07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

潮岬を越え、綱不知に入港しました

2012-04-13
2012年4月13日 16時 記

今朝、5時25分に串本港を出港し、13時50分に南紀白浜の綱不知に入港しました。
途中、6時30分に潮岬を越えました。

くしもと大橋です。
CIMG2058.jpg

串本の日の出です。今日も良い天気になるかと思ったのですがだめでした。
CIMG2059.jpg

難所の潮岬を無事越えることができてほっとしています。

黒潮が潮岬から少し離れて流れているのか、艇速はそれほど落ちませんでした。
うねりは大きかったのですが、風が弱かったので助かりました。

潮岬灯台です。
CIMG2060.jpg

今日は、白浜に住んでいる昔のヨット仲間が串本から乗船してくれていたので、入港が難しいと言われている綱不知も問題なく入港できました。

いくつかポイントを記しておきます。

田辺湾入口にある京都大学田辺中島高潮観測塔灯です。
CIMG2064.jpg

良い目印になるのですが、南からアプローチする場合、この塔灯を視認してもその手前に見えにくい杓子岩、小杓子岩があるのですぐに針路をその塔灯に向けることはできないので要注意です。

田辺港中ノ島南東灯浮標(左側にポツンと見えます)と畠島(右側)です。
CIMG2078.jpg

中ノ島南東灯浮標は見えずらいので、まず畠島をしっかり確認して、灯浮標を視認できるまで畠島側にはあまり近づかないように注意しながらゆっくり進んで行きました。

畠島を右舷に見てもすぐには回り込まず、畠島を通り過ぎて正面にある生け簀の手前で右に舵を切りました。

ここからは、畠島にあまり近づかずに生け簀寄りを進みました。
畠島と生け簀の中央を進むと、結果として畠島に寄りすぎてしまうので、生け簀寄りを進みました。

綱不知の港内に入って浮き桟橋を確認して進みましたが、水深は十分ありました。

浮き桟橋は、中央のアーチの下に見えます。
CIMG2085.jpg

係留完了しました。
CIMG2088.jpg

CIMG2089.jpg


昨日串本入港時の予定では、今日は周参見へ入って泊まり、14日(土)に白浜の友人に乗船してもらって綱不知を目指すことになっていたのですが、昨日の夜の予報では14日(土)は四国沖に低気圧が来て天気が崩れ、風も強くなるとのことだったので、急きょ予定を変更して今日一気に綱不知まで来ることにしました。

白浜の友人は、昨夜仕事が終わった後一睡もせずに今朝4時半に串本まで駆けつけてくれて乗船してくれました。
大感謝です。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(1)
コメント:
No title
すぐ横に温泉が出来たのでいい桟橋になりましたね。
Re: No title
ヨット『風来坊』様

はい、温泉がすぐ目の前にあるので驚きました。

ここは静かで良い泊地ですね。
水、電気があって、一泊2000円です。

電気は有料と言われましたが、結局サービスしてくれました。

TSUYOTAKA
古賀

> すぐ横に温泉が出来たのでいい桟橋になりましたね。

管理者のみに表示
トラックバック:
2012年4月13日16時記今朝、5時25分に串本港を出港し、13時50分に南紀白浜の綱不知に入港しました。途中潮岬を無事越えることができてほっとしています。今日は、うねりは大きかったので

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。