04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

小豆島北東部の吉田湾に到着しました

2012-09-24
2012年9月24日(月)13時20分 記

今朝7時45分に、岡山県瀬戸内市の牛窓ヨットハーバーを出港し、8時に牛窓港に入って県営桟橋で燃料を補給した後、11時に香川県小豆島町(小豆島)北東端の吉田湾にあるアイランドインの桟橋に到着しました。

12.7マイルの航程でした。

牛窓ヨットハーバーの夜明けです。
IMG_0465.jpg

牛窓港へ向かいます。ホテルリマー二の向こう側です。
IMG_0484.jpg

IMG_0485.jpg

IMG_0486.jpg

県営桟橋に係留し、昨日お願いしておいたガソリンスタンドに電話します。
IMG_0487.jpg

IMG_0488.jpg

フェリー岸壁のすぐ隣です。この桟橋は、誰でも使用できるそうです。
IMG_0489.jpg

しかし、ここの漁船は狭い港内を全速力で走るので、大きな引き波が押し寄せてきて驚きました。
IMG_0490.jpg

小豆島が見えてきました。一番向こう側が小豆島北東端の金ケ埼です。
IMG_0494.jpg

IMG_0496.jpg

IMG_0498.jpg

吉田湾の入口がまだ分かりません。
IMG_0500.jpg

やっと吉田湾の入口が見えてきました。
IMG_0501.jpg

IMG_0502.jpg

IMG_0503.jpg

吉田湾の湾奥にあるアイランドインが見えてきました。
IMG_0504.jpg

写真中央は吉田ダムです。
IMG_0505.jpg

望遠にしてみました。
IMG_0506.jpg

アイランドインの桟橋が見えてきました。
IMG_0507.jpg

IMG_0508.jpg

IMG_0509.jpg

IMG_0510.jpg

ここはかなり浅いので、桟橋の先端に係留しました。
IMG_0511.jpg

IMG_0512.jpg

IMG_0513.jpg

IMG_0514.jpg

IMG_0515.jpg


ここの係留料は、一日1、000円で、電気、水道、シャワー代が含まれているそうです。
今回は、アイランドインのホームページに「係留無料のキーワード」というサービスがあって、バーコードを携帯で写し撮って、キーワードを確認して食事をすればそのサービスを受けることが出来るとのことなので、昼食を頂いて係留料を無料にして頂きました。

夕食は予約が必要で、4,725円 ~ とのことなので今回はパスしました。
風呂は、歩いて15分ほどのところにある吉田温泉「ふれあいの湯」へ行ってこようと思います。今年の4月に北浦港に入った時に路線バスで行ったことがあるので、様子は分かっています。

吉田湾は東側が開いているので、東よりの風が吹くと波が入ってくるようですが、今日は西寄りの風なので大丈夫だと思います。


明日は、香川県小豆島町(小豆島)南側の池田湾にある「しょうどしま・ふるさと村海の駅」へ行こうと思います。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(0)
コメント:
小豆島まで!?
お久しぶりです。
門司港でお会いしたContrail/児玉です。
いつの間にか小豆島まで来ていたのですね!?
牛窓で会ったレスポアールは元同僚です。
台風17・18が心配ですね。11月まで台風は続くと思います。
西宮は湾の奥なので安心です、自主管理のハーバーですがしばらく面倒見ますよ!
URLを覗いて見てください。
URL訂正
URL訂正します。
西宮・甲子園ヨットハーバー
一文字ヨットクラブ
http://www.ichimonjiyc.com

ビジターバースのページをご覧ください。
Re: 小豆島まで!?
ヨット「こんとれ~る」
児玉様

コメント有難うございました。

今年は沖縄まで行って冬を越そうと思っているのですが、超大型台風が次から次へとやってきてなかなか沖縄へ向かうことができずに、九州を回って瀬戸内海に逃げ込んでいます。

さらに超大型の台風17号が来てますので、この台風が去った後天候を見ながら沖縄を目指そうと思っています。

一文字ヨットクラブへのお誘い有難うございます。
今度の台風は、瀬戸内海の西の方でやり過ごそうと思っています。

次の機会によろしくお願い致します。
また、どこかでお会いできます日を楽しみにしています。

TSUYOTAKA
古賀

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。