07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今日は青島で休養しました

2012-08-31
2012年8月31日(金) 19時10分 記

今日は、宮崎県宮崎市の青島港で休養しました。
すぐ近くにある、青島へ行ってきました。

鬼の洗濯岩です。
CIMG4597.jpg

青島神社です。
CIMG4596.jpg

午後は、歩いて25分ほどのところにある、ホテルグランティアあおしま太陽閣の日帰り入浴へ行ってきました。

明日は、宮崎県門川町の庵川港へ向かいます。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

青島港に到着しました

2012-08-30
2012年8月30日(木) 13時20分 記

今朝、6時に宮崎県日南市南郷町の目井津港を出港し、9時20分に宮崎県宮崎市の青島港に到着しました。
19.3マイルの航程でした。

油津港の南側にある小場島から朝日が登りました。
CIMG4561.jpg

油津港です。
CIMG4562.jpg

鵜戸崎です。
CIMG4563.jpg

鵜戸神宮です。海から参拝しました。
CIMG4566.jpg

青島と青島の街並みが見えてきました。
CIMG4570.jpg

CIMG4571.jpg

青島です。
CIMG4577.jpg

青島の街並みです。
CIMG4572.jpg

CIMG4573.jpg

青島港の防波堤が見えてきました。
CIMG4574.jpg

CIMG4576.jpg

CIMG4578.jpg

CIMG4579.jpg

CIMG4580.jpg

港に入って最初の右側の船溜りに地元のヨットが係留されています。
CIMG4581.jpg

さらに奥へ進むと水揚げ場と漁協市場が見えます。
CIMG4582.jpg

港に入って左手に回り込んだところにある船溜りの、一番奥(突当たり)の岸壁に係留させて頂きました。
CIMG4583.jpg

CIMG4584.jpg

CIMG4586.jpg

CIMG4585.jpg

漁協水揚げ場方向です。
CIMG4587.jpg

港に入って、漁協水揚げ場前にあるポンツーンに仮係留し、係留可能な場所を聞きに行くと、難しそうな答えが返ってきましたが、たまたま水揚げ場に係留していた漁船「智美丸」の船長が、自分の係留場所に着けていいよと言ってくれて、車でその岸壁まで連れて行ってくれました。

その船溜りは水深が浅く、かつ今日は中潮ですが干潮時には潮位が29cmまで下がるので、慎重に水深を確認しながら進めて行くと、水深は2.5mほどあり大丈夫でした。

11時15分の干潮時には、水深はさらに下がりましたが、2.3mで止まりましたので大丈夫でした。

今日は、漁船「智美丸」の船長さんに係留場所を貸して頂き、青島港にヨットを係留している地元の方に係留を手伝って頂きました。

また、昨日目井津港でお会いした松清さんが、今晩温泉に連れて行ってくれるとのことで、毎日まいにち多くの方に助けて頂いています。感謝、感謝です。

明日は、ここで休養しようと思っています。
明後日、天候が許せば細川港の北側にある門川港か庵川港へ向かおうと思います。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

