06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今日は、成合津で休養しました

2012-07-22
2012年7月22日(日) 23時58分 記

今日は、天草諸島大矢野島の成合津で休養しました。
成合津では、横浜平潟湾時代の大先輩や熊本ヨットクラブの皆さんから大変親切にして頂いています。

明日、千葉の自宅へ一時帰宅しますので、8月4日までブログを休ませて頂きます。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)

成合津に到着しました

2012-07-21
2012年7月21日(土) 15時50分 記
23時45分 加筆、修正、追記

今朝、6時15分に小浜港を出港し、12時15分に天草諸島大矢野島の成合津に到着しました。
26.9マイルの航程でした。

出港後小浜の町並みを振り返りました。
CIMG4062.jpg

島原半島南端の瀬詰埼と瀬詰埼灯台で、有明海へ入る早崎瀬戸の入口です。
CIMG4065.jpg

大潮の東流で大きな波が立ってます。
CIMG4067.jpg

有明海の中央に浮かぶ湯島です。
CIMG4068.jpg

天草諸島の大矢野島に近づきましたが、豪雨で視界不良のため成合津の入口が全く分かりません。
CIMG4069.jpg

視界不良のため、GPSを頼りに入口らしき入江に近づきますが、確証が得られません。
CIMG4070.jpg

成合津の入口であることが分かりほっとしました。
CIMG4071.jpg

かなり狭い水路を入って行きます。
CIMG4072.jpg

CIMG4073.jpg

狭い水路を越えると広い水面が広がります。
CIMG4074.jpg

進行方向左から右回りの300度の連続写真です。
CIMG4075.jpg

CIMG4076.jpg

CIMG4077.jpg

CIMG4078.jpg

CIMG4079.jpg

CIMG4080.jpg

さらに進むと左に直角に折れる細い水路があり、その向こう側が成合津の熊本ヨットクラブでした。
CIMG4081.jpg

CIMG4082.jpg

CIMG4083.jpg

クラブ艇の係留場所の、空いている場所に係留させて頂きました。
CIMG4084.jpg

CIMG4085.jpg

CIMG4086.jpg


今日は、ヨットクラブの皆さんに近くの温泉に連れて行って頂き、夜はヨット仲間の皆さんの懇親会に招待して頂きました。
CIMG4088.jpg
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

小浜港に到着しました

2012-07-20
2012年7月20日(金) 18時30分 記

今朝、5時20分に野母漁港を出港し、12時30分に島原半島西側の橘湾に面している、温泉で有名な小浜港に到着しました。
31.3マイルの航程でした。

野母崎を回って島原半島を目指します。
CIMG4016.jpg

CIMG4017.jpg

野母埼の東側にある樺島です
CIMG4018.jpg

朝日が見え始めました。
CIMG4021.jpg

CIMG4023.jpg

野母埼を振り返ったところです。今日は良い天気になることを予感させます。
CIMG4026.jpg

樺島の南端を回ったところです。山の上に樺島灯台が見えます。
CIMG4030.jpg

樺島南端(手前)と野母埼です。
CIMG4032.jpg

久し振りのフルセールで橘湾を快走しました。
CIMG4043.jpg

島原国埼灯台です。
CIMG4050.jpg

小浜港方面に暗雲が垂れ込めています。長崎側も、天草側も暗雲に覆われてましたので、小浜も豪雨に見舞われるのは時間の問題のようです。
CIMG4051.jpg

CIMG4053.jpg

CIMG4054.jpg

小浜の町並みです。入港直前に豪雨に会い、視界不良のため入港を延期しました。一つ前の写真からこの写真まで50分経過しています。
CIMG4055.jpg

CIMG4057.jpg

CIMG4058.jpg

大きな桟橋に係留完了しました。桟橋の岸側にヨットが1隻いましたが、地元の方のヨットで、4月から係留しているそうです。
CIMG4059.jpg

CIMG4060.jpg

CIMG4061.jpg

小浜温泉は100度を超える源泉が湧き出ているそうで、あちこちから湯煙が上がっています。
どの温泉に入るか迷いましたが、海沿いのホテルの屋上露天風呂(500円)に入ってきました。

