10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

浜名湖入口の舞阪漁港に到着しました

2013-11-30
2013年11月30日(土) 15時15分 記
20時50分 追記

今朝6時3分に、三重県志摩市の波切港を出港し、12時21分に静岡県浜松市の舞阪漁港に到着しました。

43.6マイルの航程でした。
天気は晴れ、西の風風力4、波高1.5m、のち西の風風力6、波高2.5m、のち西の風風力4、波高1.5mでした。

中央が波切港で、右上が舞阪漁港です。
IMG_8606.jpg

今日は朝日が雲の中から昇りました。
IMG_8578.jpg

遠州灘の海岸線です。
IMG_8580.jpg

望遠にしてみました。荒々しい崖が続いています。
IMG_8583.jpg

浜名湖の入口が見えてきました。
IMG_8586.jpg

IMG_8587.jpg

浜名大橋が見えてきました。
IMG_8588.jpg

IMG_8589.jpg

防波堤先端の赤灯台が見えています。
IMG_8590.jpg

IMG_8591.jpg

IMG_8592.jpg

浜名大橋です。
IMG_8593.jpg

IMG_8594.jpg

橋をくぐるとすぐに水路が右と左へ分かれるので、右へ行きます。
IMG_8595.jpg

左側は浅いので、出来るだけ陸寄りを通ります。
IMG_8596.jpg

弁天島です。温泉があります。
IMG_8597.jpg

舞阪漁港の方向です
IMG_8598.jpg

舞阪漁港です。
IMG_8599.jpg

IMG_8600.jpg

港口です。
IMG_8601.jpg

港に入って右側の岸壁に係留する許可をもらいました。
IMG_8602.jpg

係留完了しました。
IMG_8603.jpg

IMG_8604.jpg

浜名湖です。入口は今切口と呼ばれ、潮流が速いので要注意です。
IMG_8607.jpg

左へ行くと、JRの鉄橋の手前左側に新居漁港がありますが、可航幅が狭く水路から外れると極端に浅いので要注意です。
IMG_8609.jpg

橋をくぐるとすぐに水路が右と左に分かれます。
IMG_8608.jpg

IMG_8610.jpg


明日は、天候が許せば、静岡県御前崎市の御前崎港へ向かいます。


2013年11月30日(土) 20時50分 追記

弁天島温泉のホテル「開春楼」の日帰り入浴へ行ってきました。
徒歩20分で800円でした。

良い温泉でした。
露天風呂もあるのですが、男女混浴なので水着着用です。
水着は200円で貸してくれます。

飲食店は、温泉へ行く途中に、高級店から居酒屋まで3~4軒あります。
コンビニはつぶれてました。

スーパーは分かりません、多分近くには無いと思います。
トイレは岸壁にあります。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(6) | トラックバック:(1)

今日も波切港で休養しました

2013-11-29
2013年11月29日(金) 17時20分 記

今朝の天気予報をチェックしたところ、遠州灘に強風波浪注意報が出ていたので、出港を見合わせて三重県志摩市の波切港で休養しました。

今日は、路線バスと電車を乗り継いで、近鉄志摩神明駅の近くにある、ホテル「プロヴァンス」の日帰り入浴へ行ってきました。

明日は、風も落ちるようなので、静岡県浜名湖入口の舞阪漁港へ向かいます。

未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(0)

今日は波切港で休養しました

2013-11-28
2013年11月28日(木) 17時30分 記

今日は北西の風が強かったので、出港せずに三重県志摩市の波切港で休養しました。

大王崎灯台です。
IMG_8573.jpg

IMG_8574.jpg

波切港です。
IMG_8575.jpg

沖は一面白波です。
IMG_8576.jpg


波切港の今係留している岸壁は、北寄りの風が吹くと岸壁に押し付けられて、さらに波が入ってきて結構揺れるので、居心地は良くありません。
また、岸壁は下部がえぐれているのでフェンダー当たり要注意です。

風呂は、近くの民宿「大王荘」で500円で入れてもらえます。
飲食店は、「大王荘」のすぐ隣の「田中料理店」があります。

スーパーは徒歩25分くらいのところにあります。
港の近くにきれいなトイレがあります。


明日は、静岡県浜松市の浜名湖入口にある舞阪漁港へ向かいたいのですが、午後から西風がかなり強くなるとの予報なので、午前中に入ることのできる、愛知県田原市の赤羽根漁港へ向かうことも考えています。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(2)

波切港に到着しました

2013-11-27
2013年11月27日(水) 16時15分 記

今朝5時48分に、三重県尾鷲市の尾鷲港を出港し、13時3分に三重県志摩市の波切港に到着しました。

39.9マイルの航程でした。
天気は快晴、北西の風風力2、波高0.5m、のち北西の風風力3、波高1m、のち北の風風力2、波高0.5mでした。

中央が尾鷲港で、右上が波切港です。
IMG_8569.jpg


今日は、午後から風が強くなるとの予報だったので、暗いうちに出港しました。
左の島が佐波留島で、右が桃頭島です。
IMG_8523.jpg

朝日がきれいでした。
IMG_8537.jpg

大王埼が見えてきました。
IMG_8547.jpg

IMG_8548.jpg

IMG_8549.jpg

IMG_8550.jpg

IMG_8551.jpg

大王埼灯台です。
IMG_8552.jpg

大王埼のすぐ向こう側が波切港です。大王埼灯台の右側に波切港の防波堤先端の白灯台が見えています。
IMG_8553.jpg

中央少し左側が波切港の港口ですが、右側の大王島との間に岩礁があるので、安全のため大王島を回ります。
IMG_8554.jpg

IMG_8555.jpg

大王島を回りました。
IMG_8556.jpg

大王埼と波切港です。
IMG_8557.jpg

IMG_8558.jpg

港口です。
IMG_8559.jpg

IMG_8560.jpg

IMG_8561.jpg

IMG_8562.jpg

IMG_8563.jpg

IMG_8564.jpg

漁港の船溜まりの方向です。
IMG_8565.jpg

漁港の北側の公共岸壁です。ここに係留します。
IMG_8566.jpg

係留完了しました。
IMG_8567.jpg

IMG_8568.jpg

右上が大王埼と波切港で、中央は布施田水道です。
IMG_8570.jpg

大王島の内側を通れないことはないと思うのですが、岩がいくつも見えて気持ち悪いので止めました。
IMG_8571.jpg

入港直後から南西の風がかなり強くなってきたのですが、何故か波が来て揺れます。
IMG_8572.jpg


明日も風が強いようなので、出港せずにここで休養します。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日も尾鷲港で休養しました