目井津港に到着しました

2012-08-29
2012年8月29日(水) 21時30分 記

今朝、5時45分に鹿児島県肝付町の内之浦港を出港し、11時15分に宮崎県日南市南郷町の目井津港に到着しました。28.1マイルの航程でした。

8日間お世話になった内之浦港を振り返りました。内之浦の皆さん有難うございました。
CIMG4534.jpg

都井岬です。天気が悪かったので良く撮れませんでした。
CIMG4535.jpg

CIMG4536.jpg

南郷町(左)の沖にある大島(右)が見えてきました。
CIMG4539.jpg

目井津港の防波堤(中央左)が見えてきました。右端は油津港です。
CIMG4544.jpg

左端が目井津港で、右端が油津港です。
CIMG4546.jpg

油津港(正面左)と大島北側の岩礁地帯です。
CIMG4547.jpg

目井津港の港口です。
CIMG4548.jpg

港口を入ると内側に防波堤があります。
CIMG4549.jpg

CIMG4550.jpg

さらに内側に防波堤があります。
CIMG4551.jpg

突当たりの岸壁に係留完了しました。
CIMG4557.jpg

CIMG4558.jpg

目井津には風呂がないとのことで、地元の親切な方が日南市のかんぽの宿の温泉まで車で連れて行ってくれました。松清 正さんです。
CIMG4555.jpg

松清さんとお話しをしていたら、私がかつて勤めていた会社と非常に関係の深い会社にお勤めされていたそうで、あまりに奇遇な出会いに驚きました。

南郷町沖の大島です。
CIMG4554.jpg

CIMG4553.jpg

外浦港です。
CIMG4552.jpg

目井津港は、11月から2月まではかつお船で一杯になるそうですが、それ以外の期間は岸壁は空いているようです。

今日は、外海はうねりが大きかったのですが、うねりは全く入ってきません。
目の前に、きれいな道の駅があるので食事ができ、トイレはで24時間使えます。


明日は、宮崎県宮崎市の青島港へ向かいます。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

内之浦港滞在8日目、出港準備完了しました

2012-08-28
2012年8月28日(火) 20時20分 記

鹿児島県肝付町の内之浦港滞在8日目になりました。

風が南に変わり、結構強く吹いていたためセールのセッティングが出来なかったのですが、夕方から風が落ちてきたので、ジブセールとメインセールをセットして、出港準備完了しました。

明日、宮崎県日南市南郷町の目井津港へ向けて出港します。

今回内之浦港で台風15号を避難しましたが、西側の奥の船溜りの北側の防波堤に係留している漁船に横抱きさせてもらえたので助かりました。

うねりも波も全く入ってこなかったので安心でした。

内之浦港は大変便利で皆さんとても親切な良いところです。
温泉は徒歩10分、スーパー、コインランドリー、ガソリンスタンド、飲食店、図書館が徒歩5分のところにあります。

今回は台風避難のため、一週間以上滞在しましたが落ち着かない日々を過ごしました。
今度またゆっくり滞在したい港です。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

内之浦港滞在7日目で、台風15号をやり過ごしました

2012-08-27
2012年8月27日(月) 14時35分 記

鹿児島県肝付町の内之浦港滞在7日目で、台風15号をやり過ごしました。

CIMG4529.jpg

CIMG4530.jpg

CIMG4533.jpg

昨日の夕方は、一時港内が全面真っ白になる暴風雨になりましたが、何とか無事に台風15号をやり過ごすことが出来ました。親切な地元の方々のお陰です。

明日は、外海ではまだ風が強く、波も高いので、セールのセッティング等出港準備をします。
明後日(29日)、外海の風と波が落ちたら出港して、宮崎県日南市の目井津港へ向かおうと思います。
未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(0)

内之浦港 滞在6日目

2012-08-26
2012年8月26日(日) 12時 記

今日で、鹿児島県肝付町の内之浦港に滞在6日目です。

今朝、地元の親切な方に漁船で引っ張ってもらい、無事離岸し元居た西側の船黙りの中の、北側防波堤に係留している漁船に横抱きさせて頂きました。

CIMG4523.jpg

CIMG4528.jpg


無事に移動できてホッとしています。
今朝まで居た漁協市場裏は、東風が山を回り込んで入ってくるためか風速が上がり、かつ満潮時には波が防波堤を乗り越えることがあるそうなので、漁船も全て移動していました。

今回も地元の親切な方に助けて頂きました、感謝です。
未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

内之浦港 滞在5日目

2012-08-25
2012年8月25日(土) 21時 記

今日で、鹿児島県肝付町の内之浦港に滞在5日目です。

昨夜から東の風が強まり、夜フェンダーを移動したり、増強したりして何とか朝を迎えました。
朝一番に花火大会の予定を確認すると、予定通り行うとのこと。

風は徐々に強くなり、現在の係留場所を離岸することが難しくなってきていました。
結局、午前11時になってやっと花火大会の中止が決まったのですが、その時には離岸が困難な状態だったので、常時フェンダーの効き具合を確認しながら過ごしました。

今回の台風は、明日26日の朝6時には920hPa まで発達するとのこと、桁外れに強い台風です。
何とか元居た場所に戻りたいので、明日朝一番で地元の親切な漁師の方に漁船で引っ張ってもらって離岸することを考えています。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

内之浦港 滞在4日目

2012-08-24
2012年8月24日(金) 午前11時 記

今日で、鹿児島県肝付町の内之浦港に滞在4日目です。

今朝係留場所を移動しました。

CIMG4521.jpg

CIMG4522.jpg

明日25日(土)の夜、今朝まで係留していた船溜りで花火が打ち上げられるため、そこに係留している船は全て移動しなければなりません。

明日の夕方までに移動すれば良かったのですが、風が強くならない内に移動しておこうと思い今朝移動しました。
移動先は、漁協市場の裏側で、製氷工場から漁船への氷の積込みが邪魔にならない場所です。