明日は、成合津へ向かいます。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

野母漁港に到着しました

2012-07-19
2012年7月19日(木) 16時20分 記
20時30分 追記

今朝、10時25分に長崎出島ハーバーを出港し、13時45分に野母漁港に到着しました。
15.2マイルの航程でした。

長崎湾の中央に架かる女神大橋をの下を通って出航です。
CIMG3960.jpg

伊王島灯台です。ここを回って南下するのですが、台風7号に吹き込む南風がまだ強く、大きな波とうねりが出てきました。
CIMG3964.jpg

高島です。
CIMG3969.jpg

先端に野母漁港のある長崎半島です。
CIMG3974.jpg

軍艦島です。
CIMG3975.jpg

CIMG3988.jpg

このシルエットはどう見ても軍艦です。
CIMG3979.jpg

長崎半島の先端付近ですが、野母漁港の入口が全く分かりません。
CIMG3992.jpg

野母漁港へつながる水路の入口にある野母北浦灯台が視認できたので、そちらへ向かいます。
CIMG3994.jpg

水路入口が見えてきました。
CIMG3995.jpg

異様に狭い水路です。緊張感が走ります。
CIMG3999.jpg

岩場のすぐそばを通ります。
CIMG4001.jpg

港口が見えてきました。
CIMG4000.jpg

港に入ってすぐ左側の船溜まりに入りました。
CIMG4002.jpg

桟橋に係留完了しました。
CIMG4003.jpg

CIMG4004.jpg

CIMG4005.jpg

この桟橋は、軍艦島観光船用の桟橋ですが、観光船が来ないようなので係留させて頂きました。
目の前に立派な温泉があるので早速行ってきます。

>>続きを読む・・・
未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

今日も長崎出島ハーバーで休養しました

2012-07-18
2012年7月18日(水) 23時 記

今日も長崎出島ハーバーで休養しました。

台風7号の影響はごくわずかで、朝から晴れ上がり気温もぐんぐん上昇しました。
夕方、激しい夕立が来ただけでした。

明日はゆっくり出港して野母漁港まで行こうと思います。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日は、長崎出島ハーバーで休養しました

2012-07-17
2012年7月17日(火) 22時30分 記

今日は、長崎出島ハーバーで休養しました。

今日は朝から晴れ上がり、気温もぐんぐん上がりうだるような暑さになりました。
久し振りに、じとじとしていた室内や寝具を乾燥させることができました。

ここで、愛知県碧南ヨットクラブ所属のヨット「オリーブ」の川村さんに再開しました。
大変お元気そうでした。
CIMG3959.jpg

川村さんとは、5月19日に瀬戸内海の大三島の宮浦港でお会いして、86才というご高齢にもかかわらずシングルハンドで長期航海を続けておられる姿に、驚きとともに尊敬の念を抱いていました。

そして、ここでお会いしたら「あ、古賀さん」と私の名前を憶えていて下さったのです。
もう驚きを通り越してしまいました。

川村さんからは、これまで寄港された泊地の情報や、いろいろなお話を聞かせて頂き、大変参考になりました。


今日は、伊王島の温泉へ行こうと思っていたのですが、連絡船に乗り遅れたので、またコナミスポーツクラブへ行ったところ定休日でした。
今日は汗みどろになったので、これはまずいとサウナへ行ってきました。
1,260円と高かったのですが、昼間さんざん汗を流したのに、さらにサウナで汗を流してさっぱりしました。

