05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

出航 20日目、 高気圧につかまる

2015-06-09
6月 9日(火)13 時 30 分 記

Noon Report

位置:北緯36度32分、東経171度25分
針路:80 度
船速:3 ノット
風 :北北東 5 m/s
波高:1 m
天気:曇り
気圧:1024 HPa
気温:20 ℃
Day Run:107 Nm

昨夜半から、後ろから追い掛けてきた高気圧の圏内に入ったようで、風が北~北東りに回って弱くなった。

天気図によるとこの状態がしばらく続きそう。高気圧なのだからせめて天気が良くて、暖かければ良いのだが、厚い雲がたれこめていて寒い。

しばらく読書で過ごそう。

《追伸》
今朝の食生活の紹介の中で、12Vの電子レンジ(Wave Box)を紹介しましたが、結線方法と使用方法でいくつか注意事項がありますので、購入を検討中の方は、このブログにメールアドレスを記入してコメントを送って下さい。
インターネットに接続出来るようになりましたら連絡します。
未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(0)

船上での食生活

2015-06-09

6月9日(火)6時 記

今日はヨットで何を食べているかをご紹介します。

大したものを食べている訳ではないので恥ずかしいのですが、質問も頂いてますし、これから外洋を目指す方の参考になれば幸いです。

船内では自炊しないので、野菜は全く積んでません。ロングライフ食品、レトルト食品、乾燥米飯、カップ麺、缶詰などで食事をしています。

朝食は、コモ のロングライフパン2個か、ボローニャの缶入りデニッシュパン1缶です。

コモパンの賞味期限は、今回購入したものは 35 日でしたが、最大 60 日以上のものもあります。

缶入りパンは、災害時の備蓄用なのか賞味期限は長く、3年間でした。

そして、カゴメの「野菜一日これ一本」(200 ml)を毎日一本飲みます。

野菜を全く積まないので、このキャッチコピーを信じて大量に購入しました。
食物繊維も入っているし、信ずる者は救われなければなりません。

このジュースの良いところは、冷やさなくても、常温で賞味期限が長いことです。
当然、冷たい方が美味しいので冷蔵庫には入れてます。

昼食と夕食は、レトルトの白飯+カレー、中華丼、親子丼などの丼物、 レトルトの赤飯、炊き込みご飯、 ピラフなど、乾燥米飯(熱湯を加える)の炒飯、ドライカレーなど、カップ麺、缶詰などなどです。

最近のレトルト食品は、美味しいものがたくさん出ていて、選ぶのに迷うくらいです。

レトルト食品は、12V のバッテリー電源で作動する電子レンジ(Wave Box、写真参照)で温めます。
荒天時でも火を使わないで、4~5分で調理出来るので、大変便利です。

冷蔵庫は、エンゲルのMD14F-Dで、エンゲルでは一番小さいものかもしれません。

冷蔵庫で冷やさないと腐ってしまうものは積みませんでした。
唯一チーズを入れてますが、長持ちするか微妙なところです。

冷蔵庫は夜間は電源を切りますし、昼間でもバッテリーの残量が減ってきたら切ってしまうからです。

以上ですが、なんと貧しい食生活だとお思いの方もいらっしゃると思いますが、
海の上では何でも美味しいので、満足しています。

さらに、日付変更線を越えた日は、超豪華な食事が待っているので楽しみにしています。</pre>
未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(0)

写真速報 - 6月8日の夕日

2015-06-08

出航以来初めてきれいな夕日を見ました。</pre>
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

出航 19日目、北へ向かう

2015-06-08

6月 8 日(月)13 時 30 分 記

Noon Report

位置:北緯36度07分、東経169度38分
針路:65 度
船速:6 ノット
風 :西 7 m/s
波高:2 m
天気:晴れ
気圧:1019 HPa
気温:25 ℃
Day Run:125 Nm

昨日は、午後から南西の風が上がってきたので、メインセールのリーフを、フルから1ポイントにし、夕方から更に上がったので1ポイントから2ポイントにして夜を迎えた。

夜半、寒冷前線が通過して風雨が強まると同時に、風が北西に変わったので、ジャイブしてコースを維持。

夜間強風下のジャイブは怖いが、両舷にジャイブプリベンターを取り付けてあるので落ち着いてやれば問題無い。

なかなか太平洋高気圧が強くならないので、北へ上ってみることに。</pre>
未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)