2013-11-26
2013年11月26日(火) 15時20分 記

今日は、目的地の志摩市に強風波浪注意報が出ていたので、出港を見合わせて、三重県尾鷲市の尾鷲港で休養しました。

今係留している岸壁の回りの様子です。突堤には作業船が係留するので、ヨットは突堤の付け根のところにしか係留できません。
IMG_8516.jpg

突堤の反対側(北側)の岸壁です。
IMG_8517.jpg

突堤の北側には巡視船「すずか」が普段係留しているようです。突当たりの岸壁も空いていれば係留できそうですが、よく分かりません。
IMG_8519.jpg


明日は、午前中であれば風はそれほど強くならないようなので、早めに出港して三重県志摩市の波切漁港へ向かいます。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日は尾鷲港で休養しました

2013-11-25
2013年11月25日(月) 19時10分 記

今日は、雨、風ともに強かったので、出港せずに三重県尾鷲市の尾鷲港で休養しました。

次の目的地は三重県志摩市の波切漁港ですが、志摩市には明日も強風注意報が残るようなので、出港するかどうかは明日の朝の最新情報で決めることにします。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

尾鷲港に到着しました

2013-11-24
2013年11月24日(日) 17時20分 記

今朝6時18分に、和歌山県那智勝浦町の勝浦港を出港し、13時30分に三重県尾鷲市の尾鷲港に到着しました。

38.1マイルの航程でした。
天気は快晴、北西の風風力3、波高0,5m、新宮沖通過中に熊野川出しを受けた時に北西の風風力5、波高1.5m、のち南の風弱く、波高0.5mでした。

中央下が那智勝浦港で、右上が尾鷲港です。
IMG_8513.jpg

朝焼けがきれいでした。勝浦港出口の乙島灯台と、その右側に鰹島灯台が見えています。
IMG_8451.jpg

鰹島灯台です。
IMG_8454.jpg

今日は、水平線から朝日が昇りました。
IMG_8456.jpg

望遠にしてみました。
IMG_8458.jpg

IMG_8459.jpg

IMG_8460.jpg

那智湾北側の駒ヶ埼です。
IMG_8471.jpg

那智湾入口の大平石と大平石灯台です。
IMG_8472.jpg

IMG_8473.jpg

駒ヶ埼のすぐ沖には定置網があるので、三木埼を直接目指せません。
IMG_8474.jpg

三木埼がうっすらと見えてきました。
IMG_8475.jpg

IMG_8476.jpg

IMG_8478.jpg

IMG_8479.jpg

IMG_8480.jpg

岬の中腹に三木埼灯台が見えています。
IMG_8481.jpg

IMG_8482.jpg

IMG_8483.jpg

IMG_8484.jpg

IMG_8485.jpg

IMG_8486.jpg

三木埼を回ると次は九木埼です。
IMG_8487.jpg

左側は九木漁港のある久木浦の入口です。
IMG_8488.jpg

IMG_8489.jpg

久木埼です。
IMG_8490.jpg

IMG_8491.jpg

久木埼を回ると那智湾はもうすぐです。桃頭島が見えてきました。
IMG_8492.jpg

IMG_8493.jpg

桃頭島の右側に見えてきたのは、佐波留島です。
IMG_8494.jpg

桃頭島と佐波留島の間を通ります。
IMG_8495.jpg

佐波留島です。
IMG_8497.jpg

IMG_8499.jpg

尾鷲の火力発電所の煙突が見えてきました。
IMG_8496.jpg

IMG_8498.jpg

尾鷲の街並みが見えてきました。
IMG_8500.jpg

IMG_8501.jpg

IMG_8502.jpg

IMG_8503.jpg

港口が見えてきました。
IMG_8504.jpg

IMG_8505.jpg

IMG_8506.jpg

港に入って斜め右方向へ向かいます。
IMG_8507.jpg

突堤の左側の岸壁へ向かいます。
IMG_8508.jpg

突堤の付け根のところに係留します。
IMG_8509.jpg

係留完了しました。
IMG_8510.jpg

IMG_8511.jpg

IMG_8512.jpg

IMG_8514.jpg

IMG_8515.jpg


明日は天気が崩れて、風も強まるようなので、出港せずにここで休養します。
未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)

今日は、那智勝浦港で休養しました

2013-11-23
2013年11月23日(土) 17時 記

今日は、和歌山県那智勝浦町の勝浦港で休養しました。

昨日は、勝浦港入口の中の島にある「ホテル中の島」の日帰り入浴(1,000円)へ行き、今日は「ホテル浦島」の日帰り入浴(1,000円)へ行ってきました。

「ホテル浦島」には六つの湯があって、全ての湯に入ることが出来ます。
洞窟温泉の「忘帰洞」と、32階にあって展望露天風呂のある「天海の湯」は良かったです。

結局六つの湯の内、あと一つ33階にあって見晴らしの良い「天海の湯」に入るのが精一杯でした。

「ホテル浦島」のある狼煙山とホテルの屋上からの眺望です。時計回りで連続です。
昨日通った燈明埼とその左側に鰹島が見えます。
IMG_8438.jpg

勝浦湾から森浦湾の方向です。右下は勝浦港へ入る狭い水路で、勝浦港ケタノ鼻灯台が見えています。
IMG_8439.jpg

勝浦港へ入る狭い水路を抜けたところで、上は中の島です。
IMG_8446.jpg

「ホテル中の島」です。
IMG_8447.jpg

勝浦港です。
IMG_8450.jpg

ヨットを係留した岸壁の方向です。
IMG_8443.jpg

望遠にしてみました。突当たりの岸壁の右の外れにヨットが見えます。
IMG_8445.jpg

さらに望遠にしてみました。岸壁の右端に居ます。
IMG_8444.jpg

那智湾と那智漁港です。
IMG_8436.jpg

那智湾の北側にある駒ヶ埼です。
IMG_8437.jpg


和歌山県には、良い温泉がたくさんあることを初めて知りました。
温泉三昧の和歌山県でした。

明日は、天候が許せば、三重県尾鷲市の尾鷲港へ向かいます。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(1)