明日は、台風7号が接近するので荒天準備をして過ぎ去るのを待つことにします。

未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

長崎出島ヨットハーバーに到着しました

2012-07-16
2012年7月16日(月) 23時50分 記

今日、13時40分に長崎サンセットマリーナを出港し、14時45分に長崎出島ヨットハーバーに到着しました。
6.1マイルの航程でした。

三菱重工香焼造船所です。
CIMG3938.jpg

長崎湾の中央に架かる女神大橋です。
CIMG3943.jpg

長崎の街並みが見えてきました。
CIMG3948.jpg

CIMG3949.jpg

CIMG3953.jpg

三菱重工長崎造船所です。
CIMG3950.jpg

CIMG3951.jpg

出島ヨットハーバーです。
CIMG3954.jpg

CIMG3955.jpg

係留完了しました。
CIMG3956.jpg

CIMG3957.jpg

CIMG3958.jpg

久し振りの大都会です。

ここの係留料は、1日2,100円で、電気、水道の使用量も含まれています。
風呂は、今日はコナミスポーツクラブの9階にある、温泉展望大浴場(露天風呂あり、800円、徒歩10分)へ行ってきました。
明日は、長崎湾湾口の伊王島にある温泉展望露天風呂(連絡船往復料金込みで980円)へ行ってきます。

台風7号が発生し、九州の西岸に接近するようなので、ここでやり過ごすつもりです。
出港は、台風が去った後になります。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

長崎サンセットマリーナに到着しました

2012-07-15
2012年7月15日(日) 21時45分 記

今朝5時35分に、五島列島中通島南端近くの奈良尾港を出港し、12時45分に長崎サンセットマリーナに到着しました。
40マイルの航程でした。

五島列島、長崎に強風波浪注意報が出ていて、「風つよし、波たかし」でした。
2ポイントリーフでハンドリング出来る風と波でしたが、疲れました。

出港直後の、暗雲垂れ込める奈良尾港です。
CIMG3908.jpg

朝日が見えてきて、天気が良くなることを予想させました。
CIMG3909.jpg

予想通り晴れ上がり、梅雨明けを感じさせる入道雲が現れました。
CIMG3915.jpg

南風が強かったので、長崎湾口の伊王島の島影に入れば波が収まると思いコースを変えて伊王島に近づきました。
CIMG3920.jpg

CIMG3921.jpg

三菱重工香焼工場が見えます。
CIMG3922.jpg

伊王島の島影でセールを下してサンセットマリーナへ向かいました。
CIMG3924.jpg

CIMG3925.jpg

CIMG3926.jpg

CIMG3927.jpg

係留完了島hした。
CIMG3928.jpg

CIMG3929.jpg

マリーナ全景です。
CIMG3930.jpg

CIMG3931.jpg

CIMG3932.jpg

CIMG3933.jpg

CIMG3934.jpg

クラブハウスで、2階がレストランのようです。
CIMG3935.jpg

CIMG3936.jpg

CIMG3937.jpg

ここの係留量は、30フィートで1日4200円、電気、水道はそれぞれ525円、シャワーは210円です。
買い物、飲食店、コインランドリーなどは歩いて行ける範囲には無いようです。

明日、長崎出島ハーバーへ向かいます。
熱帯低気圧が九州に近づいてきますので、2~3日出島から動けないかもしれません。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日も奈良尾港で休養です

