FC2ブログ
03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

小豆島の北浦港に入港しました

2012-04-23
2012年4月23日 14時 記
19時30分 追記

今朝5時40分に木場ヨットハーバーを出港して、11時5分に小豆島の北にある北浦港に入港しました。

途中通過した家島群島です。
CIMG2278.jpg

家島群島の男鹿島です。
CIMG2279.jpg

家島です。
CIMG2281.jpg

西島です。
CIMG2284.jpg

小豆島に近づきました。妙見崎をかわして北浦港へ向かいます。
CIMG2291.jpg

北浦港へのアプローチコースです。
CIMG2293.jpg

正面右側の小さな島が小島で、港口のすぐ沖にあります。
CIMG2295.jpg

正面に北浦港の防波堤が見えています。
CIMG2296.jpg

CIMG2297.jpg

本当に港があるのかと思うくらい小さな防波堤です。
CIMG2298.jpg

港口が見えてきました。
CIMG2299.jpg

左に大きく回り込んで入港します。
CIMG2300.jpg

港口です。
CIMG2301.jpg

浮き桟橋に係留完了しました。
CIMG2302.jpg

CIMG2303.jpg

CIMG2306.jpg

入口の灯台は石灯籠です。
CIMG2307.jpg

北浦港の全景です。
CIMG2313.jpg


北浦港は狭い港ですが、港内に町営の浮き桟橋があってプレジャーボートが係留できます。

係留料はトン当たり4.9円とのことで、自分のヨットのトン数は船検証に5トン未満としか記されてないので、5トンとして一日25円、三日分で75円を支払いました。

浮き桟橋には3隻係留するのがやっとなので、利用する時は早めに予約しておくと良いと思います。

北浦港の入港は特に難しいことはありませんでしたが、北側からアプローチすると、港の入口の小島の北側にアプローチコースを横切るように大きな発泡スチロールのブイが100m間隔くらいで連続して浮いていたので、このブイとブイの間を横切れるかどうか心配しましたが、魚網は無く横切ることができました。

港のそばには、大坂城残石記念公園があって大変きれいなところです。
バスで土庄へも出ることが出来るので、それほど不便ではないと思います。

今日はこれから、島の北東端の吉田湾のそばにある「吉田温泉 ふれあいの湯」へ行ってきます。
また、ヨット「JENNIFER」の石川様からご紹介頂いた、アイランドインの桟橋も見て来ようと思います。


>>続きを読む・・・
スポンサーサイト



未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)
 | ホーム |