本格的に台風が接近した場合は、ここでは危険なので、漁船は全て今朝まで居た奥の船溜りへ移動するそうです。

あと4~5日のんびり過ごします。

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

内之浦港 滞在3日目

2012-08-23
2012年8月23日(木) 18時 記

今日で、鹿児島県肝付町の内之浦港に滞在3日目です。

昨日発生したジブファーラーのトラブルは、再度マストを倒してファーラーのトップを修理して解決しました。
ファーラーの部品、フォアステー、ジブハリヤードなどに損傷もなく、無事修理ができてホッとしました。

明後日25日(土)の夜、目の前で花火大会が行われるため、係留場所を移動するよう求められてますので、明日の朝移動しようと思っています。

何だかんだと結構忙しく過ごしています。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

内之浦港で台風非難することに決めました

2012-08-22
2012年8月22日(水) 19時 記

ここ、鹿児島県肝付町の内之浦港で台風非難することに決めました。
台風対策として、まずジブセールを下ろそうとしたのですが、降りてきません。

ジブファーラーのスライダーがトップで固着しているのではないかと思い、マストを倒して点検したところ、やはり固着していたのでCRCを塗布して、動きを確認してからマスト立てました。

CIMG4515.jpg

CIMG4513.jpg

マストを立て終えた後、ジブセールを下ろそうとしましたが、また降りてきません。
まだ問題があるようです。

明日再度マストを倒して点検します。

今日は結構疲れました。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

内之浦港に到着しました

2012-08-21
2012年8月21日(火) 19時 記

今朝、5時40分に鹿児島県指宿市にある山川港を出港し、15時40分に、鹿児島県肝属郡肝付町にある内之浦港に到着しました。
51.3マイルの航程でした。

佐多岬までは風も良く順調に走ったのですが、佐多岬を回った後風が進行方向に回って強くなり、7時間ほど揺れ通しでした。

開聞岳も見納めです。
CIMG4472.jpg

CIMG4478.jpg

大隅半島南端の佐多岬です。
CIMG4481.jpg

CIMG4485.jpg

佐多岬を回って北東方向に進みます。
CIMG4486.jpg

佐多岬を回った後、強い北東風が吹いてきて、佐多岬がなかなか遠くなりません。
CIMG4490.jpg

鹿児島県志布志市にある志布志湾入口南側の火崎です。
CIMG4493.jpg

志布志湾口です。
CIMG4495.jpg

火崎を回り込むと内之浦湾です。
CIMG4496.jpg

内之浦港が見えてきました。
CIMG4498.jpg

CIMG4499.jpg

沖一文字防波堤です。
CIMG4501.jpg

CIMG4502.jpg

CIMG4503.jpg

沖一文字防波堤の白灯台を回ると港口です。
CIMG4504.jpg

港に入ってすぐの漁協前岸壁です。
CIMG4506.jpg

CIMG4507.jpg

さらに右方向に進むと奥の船溜りがあり、突当たりの岸壁が空いてました。
CIMG4508.jpg

CIMG4509.jpg

CIMG4510.jpg

岸壁から漁協方向を見たところです。
CIMG4511.jpg

奥の船溜りの道路側は岸壁ではなく、砂浜のままです。
CIMG4512.jpg

係留した後、漁協まで行って許可をもらいました。

台風が接近したら、漁船は全て奥の船溜りへ移動するとのこと。
その時に、ヨットをどうするか連絡してくれるとのことでした。

明日は、ここで台風15号の進路をチェックして、明後日以降どうするか決めることにします。
選択肢の一つは、宮崎サンマリーナまで行って(53マイル)、台風非難ということで入港させてもらうこともできるのではないかと思っています。

しかし、ここにも歩いて10分ほどのところに「コスモピア内之浦」というホテルがあって、温泉の日帰り入浴ができるとのことなので、ここで台風非難しても良いと思っています。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日は山川で休養しました

2012-08-20
2012年8月20日(月) 18時30分 記

今日は、鹿児島県指宿市の山川港で休養しました。

路線バスに乗ってヘルシーランドの「たまて箱温泉」という展望露天風呂へ行ってきました。
展望露天風呂からの眺望で、鹿児島湾と大隅半島です。
CIMG4469.jpg