2012-07-14
2012年7月14日(土) 13時30分 記

今日も、中通島の南端近くにある奈良尾港で休養しています。
昨日、中通島と若松島の一部を観光してきましたので紹介します。

中通島の東端の頭ケ島にある頭ヶ島天主堂です。珍しい石造りの教会で、国指定重要文化財になっています。
CIMG3880.jpg

CIMG3881.jpg

6月29日から7月1日まで滞在した奈摩港の近くにある青砂ケ浦天主堂です。煉瓦造りの教会で、国指定重要文化財になっています。
CIMG3886.jpg

中通島最北端の津和崎にある津和崎灯台です。
CIMG3894.jpg

津和崎から見た津和崎瀬戸です。
CIMG3892.jpg

CIMG3891.jpg

青方港の最奥の町の中心部に近い岸壁です。岸壁に階段があるので横付けできます。水深ははっきりしませんが、見た感じでは問題なさそうです。
CIMG3895.jpg

若松島から見た若松大橋と若松瀬戸です。
CIMG3901.jpg

CIMG3902.jpg

CIMG3903.jpg

CIMG3904.jpg

写真はありませんが、有川は大きな町で、漁港に係留できれば、連絡船ターミナルがあり、近くに大きなスーパーがあって、飲食店もたくさんあるので便利です。

五島列島の島めぐりはこれで終了し、明日天候が許せば長崎港の入口の西側にある長崎サンセットマリーナへ向かいます。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日は、中通島を観光しました

2012-07-13
2012年7月13日(金) 20時15分 記

今日は、レンタカーを借りて中通島を一周し、若松島へも行ってきました。
少し前に帰ってきたばかりで、夕食もまだなので、報告は明日にします。

明日も、奈良尾港で休養します。

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

奈良尾港に到着しました

2012-07-12
2012年7月12日(木) 12時 記

今朝、5時30分に奈留島港を出港し、7時30分に中通島の南の端に近い奈良尾港に到着しました。
11.8マイルの航程でした。

中通島最南端の棹埼です。この岬を回って少し北上すると奈良尾港です。
CIMG3853.jpg

五島棹埼灯台です。
CIMG3857.jpg

棹埼を回り込んだところです。
CIMG3858.jpg

奈良尾港が見えてきました。
CIMG3861.jpg

CIMG3862.jpg

港口です。
CIMG3864.jpg

港に入ってすぐ左側に連絡船桟橋とターミナルがあります。
CIMG3867.jpg

港の奥のほうに立派な浮桟橋があります。
CIMG3868.jpg

CIMG3869.jpg

浮桟橋に係留完了しました。
CIMG3870.jpg

CIMG3871.jpg

CIMG3872.jpg

しかし、この港は防波堤が南東の方向に完全に開いているため、南寄りの風の時は波とうねりが入ってくるので、常に揺れ通しです。係留完了写真の1枚目の遠景で、防波堤の切れ目が南東方向。

桟橋の反対側に係留していた漁船の船長さんから、ここは揺れるから連絡船桟橋の岸側に着けた方が良い、誰も文句は言わないとのことでしたので、早速係留場所を変えました。
CIMG3873.jpg

CIMG3874.jpg

CIMG3875.jpg

ここも結構揺れますが、ターミナルに近い一等地なので我慢します。
目の前の丘の上に、奈良尾温泉センターがありますので、早速行ってきます。

明日天気が悪くなければ、レンタカーを借りて中通島と若松島を回ってこようと思います。

出港は、15日(日)の予定で、次は長崎サンセットマリーナへ向かいます。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日は出港を見合わせ、奈留島で休養しました

2012-07-11
2012年7月11日(水) 18時 記

今日は、朝4時前に起きて天気予報をチェックすると、強風注意報が出ていて南西の風が強く吹いていたことと、大雨が降るとの予報でしたので出港を見合わせて奈留島で休養することにしました。

地元の藤原さんには今日も大変お世話になってしまいました。

奈留島の江上天主堂です。木造教会で、国の重要文化財に指定されているそうです。
CIMG3844.jpg

奈留高校にあるユーミン直筆の「瞳を閉じて」の歌碑です。
CIMG3847.jpg


明日は、早朝まで雨と風が残り、波は昼まで高いようですが、何とか出港できるのではないかと思います。
出港できれば、中通島の奈良尾港へ向かいます。

次の奈良尾港で2~3日滞在して中通島を観光して、五島列島の島めぐりを終了しようと思います。
奈良尾港の後は、長崎のサンセットマリーナ、長崎出島ハーバー、野母漁港、小浜港を経て、横浜平潟湾時代の大先輩がヨットを係留している上天草市大矢野島の成合津へ向かう予定です。
未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(1)

