FC2ブログ
03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

友ケ島水道を通過して淡路島洲本のサントピアマリーナに到着しました

2012-04-18
2012年4月18日(水) 22時 記

今日は、朝8時過ぎから医者へ行って術後の状態を診てもらいました。
経過は良好とのことで安心しました。

10時前にはヨットに戻ったので、10時過ぎには出港できたのですが、友ケ島水道の潮流が12時54分に南流の最強(2.8ノット)になるので、ヨット「風来坊」さんのご助言に従って潮流が最強になる時間帯を避けるために出港を12時に遅らせることにしました。

1時間毎の潮流分布を見ると、12時になれば和歌山海域での潮流の影響は減少し、かつ沿岸沿いに走れば影響がさらに小さくなることも分かりました。
さらに、14時過ぎには沖ノ島(友ケ島の一番西側の島)の南岸では反流である西流が大きくなることも分かりました。

12時ちょうどに満を持して出港しました。
風はまさに進行方向の北西で7~8m、これに潮流の影響が加わって船速は4ノットを維持できません。

しかし、沿岸沿いをなめるように進んで行くと、船速は12時半には4.5ノット、13時には5ノット、13時半には5.5ノット、14時には6ノットと徐々に上がってきて、沖ノ島の南岸に達すると反流に乗って6.7ノットまで上がりました。

友ケ島で、左から、沖ノ島、虎島、地ノ島です。
CIMG2188.jpg

沖ノ島全景です。左側が友ケ島水道(由良瀬戸)です。
CIMG2187.jpg

14時25分に友ケ島水道に入ると、もろに南流を受けて船速は3ノット前半になってしまいしました。
CIMG2193.jpg

友ケ島灯台です。
CIMG2192.jpg

その状態も何とか30分ほどで乗り切ることが出来ました。

その後サントピアマリーナに近づいたのですが、逆光もあって港の入口が全く分かりません。
CIMG2195.jpg

何とか緑色のブイを見つけて、そのブイを左手に見て狭い入口を通過して13時45分サントピアマリーナに入港しました。

終わってみれば、和歌山マリーナシティーとサントピアマリーナ間直線で17.2マイルを、逆潮で3時間45分なら上出来だったといえると思います。

多分、10時過ぎに出港していても到着時間は変わらなかったのではないかと思います。
やみくもに走るのではなく、潮時を待つことを学んだ一日でした。

サントピアマリーナに係留完了しました。
CIMG2197.jpg

サントピアマリーナのビジター係留料は、30フィートで一日1,890円なので一泊二日で3,780円です。
二泊すると、三日分で5,670円になるのだと思います。

この後、歩いて10分ほどのところにある、ホテルニューアワジの日帰り入浴へ行ってきましたが、入浴料が1,800円と聞いてびっくりしてしまいました。

止めたやめたと帰る訳にも、他のホテルを探す訳にもいかないので入ってきましたが、高いだけあって良かったです。

露天風呂が、大阪湾と友ケ島水道が一望できる展望露天風呂と海面からそれほど高くないところにある岩風呂露天風呂の2種類あって、どちらも良かったです。

また、板の間に寝転がると下から蒸気がでてくる寝湯ではうたた寝してしまいました。
カラスの行水ではもったいないので2時間以上入って来ました。

それで、今日の報告が遅れました。
申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト



未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(1)
 | ホーム |