那智勝浦港に到着しました

2013-11-22
2013年11月22日(金) 13時 記

今朝7時6分に、和歌山県串本町の串本港を出港し、9時57分に和歌山県那智勝浦町の勝浦港に到着しました。

15.5マイルの航程でした。
天気は快晴、北西の風風力3、波高0.5mでした。

中央下が串本港で、その右上が那智勝浦港です。
IMG_8430.jpg

潮岬と大島に挟まれた串本港です。
IMG_8431.jpg

岸本港を出港したところです。右は大島の戸島埼です。
IMG_8379.jpg

正面右は箱島です。
IMG_8380.jpg

IMG_8382.jpg

左側の島は九龍島です。
IMG_8381.jpg

IMG_8383.jpg

IMG_8387.jpg

今朝は気温が低いので、箱島の回りの海面に水蒸気が見えます。
IMG_8390.jpg

勝浦港の南側の梶取埼が見えてきました。
IMG_8392.jpg

IMG_8393.jpg

IMG_8396.jpg

梶取埼灯台が見えています。
IMG_8397.jpg

IMG_8398.jpg

IMG_8399.jpg

IMG_8400.jpg

梶取埼の北の燈明埼を回ると勝浦湾です。
IMG_8401.jpg

IMG_8402.jpg

IMG_8403.jpg

中央に勝浦湾の鰹島灯台が見えています。
IMG_8404.jpg

定置網があるので大回りします。
IMG_8405.jpg

IMG_8406.jpg

定置網を回って鰹島灯台を目指します。
IMG_8407.jpg

IMG_8408.jpg

IMG_8409.jpg

鰹島と鰹島灯台です。
IMG_8410.jpg

鰹島を過ぎて、乙島灯台を目指します。
IMG_8412.jpg

IMG_8413.jpg

乙島灯台です。
IMG_8414.jpg

勝浦港入口の狭い水路の方向です。
IMG_8415.jpg

IMG_8416.jpg

水路の入口です。
IMG_8417.jpg

左側の灯台は、勝浦港ケタノ鼻灯台です。
IMG_8418.jpg

IMG_8419.jpg

勝浦港に入りました。
IMG_8420.jpg

IMG_8421.jpg

IMG_8422.jpg

ホテル浦島と公共岸壁の間を進み、更に奥へ向かいます。
IMG_8423.jpg

IMG_8424.jpg

突当たりの岸壁に係留します。
IMG_8425.jpg

係留完了しました。
IMG_8426.jpg

IMG_8427.jpg

IMG_8428.jpg

望遠です。
IMG_8429.jpg

IMG_8432.jpg

IMG_8433.jpg

IMG_8434.jpg


明日は、ここで休養します。
那智勝浦の温泉を楽しみます。
未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

串本港に到着しました

2013-11-21
2013年11月21日(木) 16時 記

今朝6時21分に、和歌山県白浜町の綱不知(つなしらず)浦を出港し、13時9分に、和歌山県串本町の串本港に到着しました。

37.8マイルの航程でした。
天気は晴れ、北東のち北のち北西の風ともに風力3、最後は北西の風風力4、波高は2mのち1mのち2mでした。

中央やや下が綱不知浦で、右下が串本港です。
IMG_8373.jpg

田辺湾の朝焼けです。
IMG_8312.jpg

朝日もきれいでした。
IMG_8328.jpg

潮岬が見えてきました。
IMG_8333.jpg

IMG_8334.jpg

IMG_8335.jpg

IMG_8337.jpg

IMG_8338.jpg

IMG_8340.jpg

潮岬灯台が見えています。
IMG_8341.jpg

IMG_8342.jpg

IMG_8343.jpg

IMG_8344.jpg

IMG_8345.jpg

IMG_8346.jpg

IMG_8347.jpg

潮岬の先の大島です。大島の手前を左に曲がります。
IMG_8348.jpg

中央左に鵜島灯台が見えています。鵜島灯台を左に見て回ります。
IMG_8349.jpg

IMG_8350.jpg

くしもと大橋が見えてきました。
IMG_8351.jpg

IMG_8352.jpg

IMG_8353.jpg

IMG_8354.jpg

IMG_8355.jpg

IMG_8356.jpg

IMG_8357.jpg

IMG_8358.jpg

くしもと大橋をくぐるとすぐ串本港です。
IMG_8359.jpg

IMG_8360.jpg

IMG_8361.jpg

IMG_8362.jpg

串本港の港口です。
IMG_8363.jpg

IMG_8364.jpg

港に入って右方向へ行きます。
IMG_8365.jpg

左側(南側)は、去年寄港した時、海上保安庁の巡視艇が係留していた岸壁です。
IMG_8368.jpg

正面(西側)の岸壁が空いています。
IMG_8369.jpg

右側(東側)の防波堤は、去年の4月に寄港した時に係留した岸壁です。
IMG_8367.jpg

正面(西側)の岸壁に係留完了しました。
IMG_8370.jpg

IMG_8371.jpg

IMG_8372.jpg

IMG_8377.jpg

IMG_8378.jpg


明日は、和歌山県那智勝浦町の勝浦港へ向かいます。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日も白浜の綱不知(つなしらず)浦で休養しました

2013-11-20
2013年11月20日(水) 19時30分 記

今日も、和歌山県沿岸に強風波浪注意報が出ていて、北西の風が強かったので、出港せずに和歌山県白浜町の綱不知(つなしらず)浦で休養しました。

今日は、昼から日置川温泉「リヴァージュ・スパ ひきがわ」へ行ってきました。

明日は、風が少し落ちるようなので、和歌山県串本町の串本港へ向かいます。

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日も綱不知(つなしらず)浦で休養しました

2013-11-19
2013年11月19日(火) 22時25分 記

今日も、和歌山県沿岸に強風波浪注意報が出ていたので、出港せずに和歌山県白浜町の綱不知(つなしらず)浦で休養しました。

今日は、友人に高野山を案内してもらい、帰りに日本三大美人湯の一つである龍神温泉へ寄ってきました。

高野山の大門です。
IMG_8302.jpg

IMG_8303.jpg

IMG_8304.jpg

帰りに寄った、龍神村の日高川に架かる吊り橋です。
IMG_8305.jpg

IMG_8309.jpg


明日も、西風が強く波が高いとの予報なので、出港せずに綱不知浦で休養することにします。

ここのところ冬型の気圧配置のため、西寄りの風が強く、気温もかなり低くなっているため、出港出来ない日が続いています。

温泉に浸かりながら、のんびり日和待ちすることにします。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日も綱不知(つなしらず)浦で休養しました