奈留島港に到着しました

2012-07-10
2012年7月10日(火) 21時20分 記

今朝、5時30分に福江港を出港し、7時20分奈留島港に到着しました。
9.2マイルの航程でした。

久し振りの朝日です。
CIMG3796.jpg

福江島と久賀島との間の田ノ浦瀬戸の南側を通過しましたが、潮流で大きな波が立ってました。
CIMG3798.jpg

CIMG3799.jpg

CIMG3800.jpg

CIMG3801.jpg

久賀島と奈留島の間の奈留瀬戸です。
CIMG3813.jpg

CIMG3819.jpg

奈留島港が見えてきました。
CIMG3820.jpg

奈留島港の南側にある、前島との間の奈留神瀬戸です。明日奈留島港を出た後通る予定です。
CIMG3821.jpg

奈留島港です。
CIMG3822.jpg

フェリーターミナルのすぐそばの連絡船桟橋の付け根付近に係留させて頂きました。
CIMG3823.jpg

CIMG3826.jpg

正式には許可を取ってませんが、連絡船の邪魔にならない場所なので許されたようです。
CIMG3830.jpg

地元の「スーパーふじや」を経営しておられる藤原さんにお会いし、お話をお聞きしたところ、ヨットで入港する時は事前に連絡してもらえれば、係留場所を確保してくれるとのことでした。

藤原さんには、車に乗せて頂いたり大変親切にして頂きました。

明日は、天候が許せば、中通島の奈良尾港へ向かう予定です。
未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(1)

今日は福江で休養です

2012-07-09
2012年7月9日(月) 18時20分 記

今日は、昨日のレンタカーでの福江島観光で疲れたので休養日とし、のんびり過ごしました。
福江の町を散策し、五島観光歴史資料館の他いくつかの観光スポットを見てきました。

今朝、港湾管理事務所の方が来て、福江港港湾施設使用料が必要ですとのことで、1m当たり20円、3日分で567円支払いました。

明日は、奈留島の奈留島港へ向かいます。
奈留島は、7月4日に相ノ浦港に入港したのですが、天気も悪く翌日出港して何も見てないので今回見てこようと思います。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(1)

今日は福江で休養です

2012-07-08
2012年7月8日(日) 22時30分 記

今日は福江で休養し、レンタカーを借りて福江島を一周しました。

堂崎教会です。
CIMG3758.jpg

城岳展望所から見た岐宿港です。
CIMG3761.jpg

CIMG3762.jpg

三井楽の「遣唐使ふるさと館」にある遣唐使船の模型です。
CIMG3767.jpg

7月5日(木)に通過した、柏崎灯台と姫島を陸から見ました。
CIMG3771.jpg

日本一美しいと言われている高浜ビーチです。4枚連続写真です。
CIMG3778.jpg

CIMG3779.jpg

CIMG3780.jpg

CIMG3781.jpg

昨日(7月7日)通過した大瀬崎です。
CIMG3783.jpg

昨日出港した荒川漁港のある玉之浦湾です。
CIMG3788.jpg

昨日通過した、奇岩の並ぶ津多羅島です。
CIMG3795.jpg


福江港は大変快適で便利な泊地ですが、風呂がありません。
昨日は、スプレーと潮風を浴びたのでどうしても風呂に入りたかったので、福江港にある一流ホテル「カンパーナホテル」の展望大浴場に日帰り入浴できるか尋ねたところ、「こちらは大衆浴場ではないのでできません」と冷たく断られました。

仕方なく、夕方からレンタカーを24時間契約で借りて、五島コンカナ王国にある鬼岳温泉へ行ってきました。
車が無ければ行けない場所にあります。

今日は、福江島一周の最後に富江に寄って、「富江温泉センター、たっしゃかランド」へ行ってきました。

明日も福江で休養します。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(1)