大隅半島と太平洋です。
CIMG4470.jpg

太平洋と長崎鼻です。
CIMG4471.jpg

開聞岳です。
CIMG4468.jpg

今まで行った温泉の中で最高の温泉になりました。
バス代160円、入浴料500円(道の駅で割引券をもらえば400円)でした。

昨日のブログで紹介しました、漁業指導取締船用桟橋のすぐ奥の船溜りの防波堤は、大潮の満潮時には沈みかけるので係留時は要注意です。
CIMG4465.jpg


山川は良いところです。
もっと居たいのですが、マリアナ海付近の熱帯低気圧が台風になるのではないかとびくびくしていたところ、ついに台風15号になりました。

進路予想を見ると、気象庁、米軍とも九州直撃はなさそうなので多分大丈夫と思うのですが、台風シーズンに、台風銀座でのんびりしている訳にもいかないので、早々に移動することにしました。

明日朝早く内之浦へ向けて出港します。
未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

山川港に到着しました

2012-08-19
2012年8月19日(日) 19時40分 記

今朝、5時40分に鹿児島県枕崎市の枕崎港を出港し、10時30分に鹿児島県指宿市の山川港に到着しました。
25.1マイルの航程でした。

出港直後から、薩摩富士と呼ばれる美しい開聞岳が見えました。
CIMG4408.jpg

一路開聞岳の右側のすそ野を目指して進みます。
CIMG4413.jpg

CIMG4417.jpg

開聞岳を回り込むと鹿児島湾(錦江湾)はもうすぐです。
CIMG4436.jpg

薩摩半島の対岸の大隅半島です。
CIMG4437.jpg

長崎鼻を回って鹿児島湾(錦江湾)に入りました。
CIMG4444.jpg

赤水鼻です。
CIMG4445.jpg

山川港の入口が見えてきました。
CIMG4447.jpg

CIMG4448.jpg

CIMG4449.jpg

CIMG4450.jpg

CIMG4451.jpg

CIMG4453.jpg

CIMG4454.jpg

CIMG4455.jpg

CIMG4456.jpg

鹿児島県の漁業指導取締船用の桟橋に係留させて頂きました。
CIMG4457.jpg

CIMG4459.jpg

CIMG4462.jpg

CIMG4464.jpg

CIMG4458.jpg

係留した桟橋のすぐ奥にある船溜りです。地元のヨットが一隻係留しています。
CIMG4460.jpg

この船溜りの入口防波堤の右側が空いていて係留可能ですが、漁協の許可が取れるかどうかは分かりません。
CIMG4461.jpg

CIMG4463.jpg


この漁業指導取締船の桟橋は、ヨット「TAMA」さんのブログなどで前から知っていたのですが、取締船が帰ってくると退去指示が出されると聞いていたので係留は難しいかと思っていました。

ところが、昨日枕崎の岸壁で偶然山川在住の方に声をかけて頂きいろいろお聞きしたところ、漁業取締船の桟橋は海から見て右側は係留できるとの情報を頂きましたので係留しました。

桟橋の掲示板を読む限り、プレジャーボートの係留を認めている訳ではないですが、台風が接近してなくて、右側が空いていれば係留させてもらえるのではないかと思います。

今日は、昨日枕崎でお会いした方に車で指宿の温泉まで連れていって頂きました。

明日は、ここで休養します。
未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)

枕崎港に入りました

2012-08-18
2012年8月18日(土) 13時 記
20時 追記

今朝、鹿児島県南さつま市の野間池港にある笠沙恵比寿を出港し、10時に鹿児島県枕崎市の枕崎港に入港しました。
21.1マイルの航程でした。

出港直後の朝日です。
CIMG4380.jpg

野間岬です。
CIMG4383.jpg

坊岬の向こうに開聞岳が見えます。
CIMG4384.jpg

坊岬と灯台です。
CIMG4386.jpg

枕崎の南にある奇岩、立神です。
CIMG4390.jpg

枕崎の街並みが見えてきました。
CIMG4392.jpg

CIMG4393.jpg

左が沖一文字防波堤で、右が港の防波堤です。
CIMG4394.jpg

一文字防波堤を超えると港口です。
CIMG4395.jpg

CIMG4396.jpg

港に入ると、最奥にある漁港の入口があります。
CIMG4398.jpg

漁協市場と公共岸壁です。
CIMG4399.jpg

公共岸壁に係留完了しました。
CIMG4400.jpg

CIMG4401.jpg


今日は、最初は鹿児島県指宿市の山川港を目指したのですが、坊岬回ってから風が南東に変わり、進行方向から風を受けることになったため、山川港の到着が午後3時を過ぎてしまうことが予想されたため、急きょ予定を変更して枕崎港に入港することにしました。