2013-11-18
2013年11月18日(月) 21時10分 記

今日も、和歌山県の沿岸に強風波浪注意報が出ていたので、出港せずに和歌山県白浜町の綱不知(つなしらず)浦で休養しました。

今日は、エンジン(ヤンマー2GM)の始動不良を解消するために、エンジン始動の電気回路にリレーを組込みました。

以前から、エンジンのスタートボタンを押しても、セルモーター付きのマグネットスイッチは「カチン、カチン」と音はするのですが、セルモーターは回らないというトラブルが続いていました。

それでもこれまでは、スタートボタンをしつこく何回も(時には20回以上)押しているうちにエンジンは始動したのですが、11月16日(土)に徳島県の日和佐港を出港する時は、スタートボタンを何十回押してもエンジンは始動せず慌てました。

仕方ないので、マグネットスイッチ付きの電線接続端子間をドライバーで直結させて始動させようと思ったのですが、万が一失敗して全損してしまうことが怖かったので、さらに続けてスタートボタンを押し続けていたらエンジンが始動して事なきを得ました。

このトラブルについては、今年の冬に沖縄の宜野湾でお会いした、ディーゼルエンジンの専門家の方に相談したところ、エンジンが古くなると同様のトラブルが発生しやすくなるとのことで、対策としてエンジン始動の電気回路にリレーを組込めば良いと教えて頂き、リレーも頂いていました。

今回、その頂いていたリレーを組み込んで、一応スタートボタン一発でエンジンは始動するようになりました。
しかし、電気は全くの素人なので、これで本当にOKなのかどうかは分かりません。

何とか、最終目的地の清水港まで持ってくれることを祈るばかりです。


明日も、紀伊半島の南部では風強く、波も高いので、出港を見合わせて、ここで休養することにします。
南紀白浜で温泉三昧です。
未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

今日は綱不知(つなしらず)浦で休養しました

2013-11-17
2013年11月17日(日) 23時45分 記

今日は、和歌山県白浜町の綱不知(つなしらず)浦で休養し、友人に車で熊野古道と熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)を案内してもらいました。

熊野古道の中辺路(田辺~熊野三山)から入りました。

「福定の大銀杏」です。樹齢400年だそうです。
IMG_8260.jpg

IMG_8261.jpg

IMG_8262.jpg

「とがの木茶屋」です。
IMG_8264.jpg

「とがの木茶屋」の近くにある「野中の一方杉」です。枝が皆熊野那智大社の方向を向いているので「一方杉」と呼ばれているそうです。樹齢800年だそうです。
IMG_8265.jpg

熊野本宮大社です。
IMG_8270.jpg

熊野速玉大社です。
IMG_8279.jpg

IMG_8283.jpg

熊野那智大社です。
IMG_8294.jpg

那智の滝です。
IMG_8288.jpg

帰りは、「わたらせ温泉」で日帰り入浴してきましたが、本当に良い温泉でした。
これまで、ヨットであちこちの温泉に入って来ましたが、最高の温泉かも知れません。

明日は、紀伊灘は風が強く波が高いようなので、出港せずにもう一日ここで休養することにします。

綱不知桟橋は、係留料は一泊2、000円で、電気、水道が含まれています。
日帰り温泉は、徒歩圏内に数多くあり、コンビニは徒歩5分、スーパーは徒歩15分で、近くの公園にきれいなトイレがあります。

綱不知浦は、風、波が入らず、漁船の引き波も無い、静かで快適な泊地です。

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

南紀白浜の綱不知(つなしらず)浦に到着しました

2013-11-16
2013年11月16日(土) 21時 記

今朝6時18分に、徳島県美波町の日和佐港を出港し、13時30分に和歌山県白浜町の綱不知(つなしらず)浦に到着しました。

43.7マイルの航程でした。
天気は晴れ、北の風風力2のち4、のち北西の風風力4、波高は0.5mのち1.5mでした。

中央が日和佐港で、右側が白浜綱不知浦です。
IMG_8258.jpg

朝日がきれいでした。
IMG_8225.jpg

徳島県の蒲生田岬です。その先にうっすらと伊島が見えています。
IMG_8226.jpg

田辺湾が見えてきました。
IMG_8232.jpg

IMG_8233.jpg

白浜の方向です。
IMG_8234.jpg

田辺湾入口の黄色いブイ(京都大学の高潮観測塔)が見えています。
IMG_8235.jpg

IMG_8236.jpg

正面に畠島が見えています。
IMG_8237.jpg

畠島です。
IMG_8238.jpg

畠島を右に見て回ります
IMG_8239.jpg

畠島を回ると左側は一面養殖いかだです。
IMG_8240.jpg

綱不知浦の方向です。
IMG_8241.jpg

IMG_8242.jpg

綱不知浦に入ると、風も波も全く無くなりました。
IMG_8243.jpg

突当たりに浮桟橋があります。
IMG_8244.jpg

桟橋の左側に大きなカタマランが係留しています。
IMG_8245.jpg

IMG_8246.jpg

係留完了しました。
IMG_8247.jpg

IMG_8248.jpg

IMG_8249.jpg

IMG_8250.jpg

IMG_8254.jpg

IMG_8255.jpg

IMG_8256.jpg


白浜には、横浜の金沢八景マリンクラブ時代のヨット仲間が住んでいて、桟橋で出迎えてくれました。

明日は、ここで休養します。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

今日は日和佐港で休養しました

2013-11-15
2013年11月15日(金) 19時35分 記

今日は、未明から雨が降り、北風も強くなったので出港せずに、徳島県美波町の日和佐港で休養しました。

日和佐港は、川港で奥まっているので、波、うねりは全く入ってこず、漁船などの引き波もないので、ヨットは全く揺れません。

係留場所から日和佐駅まで徒歩5分で、スーパーは駅のそばにあり、道の駅、コンビニ、薬王寺温泉まで駅から跨線橋を越えてすぐで、飲食店も多数あるので、大変便利で良い港です。

明日は、天気が回復し、風も落ちるようなので、和歌山県白浜町の綱不知(つなしらず)港へ向かいます。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

