09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

御前崎港マリーナを出港しました

2012-04-02
今朝5時半、御前崎港マリーナを出港しました。

渥美半島の赤羽漁港を目指しましたが、出港当初西の風が残っていて、波も悪かったので船速上がらず、浜名港の新居漁港を目指すことにしました。

風は南の微風に変わり、波も収まり順調です。
現在(11時)磐田市の掛塚灯台沖を通過中です。
13時10分、浜名湖入口の今切口を通過し、13時30分 新居漁港に到着しました。

今切口を通過して右へ行くと舞阪漁港で、左へ行くと浜名湖へ入る主水路になっていて、途中JRの鉄橋の手前を左に入ったところが新居漁港です。

何故新居漁港に入港したかと言うと、御前崎港マリーナのヨットマンの皆さんが、浜名湖に入るなら舞阪より新居の方が良い、ただし水路をそれると極端に浅いので要注意だが、との勧めがありました。

また、浜名湖でモーターボートを持っている大学の同級生からも、もし浜名湖にはいるなら舞阪より新居の方が良いとの情報も得ていました。

しかし、初めての浅い水路に一人で入って行く勇気は無かったので寄港地の対象にはしてませんでした。

しかし、遠州灘を渡るのに御前崎を出た後どこの港に寄港するかは大問題であり、御前崎に入港する前からの重大懸案事項でした。福田漁港には入らない方が良いとか、舞阪はヨットを着ける岸壁が無いとか、ネガティブな情報はあるのですが、遠州灘を渡るならこの港に入ると良いという情報がありませんでした。

仕方なく、朝3時に出て大王崎の波切漁港まで一本で行ってしまおうかと考えたのですが、72Nmもあり御前崎港マリーナを暗い内に出るのは勇気が要りますし、昨日からの西の強風は朝4時過ぎまで吹いていたので、この案は無理でした。

そこで渥美半島の赤羽漁港に入ることを考えたのですが、御前崎から約60Nmあり6ノットで10時間、5ノットで12時間かかるので、結構きつい決断になりました。

赤羽漁港を目指すには、朝明るくなり始めたらすぐに出港する必要があったので、4時に起きて待機していたのですが、西風が4時過ぎまで強く吹いていて、明るくなり始めてやっと少しづつ落ちてきた状況でしたので、風が落ちるのを待っていたら出港が5時半になってしまい、赤羽漁港を目指すにはぎりぎりの出港時間でした。

さらに出港当初は西風が結構残っていて波も悪かったので、とても5ノットを維持することができず、赤羽漁港もあきらめざるを得ませんでした。

そこで、浜名湖の大学の同級生に相談したところ、新居漁港への入港方法を教えてくれ、さらに入港時間に合わせて今切口の陸側で待っていてくれたり、新居漁港岸壁先端から携帯電話で誘導してくれたりしてくれたので無事入港することができました。


ということですので、初めて一人で入港するのでしたら、入港方法を事前に十分調査する必要があります。
今回友人からもらった情報をそのまま(一部手を加えて)載せておきますので参考にして下さい。

① 浜名湖入口(今切口)沖1キロ位は時期によってシラスの2艘曳き漁船が操業しているので近寄らないように。
② 今切口は汐の流れが速いのでやはり汐止まりを狙った方が良い。
③ 沖で完全に帆を下し、機走で今切口を目指す。
④ 今切大橋をくぐるとすぐ正面にT字型の防波堤があり、奥に赤い鳥居が見える。
⑤ 右(東)が舞阪漁港へのルート、
⑥ 左(西)が新居漁港へのルートで、こちらを防波堤に沿って(浮かんでいる発泡スチロールより防波堤側に近づかないように)進む。
⑦ 漁港までの航路は8.9トン型シラス漁船が通るので水深は十分あるが航路の幅は20m位しかない。航路の両側は水深が1m位しかない。
⑧ 航路の左右は牡蠣養殖の竹竿が多い。右には「いかり瀬」という瀬が広がっている。
⑨ 防波堤が終わった後もそのままの進路で200mほど進んだ後、北に転進し正面に国道1号線の橋とその奥にJR東海道線の鉄橋を見て進む。
⑩ 橋の橋脚に「航路」と書いてあるルート上は水深が確保されている。(双眼鏡)
⑪ 橋の手前100m位の左手(西)に岸壁がある。この岸壁が係留場所。
⑫ 橋に向かってきて左に転舵し正面を見ると、新居漁港の水揚げ場がある。その南に長さ100m位の低い堤があるが、そちらは浅いので近づかないように。
⑬ 係留岸壁(東西)と漁港の岸壁(南北)とでL字型になっているので、出来れば奥のコーナーに近い方が西風を避けるのに良い。
⑭ 岸壁の部分は浚渫しているので水深は4m位ある。
⑮ 漁港の南にヤマハ発動機の新居工場があり、桟橋があり、小型のホイストがあるが、水深は2m位なので近づかないように。


以上ですが、小型船用港湾案内で事前に何度もイメージトレーニングを行い、浜名湖に入った後は NEW PEC+GPS の画面とエコーサウンダー(水深計)をにらみつつデッドスローで入って行きました。

今日の入港時(13時30分)の潮位は72cmほどでした。私の水深計では水深2.8m(キール下1m)で警報が出るように設定していたのですが、警報が出たのは岸壁に近づいてからで、水路は終始4~5mほどあり問題ありませんでした。

岸壁は高さが水面から3mほどあり、乗り降りがちょっときつそうです。また、岸壁のきわは浅い場所があるので大潮など要注意です。

今日は台船に(無許可で)横抱きさせてもらったので楽勝です。


明日は南西の暴風で、明後日も西風が強いとの予報なのでここで休養します。


スポンサーサイト
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
Aloha!
つよたかさん Aloha!
新居漁港に入港したんですね!
ちょっと なつかしいにゃ~。
明日の荒天を安全にかわしてください。
F氏によろしくね。
No title
浜名湖の詳しい状況は初めて詳しく知りました!
情報ありがとうございます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。