明日、鹿児島県指宿市の山川港を目指します。
>>続きを読む・・・
未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(0)

今日は笠沙恵比寿で休養しました

2012-08-17
2012年8月17日(金) 16時10分 記

今日は、鹿児島県南さつま市の野間池港にある笠沙恵比寿で休養しました。

昨日は、串木野フィッシャリーナから笠沙恵比寿まで一緒に走ってきたヨット「ナガマーレ」の皆さんと夕食をともにさせて頂きました。

「ナガマーレ」の皆さんです。
CIMG4360.jpg

CIMG4362.jpg

「ナガマーレ」の皆さんと大変楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
「ナガマーレ」の皆さん、有難うございました。

「ナガマーレ」さんは、今朝山川港に向けて出港されました。
CIMG4364.jpg

明日は、風が良ければ山川港まで行こうと思います。
風が良くなければ、枕崎港に入ろうと思います。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

野間池港の笠沙恵比寿に到着しました

2012-08-16
2012年8月16日(木) 16時15分 記

今朝9時に、鹿児島県いちき串木野市にある串木野フィッシャリーナを出港し、12時30分に鹿児島県南さつま市の野間池港にある笠沙恵比寿に到着しました。
19.4マイルの航程でした。

昨日串木野フィッシャリーナで、今年の2月に東京で行われた長距離航海懇話会でお会いしたヨット「ナガマーレ」さんに偶然再会しました。

今日は串木野で休養しようと考えていたのですが、「ナガマーレ」さんが今日笠沙恵比寿へ向かうとのことでしたので、急きょ予定を変更して一緒に出港して笠沙恵比寿へ向かうことにしました。