日和佐港に到着しました

2013-11-14
2013年11月14日(木) 14時20分 記

今朝6時33分に、高知県東洋町の甲浦港を出港し、10時42分に徳島県美波町の日和佐港に到着しました。

19.0マイルの航程でした。
天気は晴れ、北西の風のち北東の風ともに風力3、波高1.0mのち0.5mでした。

中央が甲浦港で、右上が日和佐港です。中央下は室戸岬です。
IMG_8211.jpg

朝焼けがきれいでした。
IMG_8167.jpg

港を出てすぐ朝日が昇りました。
IMG_8168.jpg

牟岐港沖の大島の内側を通ります。
IMG_8178.jpg

左から、出羽島、津島、大島です。
IMG_8179.jpg

IMG_8180.jpg

大島です。
IMG_8181.jpg

津島です。
IMG_8184.jpg

IMG_8187.jpg

IMG_8188.jpg

IMG_8189.jpg

日和佐港の方向です。
IMG_8190.jpg

IMG_8191.jpg

IMG_8192.jpg

IMG_8193.jpg

IMG_8194.jpg

左側の岬を回ると日和佐港です。
IMG_8195.jpg

日和佐港が見えてきました。
IMG_8196.jpg

IMG_8197.jpg

港の入口の左側にある平家島です
IMG_8198.jpg

港口が見えてきました。
IMG_8199.jpg

IMG_8200.jpg

IMG_8201.jpg

IMG_8202.jpg

港は川を利用して出来ているので細長くなっています。
IMG_8203.jpg

IMG_8204.jpg

IMG_8205.jpg

二股に分かれている分岐点を左へ行きます。
IMG_8206.jpg

IMG_8207.jpg

奥の方の海上保安庁の巡視艇が係留している岸壁へ向かいます。
IMG_8208.jpg

係留完了しました。
IMG_8209.jpg

巡視艇の船首側です。
IMG_8210.jpg

IMG_8212.jpg

IMG_8213.jpg


岸壁に大きなエアフェンダーが二個浮いてたので、大きな船が戻ってくるのかと思い心配だったので、海上保安庁の美波分室へ電話したところ、岸壁を管理している徳島県の南部県民局を紹介してくれたので、電話すると係の人が来てくれて岸壁使用許可書を作成してくれました。

係留料は一日200円で、二泊三日で600円でした。

次の目的地は、和歌山県白浜町の綱不知港ですが、明日は天気が崩れて、紀伊水道は風も強まるようなので、出港せずにここで休養することにします。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

甲浦港に到着しました

2013-11-13
2013年11月13日(水) 15時15分 記
18時50分 追記


今朝6時39分に、高知県室戸市の室津港を出港し、12時36分に高知県東洋町の甲浦港に到着しました。

24.2マイルの航程でした。
天気は晴れ時々曇り、北の風風力3のち北北東の風風力4のち3、波高は0.5mのち1.5mのち1mでした。

今日は、徳島県美波町の日和佐港まで行きたかったのですが、室戸岬を回ると予想通り真っ正面の北北東の風が結構強く、逆潮も加わって船速が3ノット前後まで落ちてしまったので、40マイルある日和佐港をあきらめて、甲浦港へ向かうことにしました。

中央右が室津港で、右上が甲浦港です。
IMG_8163.jpg

室戸岬です。
IMG_8119.jpg

IMG_8120.jpg

岬の高台に室戸岬灯台が見えています。
IMG_8126.jpg

IMG_8128.jpg

IMG_8130.jpg

IMG_8132.jpg

左側の岬は室津港入口の行当埼です。
IMG_8134.jpg

IMG_8137.jpg

IMG_8140.jpg

甲浦港の方向です。
IMG_8144.jpg

IMG_8145.jpg

IMG_8146.jpg

IMG_8147.jpg

IMG_8148.jpg

IMG_8149.jpg

防波堤先端の赤灯台が見えています。
IMG_8150.jpg

IMG_8151.jpg

IMG_8152.jpg

IMG_8153.jpg

IMG_8154.jpg

甲浦大橋が見えてきました。
IMG_8155.jpg

IMG_8156.jpg

左側が公共岸壁で、右側は魚市場です。
IMG_8157.jpg

公共岸壁には作業船が係留するとのことなので、南端のくぼんだ岸壁に係留しました。
IMG_8158.jpg

IMG_8160.jpg

IMG_8159.jpg

IMG_8161.jpg

IMG_8164.jpg

IMG_8165.jpg


明日は天候が許せば、徳島県美波町の日和佐港へ向かいます。


2013年11月13日(水) 18時50分 追記

今係留している場所のすぐそばにお風呂があったので行ってきました。

港の西側の海水浴場に、ホワイトビーチホテルがあって、そのすぐ隣の「自然休養村管理センター」にきれいなお風呂があり、入浴料は500円でした。

夕食は、「キッチンゆう」でおでん他いろいろな惣菜を買って持ち帰りました。
未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)

室津港に到着しました

2013-11-12
2013年11月12日(火) 15時30分 記
21時25分 追記

今朝6時3分に、高知市の高知ヨットクラブさんを出港し、11時33分に高知県室戸市の室津港に到着しました。

33.4マイルの航程でした。
天気は晴れ、北の風風力3のち風力4のち北西の風風力4、波高は1mのち1.5mでした。

中央上が高知港で、その右下が室津港です。
IMG_8110.jpg

夜明けの浦戸大橋です。
IMG_8059.jpg

室戸岬の方向から朝日が昇りました。
IMG_8066.jpg

室戸岬が見えてきました。
IMG_8083.jpg

IMG_8084.jpg

IMG_8085.jpg

IMG_8087.jpg

右側が室戸岬で、手前左側の岬は行当埼です。
IMG_8089.jpg

IMG_8090.jpg

IMG_8092.jpg

IMG_8095.jpg

行当埼を回ると室津港です。
IMG_8093.jpg

室津の街並みが見えてきました。
IMG_8094.jpg

この頃には結構波が高くなってきました。
IMG_8096.jpg

行当埼を回ると波が治まってきました。
IMG_8097.jpg

IMG_8098.jpg

室津港の沖防波堤です。
IMG_8099.jpg

港口の赤灯台も見えています。
IMG_8100.jpg

港口です。
IMG_8101.jpg

IMG_8102.jpg

IMG_8103.jpg

港に入って正面(写真の左方向)と右方向に細い水路があって、それぞれ奥に船溜まりがあります。
IMG_8106.jpg

港に入ってすぐ左側の魚市場です。
IMG_8104.jpg

魚市場の左側の岸壁が空いているので、ここに係留させてもらいます。
IMG_8105.jpg

係留完了しました。
IMG_8107.jpg

IMG_8108.jpg

IMG_8111.jpg

IMG_8112.jpg


明日は、徳島県美波町の日和佐港へ向かう予定ですが、今北風が強く吹いていて明日もちょっと強そうなので、出港を見合わせるか、日和佐港の手前の甲浦港(高知県東洋町)へ向かうか、天候を見て決めることにします。