福江島の福江港に到着しました

2012-07-07
2012年7月7日(土) 18時 記

今朝6時35分に、福江島の西側の玉之浦にある荒川漁港を出港し、12時50分に福江港に入港しました。
32マイルの航程でした。

出港時は北西の風が結構強かったのですが、次第に弱くなり常に機帆走でした。
途中、玉之浦湾を出てから南下している時に、激しく険しい大波に見舞われ、大変な目にあいました。

多分、潮流と海流と風がぶつかり合って険悪な波ができたのだと思いますが、パソコンがよく壊れなかったと思うほどの衝撃を何度も受けました。

1時間ほどすると波は静まりましたが、今度はうねりに翻弄され続けました。

大瀬埼と灯台です。ここも波が悪いそうですが、今日はうねりだけでした。
CIMG3734.jpg

奇岩が並ぶ津多羅島です。
CIMG3736.jpg

CIMG3737.jpg

CIMG3740.jpg

ポツンと岩が立っているモーツ瀬です。
CIMG3742.jpg

福江の街並みが見えてきました。
CIMG3748.jpg

福江港入り口です。
CIMG3750.jpg

港内です。
CIMG3751.jpg

係留予定の桟橋に海上タクシーが係留していたので、とりあえず海上本庁と警察の桟橋に係留しました。ここでも良さそうでした。
CIMG3752.jpg

CIMG3753.jpg

海上タクシーが出港したので、予定の桟橋へ移動して係留完了しました。
CIMG3754.jpg

CIMG3755.jpg


この係留場所は、6月3日に福岡の小戸ヨットハーバーに寄港した時にお会いした地元のヨットマンの方に、福江に在住のヨットマンの方を紹介して頂いたのですが、その方に港湾管理事務所に許可を取って頂きました。

福江のヨットマンの方には入港時からいろいろと面倒を見て頂き、係留完了してからは車で町の中を案内して頂きました。大感謝です。

福江港にはヨットは係留できないと聞いていたので、良い係留場所が確保できて安心です。
ここには3泊して、レンタカーで観光する予定です。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(1)

今日は荒川港で休養です

2012-07-06
2012年7月6日(金) 15時40分 記

今日は福江島の西側の玉之浦にある荒川漁港で休養です。
夜半から南西の強風が吹き荒れてきたので、係船索を増し取りしました。

荒川漁港です。
CIMG3729.jpg

最も奥の船溜まりです。
今係留している桟橋は連絡船が使用していて、今朝船長から聞いた話では、連絡船は風が強いときは風上側に着けるそうです。東寄りの風は強くなるので今ヨットを係留している側に着けるそうです。ヨットを着ける場合、風向を考えて着けないと迷惑をかけてしまいそうです。
CIMG3730.jpg

この漁協の桟橋は、手前側が空いていれば係留させてくれるのかもしれません。向こう側は絶対にだめだと言われました。
CIMG3732.jpg

荒川温泉の入浴施設で、漁港の目の前にあります。入浴料は300円です。脱衣場に洗濯機があって200円で使えます。
CIMG3731.jpg


南西の風はまだ吹き荒れてますが、明朝風が落ちたら福江港へ向けて出港する予定です。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(1)