野間半島を目指して先行する「ナガマーレ」さんです。
CIMG4335.jpg

CIMG4336.jpg

CIMG4337.jpg

CIMG4338.jpg

CIMG4339.jpg

CIMG4340.jpg

CIMG4341.jpg

CIMG4343.jpg

野間池港の入口です。手前の赤ブイを右に見て、向こうの緑ブイ3個を左に見て入ります。
CIMG4344.jpg

赤ブイです。
CIMG4345.jpg

緑ブイです。
CIMG4346.jpg

さらに進むと狭い水路があるので、中央を慎重に進みます。
CIMG4347.jpg

CIMG4348.jpg

水路を抜けると水面が広がり、左手に笠沙恵比寿のポンツーンがあります。
CIMG4349.jpg

手前のヨットは、今給黎教子氏のヨット「海連」です。
CIMG4350.jpg

左の建物が笠沙恵比寿です。
CIMG4351.jpg

ビジター用のバースは一隻分しかないので、「ナガマーレ」さんに横抱きさせて頂いて係留完了しました。
CIMG4359.jpg

CIMG4355.jpg

迫正人氏のヨット「垂乳根」が展示されています。
CIMG4356.jpg

CIMG4357.jpg

今給黎教子氏のヨット「海連」です。
CIMG4358.jpg

ここの係留料は、一日2,000円で、入浴と水道は無料です。電気は一日500円です。

明日はここで休養します。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

串木野フィッシャリーナに到着しました

2012-08-15
2012年8月15日(水) 16時 記

今朝、5時45分に鹿児島県薩摩川内市の上甑島にある里港を出港し、11時に鹿児島県いちき串木野市にある串木野フィッシャリーナに到着しました。

20.7マイルの航程でした。

上甑島里港沖の小島群です。
CIMG4315.jpg

串木野の北、羽島崎の沖にある沖の島です。
CIMG4318.jpg

串木野の街並みが見えてきました。
CIMG4319.jpg

CIMG4320.jpg

串木野フィッシャリーナの沖です。広々としてますが、暗礁地帯なので大回りします。
CIMG4321.jpg

CIMG4322.jpg

フィッシャリーナ入口の一文字防波堤です。
CIMG4323.jpg

CIMG4324.jpg

CIMG4325.jpg

一文字防波堤を回り込むとフィッシャリーナ入口です。
CIMG4326.jpg

港内にもう一つ防波堤があり、その向こうがフィッシャリーナです。
CIMG4327.jpg

入ってすぐがビジターバースとのことですが、見たところ混んでます。
CIMG4328.jpg

地元のヨットマンの方に誘導して頂いて係留完了しました。
CIMG4329.jpg

CIMG4331.jpg

CIMG4332.jpg

CIMG4333.jpg

フィッシャリーナ全景です。
CIMG4334.jpg

ここの係留料はまだ払ってないので後で報告します。
桟橋に電気、水道はありません。

近くに公園があり、そこにトイレと水道があります。
風呂も歩いて10分くらいのところにあるとのことです。

買い物は歩いて15分くらいのところにスーパーあるそうです。

入港時に見たように、幾重にも防波堤があり、かつ高さも高いので台風非難できるようです。
かつて960HP の台風がすぐそばを通過したそうですが、なんともなかったそうです。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日も上甑(こしき)島の里港で休養しました

2012-08-14
2012年8月14日(火) 14時30分 記

今日も、鹿児島県薩摩川内市の上甑島にある里港で休養しました。

お盆休みのため、里町は大勢の帰省客や観光客で賑わっていて、レンターカーもレンタサイクルも全て出払っていて借りることができませんでした。

仕方ないので路線バスを乗り継いで、上甑島の中甑港(中甑港は上甑島にあります)と中甑島の平良港へ行ってきました。

中甑港から見た、中甑島(左)と中島(中央)です。中島の左側に鹿の子大橋、右側に甑大明神橋が見えています。
CIMG4310.jpg

中甑港です。
CIMG4312.jpg

CIMG4311.jpg

港の奥の漁港です。
CIMG4313.jpg

CIMG4314.jpg

中甑島にある平良港の最奥の漁港入口の狭い水路です。
CIMG4298.jpg

狭い水路から入って右側に漁協と岸壁があります。
CIMG4301.jpg

漁協と岸壁です。
CIMG4299.jpg

バスの窓から見た、甑大明神です。
CIMG4307.jpg

この大岩が御神体だそうです。
CIMG4308.jpg

甑大明神橋です。
CIMG4309.jpg

明日は、鹿児島県いちき串木野市にある串木野港へ向かいます。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日は、上甑(こしき)島の里港で休養しました

2012-08-13
2012年8月13日(月) 21時20分 記

今日は、鹿児島県薩摩川内市の上甑(こしき)島にある里港で休養しました。

昼は、五穀豊穣を祈る里地区の伝統行事である「かずらたて」を見学しました。
CIMG4291.jpg

CIMG4292.jpg

夜は、カラオケ大会、歌謡ショー、花火大会で楽しみました。

里交流センター「甑島館」では温泉が330円で利用でき、コインランドリーもあります。
港の前には小型のスーパーが2軒ありますが、夕方6時には閉まってしまうので要注意です。

昨日潜って船底をチェックしたところ、プロペラにはフジツボの稚貝がうっすらと付いていただけでしたが、船体の方には所どころびっしりとフジツボとは異なる貝類が付着していたので、スクレーパーで必死に落しました。

その疲れがまだ取れないようなので、明日もここで休養しようと思います。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

上甑(こしき)島の里港に到着しました

2012-08-12
2012年8月12日(日) 21時 記

今朝6時30分に、鹿児島県阿久根市の阿久根港を出港し、11時10分に鹿児島県薩摩川内市の上甑(こしき)島の里港に到着しました。
18.3マイルの航程でした。

里港の北西側にある小島群が見えてきました。雨が降っています。
CIMG4265.jpg

CIMG4267.jpg

CIMG4268.jpg

CIMG4269.jpg

CIMG4270.jpg

里の町並みが見えてきました。
CIMG4271.jpg

CIMG4273.jpg

CIMG4275.jpg

里港北西側にある小島群を振り返りました。
CIMG4276.jpg

CIMG4277.jpg

中央の白い建物は里交流センター「甑島館」です。
CIMG4279.jpg

CIMG4280.jpg

一文字防波堤を交わすと里港の入り口です。
CIMG4281.jpg

甑島館の前に海中展望船の桟橋があります。
CIMG4282.jpg

港に入って右側は、漁協のある港です。入り口の防波堤は改修工事中でした。
CIMG4283.jpg

とりあえず、海中展望船の桟橋に着けて、甑島館へ許可を求めに行ったところ、明日が花火大火なので係留できないとのことでした。
CIMG4284.jpg

CIMG4285.jpg

仕方ないので、港に入って右側(北側)の漁協のある港へ行って岸壁に係留しました。漁協へ行ったのですが休みだったので、組合員の方に聞いたところ、あそこならいいよとのことでした。
CIMG4286.jpg