11月12日(火) 21時25分 追記

室津港の船溜まりを歩いて見てきました。

港に入って北東側の船溜まりです
IMG_8113.jpg

ヨットが係留できる場所はありません。
IMG_8114.jpg

南東側の船溜まりへの水路です。
IMG_8115.jpg

IMG_8116.jpg

水路の先の船溜まりにもヨットが係留できる場所はなさそうです。
IMG_8117.jpg

IMG_8118.jpg


結局、室津港では港に入ってすぐ左の公共岸壁しか係留できる場所は無いようです。
今回、漁協に許可をもらったのですが、今係留している岸壁はまぐろ船が返ってくると係留するので、その時は駄目なようです。

しかし港としては、うねりも波もそれほど入ってこないし、トイレはすぐそばにあるし、大型スーパーは徒歩15分のところにあって、その途中に飲食店が多数あるし、風呂は吉田旅館で気持ち良く入れて頂けるし、良い港です。

ただし、朝早くから出港する漁船の引き波がもろに来るので、その点だけが問題です。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

今日も高知ヨットクラブさんで休養しました

2013-11-11
2013年11月11日(月) 20時10分 記

今日は、北風が強く、強風波浪注意報が出ていたので、出港せずに高知ヨットクラブさんで休養しました。

明日は、風が落ちれば高知県室戸市の室津港へ向かう予定です。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

今日は高知ヨットクラブさんで休養しました

2013-11-10
2013年11月10日(日) 18時45分 記

今日は、高知市の高知ヨットクラブさんで休養しました。

寒冷前線が通過したはずなのですが、ここでは全くと言って良いほど風は吹きませんでした。
しかし、土佐湾ではかなり強い風が吹いていて、明日も土佐湾では北西の風が強く吹くようなので、もう一日高知ヨットクラブさんにお世話になり、休養することにしました。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

高知港に到着しました

2013-11-09
2013年11月9日(土) 15時 記

今朝6時30分に、高知県中土佐町の久礼港を出港し、10時57分に高知市の高知港に到着しました。

23.1マイルの航程でした。
天気は曇り、北の風風力3、波高0.5mでした。

中央やや左上が久礼港で、その右上が高知港です。
IMG_8055.jpg

雲の上から朝日が昇りました。
IMG_8012.jpg

高知港の入口の岬が見えてきました。
IMG_8022.jpg

IMG_8023.jpg

IMG_8024.jpg

高知港の防波堤も見えてきました。
IMG_8025.jpg

IMG_8026.jpg

IMG_8027.jpg

桂浜が見えてきました。
IMG_8028.jpg

IMG_8029.jpg

防波堤の切れ目から港に入ります。
IMG_8032.jpg

浦戸大橋です。
IMG_8033.jpg

IMG_8034.jpg

IMG_8035.jpg

IMG_8037.jpg

IMG_8038.jpg

IMG_8039.jpg

IMG_8040.jpg

IMG_8041.jpg

橋をくぐると右へ大きく曲がります
IMG_8043.jpg

IMG_8044.jpg

IMG_8045.jpg

6番ブイを過ぎた右側に、高知ヨットクラブさんがあります。
IMG_8046.jpg

IMG_8047.jpg

IMG_8048.jpg

高知ヨットクラブさんのヨットが見えてきました。
IMG_8049.jpg

IMG_8050.jpg

ゲストバースが使用中だったので、一つ内側のバースに係留させて頂きました。
IMG_8051.jpg

IMG_8052.jpg

IMG_8053.jpg

高知ヨットクラブさんです。
IMG_8054.jpg


明日は、寒冷前線が通過して風が強まるようので、高知ヨットクラブさんに係留させて頂いて休養することにします。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(1)

久礼港に到着しました

2013-11-08
2013年11月8日(金) 19時 記

今朝6時21分に、高知県土佐清水市の土佐清水港を出港し、14時42分に高知県中土佐町の久礼港に到着しました。

47.2マイルの航程でした。
天気は快晴、東の風風力2、北西の風風力3、西北西の風風力4、東の風風力3と変化し、波高は終始0.5mでした。

中央下が土佐清水港で、中央右が久礼港です。
IMG_8007.jpg

足摺岬の手前の臼碆埼です。
IMG_7949.jpg

IMG_7950.jpg

IMG_7951.jpg

臼碆埼から朝日が見えました
IMG_7953.jpg

臼碆埼灯台です。
IMG_7955.jpg

IMG_7958.jpg

足摺岬の方向です。
IMG_7957.jpg

足摺岬はまだ見えません。
IMG_7959.jpg

足摺岬が見えてきました。
IMG_7960.jpg

IMG_7961.jpg

IMG_7962.jpg

IMG_7963.jpg

昨日バスで見に行った、アロウド浜と白山洞門です。
IMG_7965.jpg

白山洞門を望遠にしてみました。
IMG_7967.jpg

IMG_7968.jpg

IMG_7969.jpg

IMG_7970.jpg

IMG_7971.jpg

IMG_7972.jpg

IMG_7973.jpg

IMG_7974.jpg

興津崎です。
IMG_7975.jpg

IMG_7976.jpg

IMG_7977.jpg

興津埼灯台が岬の高いところにあるのですが、写真では良く分かりません。
IMG_7978.jpg

久礼湾入口の大津埼です。
IMG_7979.jpg

IMG_7982.jpg

IMG_7983.jpg

IMG_7984.jpg

大津埼を回って久礼湾に入ります。
IMG_7985.jpg

IMG_7986.jpg

IMG_7987.jpg

IMG_7988.jpg

IMG_7989.jpg

IMG_7990.jpg

久礼港の北側の船溜まりです。
IMG_7992.jpg

南側の船溜まり(久礼新港)へ入ります。
IMG_7993.jpg

IMG_7994.jpg

港に入ってすぐ前の岸壁に係留します。
IMG_7995.jpg

係留完了しました。
IMG_7996.jpg

IMG_7997.jpg

IMG_7998.jpg

IMG_8008.jpg


港のすぐ近くの高台に「黒潮本陣」というホテルがあって、そこで日帰り入浴(600円)してきました。
IMG_7999.jpg

中央やや下にヨットが居るのですがよく見えません。
IMG_8000.jpg

IMG_8001.jpg

IMG_8002.jpg

「黒潮本陣」です。
IMG_8003.jpg

港と久礼湾が一望の展望露天風呂があり、なかなか良かったです。
IMG_8004.jpg


明日は、天候が許せば高知港の高知ヨットクラブさんへ向かいます。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

