャーの中は全くドライでパソコンのモニター画面も防水カバー無しでOKです。

4.海が荒れたらパソコンの面倒は見られない。
パソコンで海図を表示させ、それをドジャー内にセットしたモニター画面で見ているのですが、GPSの信号が急に受信されなくなったり、画面が急に消えたりと、決して順調ではありませんでした。

結局最後まで順調だったのは、10年以上前に2万円くらいで購入して以来愛用しているマゼラン社のハンディーGPSでした。
また、レイセオン社製のオートパイロットはリモコンが付いたので購入しましたが、これも非常に便利でした。
ドジャーの中でコースをセットできるので助かりました。


という訳で、航海初日は無事終了しました。
ブログの原稿が遅れてしまい、ご心配をお掛けしましたことを深くお詫び致します。

明日は今日ほど風は強くないと思いますが、気象庁の海上風警報は明日も継続とのこと・・・・。

CIMG1916.jpg




スポンサーサイト
未分類 | コメント:(10) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。