CIMG4287.jpg

CIMG4288.jpg

この岸壁は、東側が開いているため東よりの風が吹くと大変なことになるようです。アンカーも効きにくいとのことなので、風が吹かないことを祈るのみです。

明日は、昼間は里町の五穀豊穣を祈る伝統行事「かずらたて」が行われ、夜は港で花火大会が行われ、夜店に歌謡ショーにカラオケ大会だそうです。

明日は忙しそうです。

未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

今日は阿久根で休養です

2012-08-11
2012年8月11日(土) 14時 記

今日は、鹿児島県阿久根市の阿久根旧港で休養しています。

昨日日帰り入浴に行ってきた、ホテル「グランビューあくね」から見た景色です。
大島(左)と桑島です。
CIMG4258.jpg

遠く天草下島も見えています。
CIMG4259.jpg

「グランビューあくね」には展望露天風呂があって、上の写真と同じ景色を楽しみながら入浴できます。
入浴料は350円で、レストランを使用すれば入浴料はサービスになるようです。

ただし、行く時の最後の500mは急な上り坂なので気合いが要ります。

明日は甑島の里港へ行きたいのですが、天気予報では午前中は雷を伴った激しい雨が降る地域があるとのことなので、様子を見ることにします。

昨日の夜8時過ぎから明け方にかけて雷を伴った激しい雨に見舞われましたので、あのような状況では出港取り止めにしようと思っています。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

鹿児島県の阿久根港に到着しました

2012-08-10
2012年8月10日(金) 16時50分 記

今朝6時に、熊本県天草下島南端の牛深港を出港し、9時に鹿児島県阿久根市の阿久根港(旧港)に到着しました。
13.8マイルの航程でした。

出港直後の朝日です。
CIMG4223.jpg

出港後から左側に見えていた長島で、すでに鹿児島県です。
CIMG4225.jpg

左側が長島で右側は鹿児島県阿久根市で、その間が八代海と東シナ海を結ぶ黒之瀬戸です。
CIMG4230.jpg

望遠にすると黒之瀬戸大橋がかすかに見えます。
CIMG4231.jpg

阿久根港沖の桑島と大島が見えてきました。
CIMG4233.jpg

右が桑島で、左が大島です。
CIMG4234.jpg

阿久根の街並みですがはっきりしません。
CIMG4235.jpg

桑島です。
CIMG4237.jpg

大島です。
CIMG4238.jpg

阿久根港沖の一文字防波堤です。
CIMG4241.jpg

一文字防波堤を回り込むと阿久根旧港の入口が見えます。
CIMG4245.jpg

旧港の入口にも小さな一文字防波堤があります。
CIMG4247.jpg

旧港の入口です。
CIMG4248.jpg

旧港内のポンツーンに係留させて頂きました。
CIMG4249.jpg

CIMG4250.jpg

CIMG4251.jpg

阿久根新港のポンツーンです。
CIMG4253.jpg

旧港に係留した後、新港にある漁協へ行って係留の許可を求めたところ、旧港のポンツーンなら係留して良いとのこと。新港のポンツーンは漁船が着けるので係留不可とのことでした。

旧港のポンツーンは油タンクの前にあり、漁船の給油用に使われていたようですが、今は使われてないようです。
旧港の方が町の中心部に近く便利です。

旧港でも漁船の荷降ろしを行っていて、トイレも水もあります。
あまりの暑さに、水道を借りて水浴びしました。

風呂は、歩いて20分ほどの丘の上にグランビュー阿久根というホテルがあり日帰り入浴ができるそうなので行ってきます。

明日はここで休養します。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日は牛深で休養しました

2012-08-09
2012年8月9日(木) 17時 記

今日は、熊本県の天草下島の最南端にある牛深港で休養しました。
昨日、ここでお会いした兵庫のヨット「SARDINE 4」は朝早く、北へ向けて出港しました。

昼過ぎから、また「やすらぎの湯」へ行ってきました。
昨日は、無料送迎バスに乗りそこなったため路線バスで行ったのですが、今日は早めに行って無事乗ることができました。