今日は、土佐清水港で休養しました

2013-11-07
2013年11月7日(木) 15時15分 記
              21時20分 追記

今日は、未明から雨が降り出し、風も強くなるとの予報だったので、出港せずに高知県土佐清水市の土佐清水港で休養することにしました。

午前中から天気が回復して晴れてきたので、路線バスで足摺岬まで行ってきました。

ジョン万次郎です。
IMG_7913.jpg

足摺岬灯台です。
IMG_7915.jpg

足摺岬の東側です。定置網があります。
IMG_7916.jpg

IMG_7930.jpg

IMG_7931.jpg

IMG_7933.jpg

IMG_7943.jpg

足摺岬の西側です。
IMG_7942.jpg

白山洞門です。
IMG_7928.jpg

アロウド浜です。
IMG_7925.jpg


明日は、高知県中土佐町の久礼港へ向かう予定ですが、47マイルあるので、足摺岬を回ったあとの状況により、無理なようでしたら高知県黒瀬町の上川口港へ向かうことにします。


2013年11月7日(木) 21時20分 追記

土佐清水港は大変便利で快適な港です。

今係留している岸壁は、波もうねりも全く入ってこないし、漁船の曳き波もほとんどありません。

大型スーパーとガソリンスタンドが目の前にあり、徒歩10分ほどのところに銭湯が2軒と、その周辺に飲食店が多数あります。

トイレはすぐ近くの公園と、岸壁にもあります。
水は目の前にあるので、地元の漁師さんに許可を得てもらうことができます。

土佐清水港、良い港です。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(1)

土佐清水港に到着しました

2013-11-06
2013年11月6日(水) 15時30分 記

今朝6時6分に、高知県宿毛市の沖の島漁港母島港を出港し、10時48分に高知県土佐清水市の土佐清水港に到着しました。

25.6マイルの航程でした。
天気は曇り、北のち北東の風ともに風力4、波高は0.5mのち1mでした。

中央下が沖の島で、右下が土佐清水港です。
IMG_7907.jpg

沖の島の南西端の櫛ケ鼻です。
IMG_7866.jpg

土佐沖の島灯台が櫛ケ鼻の上に見えます。
IMG_7868.jpg

櫛ケ鼻です。
IMG_7869.jpg

IMG_7870.jpg

櫛ケ鼻を回ると朝日が見えました。
IMG_7876.jpg

沖の島南東端の大小島です。
IMG_7873.jpg

沖の島を振り返りました。
IMG_7881.jpg

正面は叶埼で、その向こうに足摺岬がうっすらと見えています。
IMG_7884.jpg

叶埼と叶埼灯台です。
IMG_7886.jpg

足摺岬です。
IMG_7887.jpg

IMG_7888.jpg

IMG_7890.jpg

土佐清水港の方向です。
IMG_7891.jpg

IMG_7893.jpg

足摺岬です。
IMG_7894.jpg

土佐清水港の入口が見えてきました。
IMG_7895.jpg

IMG_7896.jpg

IMG_7897.jpg

IMG_7898.jpg

IMG_7899.jpg

漁港の船溜まりです。
IMG_7900.jpg

港の突当たりです。
IMG_7901.jpg

突当たりの岸壁に係留させてもらいます。
IMG_7902.jpg

係留完了しました。
IMG_7903.jpg

IMG_7904.jpg

IMG_7908.jpg

IMG_7909.jpg

係留完了してほっとしていると、すぐ隣に漁船を係留している漁師の人から、ここは漁船が戻ってくるので、もう少し西側へ移動してほしいと言われました。ただし、移動すると南寄りの風が吹くと波が入ってくるので、一番東側の岸壁の角が空いているのでそこでも良いと言われたので、東側へ移動することにしました。

係留完了しました。
IMG_7910.jpg

ここならどこから風が吹いても大丈夫です。
IMG_7911.jpg

波は全く入ってこなくて静かな場所です。
IMG_7912.jpg


次の目的地は、高知県黒瀬町の上川口港か中土佐町の久礼港ですが、明日は天気が崩れそうなので、出港するかどうかはこれから検討します。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

沖の島漁港の母島(もしま)港に到着しました

2013-11-05
2013年11月5日(火) 16時45分 記

今朝6時6分に、愛媛県宇和島市の宇和島港を出港し、13時30分に高知県宿毛市の沖の島にある沖の島漁港の母島(もしま)港に到着しました。

40.4マイルの航程でした。
天気は快晴、北東の風風力4のち北の風風力3、波高0.5mでした。

中央上が宇和島港で、中央下が沖の島です。
IMG_7854.jpg

沖の島漁港の母島港です。
IMG_7855.jpg

朝日が山の上から昇りました。
IMG_7794.jpg

正面左が大島で、中央が戸島です。大島と戸島の間の「フブシノ瀬戸」を通って宇和島湾を抜けます。
IMG_7801.jpg

IMG_7802.jpg

IMG_7803.jpg

IMG_7804.jpg

左側の大島の方に狭い水路が切ってあって、南へ下る場合近道になるそうですが、風がちょっと強いのと、逆潮なので通るのを止めました。
IMG_7805.jpg

望遠にしてみました。
IMG_7806.jpg

IMG_7807.jpg

IMG_7808.jpg

IMG_7809.jpg

宇和島湾を抜けました。
IMG_7812.jpg

日振島です。
IMG_7814.jpg

奇岩が並ぶ寝床島(左)と御五神島(右)です。
IMG_7815.jpg

由良岬です。
IMG_7817.jpg

IMG_7818.jpg

右の小島は大猿島です。
IMG_7820.jpg

由良岬灯台が見えています。
IMG_7821.jpg

左側の鹿島と中央の小地島の間を通ります。
IMG_7822.jpg

左端が小地島で、その左からコデ島、小横島、横島です。
IMG_7823.jpg

IMG_7824.jpg

IMG_7825.jpg

鹿島です。
IMG_7826.jpg

小地島です。
IMG_7827.jpg

IMG_7828.jpg

鹿島です。
IMG_7829.jpg

沖の島(正面左)が見えてきました。右は鵜来島です。
IMG_7832.jpg

IMG_7833.jpg

IMG_7834.jpg

IMG_7836.jpg

鵜来島港です。
IMG_7837.jpg

沖の島です。
IMG_7838.jpg

IMG_7841.jpg

IMG_7842.jpg

沖の島漁港の母島港が見えてきました。
IMG_7843.jpg

IMG_7844.jpg

IMG_7845.jpg

IMG_7846.jpg

IMG_7847.jpg

港口です。
IMG_7848.jpg

港に入って左側の岸壁が空いています。
IMG_7849.jpg

この岸壁に係留させてもらいます。
IMG_7850.jpg

係留完了しました。
IMG_7851.jpg

IMG_7853.jpg

IMG_7856.jpg


明日は、高知県土佐清水市の土佐清水港へ向かいます。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

今日も宇和島港で休養しました

2013-11-04
2013年11月4日(月) 19時50分 記

今日は予報通り北風が強かったので、愛媛県宇和島市の宇和島港で休養しました。

今係留させてもらっている桟橋は、海から見て左側は空いていれば早い者勝ちで係留できるとのことですが、宇和島港に到着した一昨日の夕方から昨日までは、入れ替わり立ち替わりでほぼいつも一杯でした。