出航 18日目、再び 南西の良い風をつかむ

2015-06-07

6月7日(日)13 時 30 分 記

Noon Report

位置:北緯35度26分、東経167度16分
針路:65 度
船速:5.5 ノット
風 :南西 10 m/s
波高:2 m
天気:快晴
気圧:1017 HPa
気温:27 ℃
Day Run:108 Nm

現在、北側を通過中の低気圧から伸びる温暖前線と寒冷前線の間に居て、快晴の下南西の良い風を受けて快走している。

今夜、寒冷前線が頭上を通過して、風は北寄りに変わると思われる。

日付変更線を北緯40度で越えるとして、残航 660 Nm。
あと、1週間くらいで越えることが出来ると思われる。

船体、乗員とも異常なし。
--
Sent from my Android phone with K-9 Mail. Please excuse my brevity.</pre>
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

出航 17日目、東 経165度を越える

2015-06-06
6月6日(土)14 時 記

Noon Report

位置:北緯35度01分、東経165度00分
針路:90 度
船速:3.5 ノット
風 :北東 3 m/s
波高:0.5 m
天気:曇り
気圧:1019 HPa
気温:24 ℃
Day Run:129 Nm

昨日まで3日間続いた南西の良い風は、今朝未明で終了。代わって、北寄りの弱くて冷たい風が吹き始めた。
どうも、前線の北側に出てしまった模様。

東経165度を越えたので、船内時計を1時間進める。これで、日本時間より2時間早くなった。

次の節目の日付変更線まであと737 Nm。
船体、乗員とも異常なし。
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)

出航 16日目、船内での生活

2015-06-05

6月5日(金)14 時 記

Noon Report

位置:北緯34度51分、東経162度51分
針路:90 度
船速:7 ノット
風 :南西 9 m/s
波高:1.5 m
天気:晴れ
気圧:1017 HPa
気温:28 ℃
Day Run:134 Nm

現在、西寄りの安定した風を受け続けていて、今日で3日目。
天気も良く、日中は T-シャツに短パンで過ごせる。

昼過ぎ、次の高気圧を求めてコースを東北東へ向ける。

《 短信 》
余裕が出てきましたので、一日をどのように過ごしているかを紹介します。

一日は、気象庁が放送している気象ファクスの放送スケジュールを中心に動いています。

気象ファクスは、一日に8回アマチュア無線機で受信して、パソコンに表示させて保存します。
kgfax という無料のソフトウェアを使用させて頂いています。

受信内容は、一日に4回の実況天気図、2回の24時間予想天気図、2回の48時間予想天気図の、合計8回です。

放送時間(日本時間)は次のとおりで、各放送19分間ほどです。
04:30、05:40、06:00、11:40、14:48、17:20、17:40、23:40

台風が発生すれば、一日4回の台風予報が加わります。

これに、アマチュア無線のネットワークである、シーガルネット( 07:00 ~、 21.382 MHz)と、オケラネット( 12:20 ~、 21.437 MHz)にチェックインします。

これらの合間を縫って、食事をして、天候の予測とコースの検討をします。

そして、この先数時間何も問題が起こりそうに無いことを確認して、2時間前後仮眠します。

これの繰り返しです。
結構忙しくて、一日はあっという間に終わります。

舵は、ウインドベーンと呼ばれる、電力不要で風の力で動く自動装舵装置に任せています。

良く働いてくれるのですが、風向が変わると、それに連れて進行方向も変わってしまいます。

航跡図で、時として変な方向へ向かっている時は、寝ている間に風が変わってしまった時かもしれません。

大量に持ち込んだ本は、一昨日からやっと一冊目を読み始めたところです。
しかし、なかなか集中出来ません。

航海中は、酒は基本的に飲みません。
これは、日本周航中からの鉄則です。
したがって、大好きなビールも積んでません。
体温が低下した時の気付け薬として、ウイスキーを少量積んでいるだけです。

睡眠時間は、合計すれば一日6~7時間は取れていて、既にリズムが出来ています。

これからさらに東へ進んで、気象庁の気象ファクスが受信できなくなると、米国NOAAの気象ファクスをハワイから受信する予定です。

その場合、一日の日課表を作り直さなくてはなりません。

また時間が出来ましたら、今度は航海中の食生活を紹介しようと思います。</pre>
未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(0)

