05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今日は安乗で休養です

2012-04-06
今日は、ここ安乗で休養することにしました。
昨日緊急避難的に入港した港ですが、これも何かの縁です。

早速風呂を探しました。
近くにある庄屋旅館に電話して、おばあちゃんに風呂+夕食で予約しました。

それからプロペラに巻き付いた藻を取り除く作業をしました。
スイムラダーを下ろし、ボートフックで試みましたが全くだめでした。

プロペラが見えないので、やみくもに押したり引いたりするだけで全く取れません。
長柄鎌は昨日の洋上作業で刃が結構欠けてしまっていて、船体に傷を着けるし、危ないので使いませんでした。

仕方なくウエットスーツを着て潜りました。
今頃は水温が低く、気温も冬なみですので、気合いが要ります。

藻は簡単に取れたのですが、体もウエットスーツも清水洗いしたかったので水道を探しましたが、どこにもなさそうでした。

そこで、庄屋旅館のおばあちゃんに頼んで、旅館の外の水道を貸してもらい、ウエットスーツごと水洗いしてすっきりしました。5時からの風呂と夕食が楽しみです。


追伸です、
昨日お伝えするのを忘れましたが、舞阪漁港は水深が浅いので入港する場合は十分注意して下さい。
4月4日は大潮の一歩手前でしたが、夜中に15.8cmまで下がった時にキールが海底にタッチしました。

この時の水深は2.0~2.1mで、私のヨットの吃水は1.85mなので当たらないはずでしたが、海底に何か出ていたのかもしれません。

追記です。

今日午後4時ころ、今横抱き係留させて頂いている幸興丸にいつも船を係留している漁船の船長さんが来て、『俺の船は向こうに止めたからさ、いつ出るの?』と聞かれました。

てっきりここはいつも空いていると思っていたのですが、いつも止めている漁船がいたのです。
でも、怒っている訳ではなく、『明日出ます、ご迷惑をお掛けしました』と答えると、『な~~んも』と言って笑いながら、『どこから来たの、明日はどこまで行くの、一人なの? 』と聞かれました。

漁師さんたちにまた助けられました。
しかし、安乗漁港の港内ではもうヨット、モーターボートが止められる場所は無いようです。

港を入ってすぐ左側の岸壁ががらりと空いてましたので、そこなら止められると思います。
北~西が吹くとちょっときついと思いますが、港の中に入っていても、昨夜来吹いている北西の強風では港内でも白波が立ち、船側をバシャバシャ波が打ちつけるので、それほど変わらないかもしれません。

庄屋旅館で、風呂と夕食を頂いてきました。
おばあちゃんに会えなかったので、そのままヨットに帰ってきたらすぐ電話をくれて、挨拶もせずにごめんねと言われてしまいました。

人情豊かな安乗の町でした。
明日、五ヶ所湾の海遊人マリーナへ向かいます。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)
コメント:
適切な舞阪出航判断でしたね。
ウェットスーツでのプロペラ掃除、大変でしたね。
でも、昨日の舞阪出航は適切な判断でした。
今日の浜名湖は朝から西風が強く、湖内でも
白波が立ちっぱなしで、午後からひどくなっています。
安乗は西風には大丈夫ですよね。
ゆっくり休んでください。
Re: 適切な舞阪出航判断でしたね。
コメント有難うございました。

気象庁の予報では、遠州灘は昨日、今日、明日と3日間、西の風が15mで以上で出港できなかったのですが、民間3社の予報では昨日の15時までだけは風が弱かったので出港を決めました。

決して無理をしているつもりは無いのですが、遠州灘を早く越えたいという思いが、ぎりぎりの決断をさせていたようです。

TSUYOTAKA
古賀


> ウェットスーツでのプロペラ掃除、大変でしたね。
> でも、昨日の舞阪出航は適切な判断でした。
> 今日の浜名湖は朝から西風が強く、湖内でも
> 白波が立ちっぱなしで、午後からひどくなっています。
> 安乗は西風には大丈夫ですよね。
> ゆっくり休んでください。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。