しかし、今朝起きてみると自分の船以外誰もいませんでした。
IMG_7790.jpg

IMG_7789.jpg

この桟橋の主な利用者は、近隣の島の漁師の人達で、漁船で買い物に来たり、飲食に来たりする時に係留するようです。

したがって、桟橋が一杯でも待っていれば必ず空く訳です。
問題は、桟橋が一杯の時にどこで待っていたら良いかなので、事前に宇和島ヨットクラブさんにメールして教えて頂くのが良いと思います。


明日は、朝になって風が落ちていたら、高知県宿毛市の沖ノ島母島港へ向かいます。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(2)

今日は宇和島港で休養しました

2013-11-03
2013年11月3日(日) 17時40分 記

今日は、愛媛県宇和島市の宇和島港で休養しました。

昨日は暗くなってしまって撮れなかった係留場所の写真です。
IMG_7783.jpg

IMG_7784.jpg

IMG_7785.jpg

IMG_7787.jpg


今係留しているポンツーンは、海から見て左側は空いていれば早い者勝ちで係留できるそうです。
ただ、一番陸側は給油船が専用で係留しているので、空いていても係留してはいけないようです。

いずれにしても、入港前に宇和島ヨットクラブさんのホームページからメールで確認した方が良いと思います。
大変親切に対応してくれます。

ポンツーンのすごそばに、道の駅があり、野菜、果物、魚介類、弁当などがかなり安く手に入ります。
コンビニもすぐそばにあり、スーパーは徒歩10分くらい、銭湯は徒歩15分くらいであり、飲食店は多数あります。

明日は、低気圧と寒冷前線の通過で北寄りの風が強く吹くようなので、明日もここで休養します。

未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

宇和島港に到着しました

2013-11-02
2013年11月2日(土) 23時50分 記

今朝6時24分に、大分県姫島村の姫島港を出港し、17時45分に愛媛県宇和島市の宇和島港に到着しました。

59.3マイルの航程でした。
天気は曇り、東の風風力3、波高1mのち0.5mでした。

今日は、大分県大分市の佐賀関港へ向かい、明日豊後水道の速吸瀬戸を通過する予定でしたが、明日の早朝の速吸瀬戸は逆潮のため時間調整が必要になり、一方今日は連れ潮で通過できるので、潮に乗って一気に宇和島まで行ってしまうことにしました。

中央が姫島港で、右下が宇和島港です。
IMG_7780.jpg

速吸瀬戸に近づくと本船が多くなりました。
IMG_7748.jpg

IMG_7749.jpg

IMG_7750.jpg

佐田岬です。
IMG_7751.jpg

IMG_7752.jpg

IMG_7753.jpg

IMG_7754.jpg

佐田岬灯台です。
IMG_7755.jpg

IMG_7756.jpg

日振島です。
IMG_7759.jpg

宇和島湾に入ります。
IMG_7769.jpg

IMG_7764.jpg

IMG_7770.jpg

木良島と木良埼灯台です
IMG_7771.jpg

正面は九島で、九島の左側を通って宇和島港へ向かいます。
IMG_7772.jpg

IMG_7773.jpg

IMG_7774.jpg

宇和島港への水路です。
IMG_7775.jpg

IMG_7776.jpg

宇和島の街並みが見えてきました。
IMG_7777.jpg

IMG_7778.jpg

IMG_7781.jpg

IMG_7782.jpg


宇和島港の係留場所は、宇和島ヨットクラブさんへメールして教えて頂きました。
今日は、宇和島港の到着が遅れて日が暮れてしまいましたが、ヨットクラブの方が桟橋で待っていてくれて、懐中電灯で誘導してくれました。

初めての港に夜間入港になってしまいましたが、宇和島ヨットクラブさんのお陰で無事係留することが出来ました。
有難うございました。

明日は宇和島港で休養します。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

姫島港に到着しました

2013-11-01
2013年11月1日(金) 15時30分 記

今朝6時27分に、福岡県苅田町の苅田港を出港し、12時33分に大分県姫島村の姫島港に到着しました。

34.8マイルの航程でした。
天気は快晴、風弱く、終盤北東の風風力3、波は無し、終盤0.5mでした。

中央左が苅田港で、中央右が姫島港です。姫島の下は国東半島です。
IMG_7746.jpg

姫島です。
IMG_7730.jpg

IMG_7731.jpg

IMG_7732.jpg

IMG_7733.jpg

IMG_7734.jpg

姫島港入口の赤灯台が見えています。
IMG_7735.jpg

IMG_7736.jpg

IMG_7737.jpg

フェリーターミナルです。
IMG_7738.jpg

港に入って一番左側(西側)の船溜まりへ向かいます。
IMG_7739.jpg

西側の船溜まりです。
IMG_7740.jpg

防風金網の前の岸壁に係留させてもらいます。
IMG_7741.jpg

係留完了しました。久し振りに干満差の大きい岸壁に係留しました。
IMG_7742.jpg

IMG_7743.jpg

IMG_7744.jpg

GPSの位置が少しずれています。実際の位置は、少し下(南側)の斜めの突堤の内側です。
IMG_7747.jpg

このところGPSの位置と実際の位置が、10~20mくらいずれていて気になります。
GPSは2台使ってますが、2台とも同じようにずれているので、こちらの問題では無いのかもしれません。

明日は、大分県大分市の佐賀関港へ向かう予定ですが、連休中に北西の風が強くなりそうなので、それがはっきりした場合は別府港の北浜ヨットハーバーへ向かうことにします。

今航海の今後の予定ですが、まず清水タンクが漏れているのでその修理と、来年以降の次のステップのための改造を行うために、駿河湾または相模湾方面へ向かいます。

これから、豊後水道を通って四国の太平洋側を回り、紀伊半島、遠州灘を経由して行く予定です。
何とか11月中に目的地に到着したいと思っています。


未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(1)
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。