出航15日目、出 航以来 2週間経過

2015-06-04
6月4日(木)14時 記

Noon Report

位置:北緯34度41分、東経160度12分
針路:85 度
船速:7 ノット
波高:1.5 m
風 :南西、10 m/s
天気:曇り
気圧:1013 HPa
気温:26 ℃
Day Run:142 Nm

今朝で、5月21日に清水港を出港してからちょうど2週間が経過しましたので、2週目の総括をしてみました。

2週目の航海距離:705 Nm
2週目の平均 Day Run:100.7 Nm
2週目の平均スピード:4.20 ノット
出航以来の航海距離:1,234 Nm
出航以来の平均 Day Run:88.1 Nm
出航以来の平均スピード:3.67 ノット
SFまでの残航:直線距離で、3,799 Nm

清水消費量
2週目の消費量 / 残量(l = リットル)
 飲料水(財宝10 l 箱入り x 10):2 l / 90 l
 調理用(2 l ペットボトル x 40):4 l / 74 l
 雑用水(船体タンクに 120 l):後日計測、推定 20 l / 80 l
2週目のエンジン使用時間:1.7 時間
2週目の燃料消費量 / 残量:推定 2 l / 133 l
荒天遭遇日:5月29日、30日、31日

現在、南西~西南西の安定した風を受けて追っ手で帆走中。

船体、乗員とも異常なし。
未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)

出航 14日目、 南西の風をつかむ

2015-06-03
6月3日(水)14 時 記

Noon Report

位置:北緯34度35分、東経157度07分
針路:90 度
船速:5 ノット
風 :南西 6 m/s
波高:1 m
Day Run:87 Nm
天気:晴れ
気圧:1013 HPa
気温:27 ℃

やっと安定した南西の風をつかんだ模様。

天気図では、太平洋高気圧はまだまだ勢力が弱いようだが、とりあえず南西の風が2~3日は続くのではないかと思われる。

適風の追っ手なので楽である。
太平洋高気圧の今後の展開を見ながら東へ向かう。

船体、乗員とも異常なし。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)

出航 13日目、日本近海 の最も厳しい海域を抜けた?

2015-06-02
6月2日(火)13 時 記

Noon Report

位置:北緯35度23分、東経155度48分
針路:130 度(クローズホールド一杯のため不本意ながら)
船速:4 ノット
波高:1 m
Day Run:80 Nm
風 :東 8 m/s
天気:快晴
気圧:1017 HPa
気温:26 ℃

久し振りの快晴の下、フルセールのクローズホールドで快走。

しかし、コースは南へ向き過ぎ。
太平洋高気圧の背中 (北の縁) を目指すには、100度くらいが良いのだが 贅沢は言えない。

最新の予想天気図によると、昨日停滞前線上を追い掛けて来ていた低気圧は、今後消滅する模様。

これで、最も厳しい日本近海の海域を脱っすることが出来たのかもしれない。

太平洋高気圧の背中に達すれば、追っ手で走り続けることが出来ると期待。
未分類 | コメント:(5) | トラックバック:(0)

出航 12日目、黒潮に再会

2015-06-01
6月1日(月)14 時 記

Noon Report

位置:北緯35度41分、東経154度18分
針路:70 度を目指すも、風弱く定まらず
船速:黒潮により南東方向へ 1~2 ノットで流されている
波高:1 m
風 :ほぼ無風状態
天気:雨
気圧:1012 HPa
気温:23 ℃
Day Run:97 Nm

昨日の夕方、三日三晩続いた嵐がやっと収まった。

風が落ちたのでリーフ(メインセールの縮帆)を解きたかったが、波がまだ高く船体が激しく揺れて危険なのでやめる。

2 ポイントリーフのまま走らせていると、船首方位と実際の進行方向が30度以上異なる。

海流か? 黒潮に違いないと思って、出航前日にプリントしておいた海上保安庁の「海洋速報 - 海流図(5月20日 第92号)」を見ると、黒潮が北緯36度、東経150度あたりから南東方向へ流れてる。

また黒潮に進路を阻まれ、折角北へ上ったのに、また南へ流される。

これなら、あれこれ考えずに、房総半島の東側から黒潮に乗ってここまで来た方が良かったか。

ま、急ぐ旅ではないのでのんびり行こう。

ただ、接近中の低気圧に注意。また頭上を通過されるかも。
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
« Prev | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。