福江島の荒川漁港に到着しました

2012-07-05
2012年7月5日(木) 17時20分 記

今朝8時20分に、奈留島の相ノ浦港を出港し、13時50分に福江島の西側の玉之浦にある荒川漁港に到着しました。
26マイルの航程でした。

風は常に進行方向のほぼ真正面で、最初は弱かったのですが徐々に強くなり、玉之浦湾に入る前には10mほどになっていました。

相ノ浦湾の出口です。
CIMG3681.jpg

相ノ浦湾を出たところにある岩です。
CIMG3685.jpg

奈留島(左)と久賀島との間の奈留瀬戸です。
CIMG3687.jpg

奈留瀬戸の北口から2マイル以上離れていたのですが、潮流と風による悪い波が立っていてもまれました。
CIMG3688.jpg

久賀島(左)と福江島との間の田ノ浦瀬戸です。ここでも潮流の影響を受けました。
CIMG3693.jpg

福江島北西端の柏埼(左)と姫島です。
CIMG3695.jpg

五島柏埼灯台です。
CIMG3700.jpg

玉之浦湾の入り口が見えてきました。
CIMG3705.jpg

玉之浦湾です。
CIMG3708.jpg

荒川漁港の防波堤と灯台です。
CIMG3714.jpg

CIMG3715.jpg

防波堤がもう一本あります。
CIMG3716.jpg

港内の最も奥の連絡船の桟橋に係留させて頂きました。
CIMG3721.jpg

CIMG3722.jpg

今係留している側はヨットが係留して良いとのことです。
CIMG3724.jpg


ここの荒川温泉は、長崎県に3ケ所しかない、高温で自噴している温泉の一つだそうです。他の2ヶ所は、雲仙と小浜だそうです。小浜港はすでに予定に入っています。

明日はここで休養します。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(1)

奈留島の相ノ浦港に入りました

2012-07-04
2012年7月4日(水) 17時20分 記

今朝6時10分に、若松島の若松港を出港し、福江島の西側にある荒川漁港を目指しましたが、若松瀬戸を出てしばらくしたところで雨が降り出し、雷をともなってまた豪雨となってしまいました。

今朝の気象庁の雨雲の動きを見て、豪雨をもたらす雨雲は五島列島の北側を通り、雨は降るが大したことはないと判断して出港したのですが、判断ミスでした。

仕方なく、予め検討しておいた避難港の奈留島の相ノ浦港に目的地を変更し、9時10分に入港しました。
相ノ浦港は、南北に細長い相ノ浦湾の最奥にあり、湾の入り口が狭いので、視界が十分確保されるのを待って入りました。

今日は、大潮のため干満差が3m近くあるので、岸壁ではよほど良い場所でないと係留できないため、動いてなさそうな台船に横抱きで係留させてもらいました。
CIMG3674.jpg

CIMG3673.jpg

しかし、台船と岸壁の間も干潮時には結構な高さになるので、長時間上陸はできません。
風呂は、島の南側にある奈留島港まで歩いて行けば民宿があるようなのですが、今日はあきらめます。

明日、温泉のある荒川漁港を目指します。

3日ほど前から調子の悪かったパソコンが、ついに完全にダウンしてまいました。
残った1台のパソコンで、電子チャートの表示、天気予報のチェック、ブログのアップ、泊地情報のチェックから雑用まで全てをしなければならいので、綱渡りの状況になります。

パソコンに出来るだけ負荷をかけないようにするため、メールのチェックはしばらく休むことにしますのでご了承下さい。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(1)

今日は若松港で休養です

2012-07-03
2012年7月3日(火) 20時 記

今日は若松港で休養してました。

朝から雨が降ったり止んだりで、時として強く降るような天候だったことと、2台のパソコンの内1台の調子が悪いので、メーカーに問い合わせて修復を図りましたが、芳しくありません。

明日は、若松瀬戸を北から出て、福江島の西側にある荒川漁港を目指します。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(1)

若松港に到着しました

2012-07-02
2012年7月2日(月) 14時30分 記

今朝5時40分に、中通島の西側にある奈摩港を出港し、9時に若松島の若松瀬戸中央部にある若松港に到着しました。16.3マイルの航程でした。

天候は、出港時は風弱く曇りでしたが、奈摩湾を出て少し行ったあたりから雨が降り出し、霧が出てきて視界が急に悪くなってきました。

雨は降ったり止んだりでしたが、霧はますます濃くなり、ついに視程100mを切ってしまいました。
昨日と全く同じ状況になってしまいましたが、すでに外海に出ているので戻らずに、GPSプロッターを頼りに見張りを厳重に行いながら進みました。