明日は、鹿児島県の阿久根港へ向かいます。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

牛深港に到着しました

2012-08-08
2012年8月8日(水) 20時 記

今朝6時に本渡港を出港し、本渡瀬戸を通って11時30分に天草下島の最南端にある牛深港に到着しました。
22.6マイルの航程でした。

本渡瀬戸の入口です。
CIMG4181.jpg

CIMG4182.jpg

手前の橋が天草瀬戸大橋でループ橋になっていて、その向こう側に昇降式可動橋の本渡瀬戸歩道橋があります。ヨットが入ってきたのを見て橋桁を上げ始めてくれています。
CIMG4183.jpg

橋桁が上がり切りました。
CIMG4184.jpg

CIMG4185.jpg

CIMG4186.jpg

H.W.L.(HIGH WATER LEVEL)から17mと表示されています。
CIMG4187.jpg

狭い水路が始まりました。
CIMG4189.jpg

CIMG4190.jpg

通過したのが干潮時だったので、所どころ岩礁や浅瀬がせり出しているのが見えます。満潮時だと見えないかもしれないので要注意です。
CIMG4191.jpg

CIMG4192.jpg

CIMG4193.jpg

瀬戸を抜けました。
CIMG4194.jpg

瀬戸を抜けて少し走ると正面に見えてくるのが横島で、今度はその右側(西側)の七返瀬戸を通過します。
CIMG4196.jpg

七返瀬戸です。
CIMG4197.jpg

七返瀬戸を抜けると、横島の東側から海図に記載のない大きないけすが延々と続いていました。
CIMG4203.jpg

CIMG4204.jpg

いけすの向こうは獅子島です。
CIMG4205.jpg

CIMG4206.jpg

このブイはいけすの南西端を示す標識ブイかもしれません。これと似たブイが横島の東側から南西方向に合計8個海図に記載されているので、それらのブイの内側にいけすが設置されたのかもしれません。いずれにしても、横島の東側は通りにくくなっているかもしれないので要注意です。
CIMG4207.jpg

牛深の街並みが見えてきました。
CIMG4212.jpg

CIMG4213.jpg

CIMG4214.jpg

白い水平の橋は、牛深ハイヤ大橋です。
CIMG4215.jpg

CIMG4216.jpg

CIMG4217.jpg

ハイヤ大橋をくぐってすぐ右側に水中観光船の桟橋があり、使用してないところに係留させて頂きました。
CIMG4218.jpg

桟橋の先端に係留完了しました。
CIMG4219.jpg

桟橋には、兵庫から来たヨット「SARDINE 4」が係留していました。枕崎から折り返して帰途についているところだそうです。
CIMG4220.jpg

この桟橋は、出入りする漁船の引き波で常に大きく揺れるのであまり居心地はよくありません。
風呂は、牛深温泉やすらぎの湯があって、海彩館前を無料送迎バスが通りますが、便数が少ないので時刻表を確認しておく必要があります。

明日はここで休養します。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

成合津を出港し、本渡港に到着しました

2012-08-07
2012年8月7日(火) 20時50分 記

今朝、8時30分に成合津を出港し、12時30分に天草下島の本渡港に到着しました。
16.1マイルの航程でした。

成合津の出口です。
CIMG4154.jpg

島原半島の雲仙普賢岳です。
CIMG4158.jpg

本渡港が見えてきました。
CIMG4160.jpg

CIMG4162.jpg

本渡港の入港コースは細長く、左右は広々としてますが、海図では水深2m以下です。
CIMG4163.jpg

水路入口にある赤灯台を右舷に見て入ります。
CIMG4164.jpg

水路の出口にある緑灯台を左舷に見て出ます。
CIMG4166.jpg

CIMG4170.jpg

水路右側にある防砂堤です。
CIMG4169.jpg

本渡港です。
CIMG4172.jpg

港の奥のポンツーンに係留完了しました。
CIMG4173.jpg

CIMG4174.jpg

CIMG4177.jpg

ポンツーンに天草ヨットクラブの坪田さんがお見えになり、車でクラブの泊地へ案内して頂きました。
CIMG4176.jpg


今日からブログを再開しましたので、またよろしくお願いいたします。

成合津には7月21日に到着以来、ヨットを17日間係留させて頂きました。
その間、一週間ほど一時帰宅したあと家内とともに成合津に戻り、レンタカーで阿蘇、天草、雲仙、長崎と旅行して来ました。

これからのコースですが、今年は最終的に沖縄まで行きたいのですが、台風シーズンが終わるまで九州(鹿児島、宮崎、大分)と四国を回ろうと思っています。

明日は、本渡瀬戸を通って天草下島の南にある牛深港へ向かいます。
未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。