10-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>12-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

米国ビザ申請の面接を受けてきました

2014-11-14
2014年11月14日(金) 17時40分 記

今朝8時過ぎに、東京都港区赤坂にある米国大使館へ行ってビザ申請のための面接を受けてきました。
結果はOKだったようで、その場で一週間ほどでビザは交付されると告げられました。

米国に入国する場合、日本のパスポートを所有している人は90日間までの短期滞在であればビザは免除されているようなのですが、この対象は米国政府に登録されている航空機や船舶で入国する場合に限られていて、米国政府に登録されてない個人所有の航空機や船舶で入国する場合はビザが必要なのだそうです。

今回の場合、商用/観光目的の B1/B2 ビザを申請しました。

ビザ申請書の作成/提出、顔写真の調整/登録、ビザ申請料の納付、面接予約までの一連の手続きは、米国大使館のホームページからパソコンで出来るようになっていて大変便利でした。

11月8日(土)にパソコンで全ての手続きを行い、14日の朝8時30分に面接の予約をしました。

面接時には、現在の収入、納税、財産、資産を証明する書類を持参するよう指示されていたので、銀行の取引報告書、年金額の通知書、源泉徴収票などを持参し提出しましたが、面接時にはこれらに関することは何も聞かれなかったので、それらの書類が適切だったから何も聞かれなかったのか、あるいは無くても良かったのかは不明です。

隣に並んでいた人は、銀行ATMのレシート(多分銀行預金の残額が記載されている)を持っていて、これで良いのですかねと聞かれましたが、こちらも全く分からないので、係の人に聞いてみて下さいとしか答えられませんでした。

また、過去10年間に発行された古いパスポートも持参するよう指示があったので、これは鞄の中に入れて持っていたのですが、これについても何も聞かれませんでした。

大使館には8時5分頃到着して、10分ほど外で並んで待ち、手荷物検査を受けて大使館の構内に入り、また並んで受付で必要書類を提出して、番号札をもらって8時25分ころ待合室に入りました。

面接は個室で行われるのではなく、待合室内のカウンター式窓口で立ったまま行われ、簡単な質問だけで終了しました。

これでシーズンオフの間にやるべきことが一つ減りました。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。