予定では、祝言島と中通島の間を通って上五島石油備蓄基地を見て行こうと思っていましたが、霧で前が見えない状況では危険なので断念し、祝言島の外側を通って若松瀬戸へ向かいました。

若松瀬戸入口左側の串島です。ここでもバケツをひっくり返したような土砂降りに会い視界不良です。
CIMG3653.jpg

若松瀬戸入口右側の若松島です。
CIMG3654.jpg

若松瀬戸の北流(逆潮)から南流(連れ潮)への転流時間は、若松瀬戸の低潮時間が7時5分なので、その1時間30分後の8時30分頃と推定していたのですが、8時15分に若松瀬戸に入った時はすでに転流していました。

瀬戸最狭部です。ここでも土砂降りに会いました。
CIMG3655.jpg

若松大橋が見えてきました。橋の手前を右に曲がると若松港です。
CIMG3660.jpg

CIMG3662.jpg

若松の街並みが見えてきたのですが、写真でははっきりしません。
CIMG3661.jpg

港最奥のフェリーと連絡船の桟橋の使用してない側に係留完了しました。正面の建物がフェリーターミナルです。
CIMG3663.jpg

CIMG3664.jpg

CIMG3665.jpg

フェリーターミナル2階のレストランで、自分のヨットを見ながら昼食を頂きました。
CIMG3667.jpg


久し振りに、安心できて、落ち着けて、便利な港に来た感じがします。
風呂は、近くに旅館が3軒あるので、これから交渉してみます。

若松港は、若松瀬戸のほぼ中央部にあって西側に入り込んでいるため、多分台風の避難港になるのではないかと思います。現在係留している桟橋では、陸側から容易に追加の係船索を取ることができます。

五島列島の瀬戸の転流時間は、第7管区海上保安部に聞いても、インターネットで調べても参考になるデータはありませんでした。
そこで、私の場合その瀬戸の低潮時または高潮時の1時間から2時間後に転流すると推定することにしました。

したがって、瀬戸に入る時間は、低潮時または高潮時の1時間30分後を目標に時間調整します。
今日の場合は、多分若松瀬戸の低潮時のおよそ1時間後に転流したと思われますが、プラスマイナス30分の誤差であれば、大怪我はしないと思っています。


明日はここで休養し、雨が降らなければ少し観光してみようと思います。
未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(1)

奈摩港3日目で今日も休養です

2012-07-01
2012年7月1日(日) 17時10分 記

今日も、五島列島の中通島の西側にある奈摩港で休養しています。
奈摩港は、29日に入港以来3日目になります。

昨夜は、夜半過ぎから南西の風が猛烈に吹き始めましたので、慌てて起きてブルーシートのオーニングを外して、係船索の増し取りをしました。

今朝5時の時点では、雨はほとんど上がりましたが南西の強風がまだ吹いていたのと、濃霧のために視界が悪かったので出港時間を遅らせて様子を見ました。

風は9時過ぎには落ち、予報によると農霧注意報も昼前には解除されるとのことでしたので、10時30分に出港しましたが、奈摩湾を出る前に濃い霧に包まれてしまい、100m先も見えない状況になってしまいましたので、この状態で若松瀬戸に入ることはできないので、Uターンしてまた奈摩港に戻りました。

この航海3度目の出戻りでした。

午後から近くの旅の宿「やがため」で風呂と夕食を頼んだところ、風呂は客室のユニットバスに入れてくれて1,000円でした。
夕食は、18時30分からとのことなのでこれから行ってきます。

天候は、15時ころから雷をともなってまた雨が激しく降り始めています。
雨は梅雨なのであきらめてはいるのですが、降り方が普通の梅雨と違っているような気がします。

明日は、再度出港トライして若松港へ向かいます。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。