09-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>11-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

舞阪漁港へ移動しました

2012-04-03
今朝起きたら何故か東の風が結構強く吹いていて、東方向は何の障害物もない完全なオープン状態なので、東~南東の風がさらに強くなるとまずいと思われました。

そこに新居漁港に漁船を置いている方が来られて、今日、明日ここ(東西に伸びる岸壁)は南~南西の風が強くなるのできついから舞阪漁港へ移動した方が良い、緊急避難だから着けさせてくれると言われました。

また、横抱きさせて頂いていた台船の作業員の方たちももやいの増し取りを行い、やはり横抱きさせていた小型作業船を別のところへ移動させるとのこと。

急ぎ準備をして8時過ぎ移動を開始し、9時前に舞阪漁港に入りました。

舞阪漁港は昨日友人の車で下見しておいたので様子は分かっていました。
西側の岸壁は、しらす漁の漁船が船尾着けして網を広げて整備するため着けられそうにありません。

入口を入ってすぐ右に回り込んだところの防波堤が空いてますが、係留するためのビットもリングも無いので係留できません。
そこで、南側の岸壁に係留している動きそうにない漁船(中村丸)に横抱きさせて頂き、他の漁船の持ち主の方に聞いたところ、漁協に電話してくれて係留の許可を取りました。

しかし、係留場所はやはり西側の岸壁はしらす漁の漁船が来て網の整備をする時に邪魔になるので、今のまま(中村丸に横抱き)で良いということになりました。しかし水深が浅いので要注意です。
大変遅くなりましたが、昨日の写真をアップします。

御前崎港マリーナ出港時の日の出です。
CIMG1936.jpg

今話題の浜岡原発です。現在防波堤をかさ上げ中ですが、海から見ると津波には無防備状態に見えます。
CIMG1942.jpg

福田漁港の入口です。この時はなぎ状態でしたので、問題なく入港できたのではないかと思います。
CIMG1949.jpg

浜名湖入口の防波堤です。先端に赤灯台があります。
CIMG1951.jpg

今切口です。橋の下に見える白灯台で右と左の入港水路に分かれます。
CIMG1952.jpg

ここからは、友人が今切口の陸から撮ってくれた写真です。
DSCN2849.jpg

DSCN2852.jpg

DSCN2856.jpg

DSCN2861.jpg

DSCN2870.jpg

次の3枚は、新居漁港の北側岸壁(東西に伸びている)から撮ってくれた写真です。
DSCN2872.jpg

DSCN2874.jpg

DSCN2875.jpg

台船に係留したところです。
DSCN2879.jpg

DSCN2882.jpg

舞阪漁港です。
DSCN2886.jpg

中村丸です。今、この船に横抱きさせて頂いています。
DSCN2887.jpg

この防波堤を回り込んだ所は空いてますが、係留ビットもリングも無いので係留できません。
DSCN2888.jpg

以上です。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)
コメント:
ピークは過ぎました
今日は会社で仕事をしていても皆そわそわしており、結局3時過ぎに全員帰宅としました。それでも
電車は混雑およびダイヤの乱れで帰宅したのは6時近くでした。
遠州灘の人々は相模湾よりヨットに対して親切みたいですね?昔、石原慎太郎のエッセーで遠州灘で難渋していたところ、通りがかりの漁船が曳航してくれて、さらにロープずたいにできたてのオニギリまで差し入れしてもらい、感激のあまり多少の謝礼を送り返したところ、「遠州灘を通るのに金は要れねえ」というメモと一緒に謝礼も戻ってきたといった話を想いだしました。では

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。