07-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

苅田港に到着しました

2013-10-31
2013年10月31日(木) 22時45分 記

今朝6時に、山口県下関市豊浦町の「フィッシャリーナむろつ」を出港し、13時45分に福岡県苅田町の苅田港に到着しました。

39.3マイルの航程でした。
天気は曇り、東のち南東の風ともに風力3、波高0.5mでした。

中央やや左が「フィッシャリーナむろつ」で、中央下が苅田港です。
IMG_7722.jpg

関門海峡です。本船航路の右側を通りました。
IMG_7723.jpg

朝焼けがきれいでした。
IMG_7654.jpg

朝日もきれいでした。
IMG_7659.jpg

室津を出てすぐ西側にある蓋井島です。
IMG_7655.jpg

関門海峡の入口方向です。正面左の島は六連島です。
IMG_7665.jpg

六連島の右は馬島です。
IMG_7666.jpg

関門海峡入口西側の藍島です。
IMG_7669.jpg

関門海峡の入口です
IMG_7670.jpg

IMG_7674.jpg

IMG_7673.jpg

関門海峡に入ります。
IMG_7675.jpg

後ろから続々と本船がやって来ます。
IMG_7676.jpg

ここから左へUターンするように曲がります。
IMG_7677.jpg

IMG_7678.jpg

門司の街並みです。
IMG_7679.jpg

IMG_7680.jpg

IMG_7681.jpg

下関の街並みが見えてきました。
IMG_7682.jpg

関門橋が見えてきました。
IMG_7683.jpg

本船がすぐ横を追い越して行きます。
IMG_7684.jpg

巌流島です。
IMG_7685.jpg

関門橋がだんだん大きくなってきます。
IMG_7686.jpg

IMG_7687.jpg

IMG_7688.jpg

IMG_7689.jpg

IMG_7690.jpg

IMG_7691.jpg

IMG_7692.jpg

IMG_7693.jpg

IMG_7694.jpg

IMG_7695.jpg

IMG_7696.jpg

IMG_7697.jpg

IMG_7698.jpg

IMG_7699.jpg

IMG_7700.jpg

IMG_7701.jpg

和布刈神社です。
IMG_7702.jpg

火ノ山下潮流信号所の表示です。「E」は、東流。
IMG_7703.jpg

「2」は、2ノット。
IMG_7705.jpg

「上向き矢印」は、潮流が強くなって行くことを示します。
IMG_7706.jpg

北九州空港です。
IMG_7707.jpg

北九州空港の南側を回ると苅田港です。
IMG_7709.jpg

苅田港です。
IMG_7710.jpg

IMG_7711.jpg

港口です。
IMG_7712.jpg

IMG_7713.jpg

工場地帯の細長い水路を進みます。
IMG_7714.jpg

IMG_7715.jpg

工場地帯を抜けると、苅田の町並みが見えてきました。
IMG_7716.jpg

水路の一番奥にビジター用のポンツーンがあって、そこに係留させてもらいます。
IMG_7717.jpg

係留完了しました。
IMG_7718.jpg

IMG_7719.jpg

IMG_7720.jpg

IMG_7721.jpg

中央右の縦長の長方形は、北九州空港です。
IMG_7724.jpg

IMG_7725.jpg

IMG_7726.jpg


苅田港のビジターバースに係留するには、事前の係留許可申請が必要で、日本海、北海道周航中にお世話になった「フィッシャリーナむろつ」のヨット「あかね」さんに申請して頂きました。

これだけ奥まっているので、台風避難も出来るようです。
目の前に公衆トイレがあり、すぐそばにコンビニ、社会福祉センターの公衆浴場があり、苅田駅も近く大変便利なところです。

便利で快適なところなので、少しゆっくりしたいのですが、そうも行かないので、明日は大分県姫島村の姫島港へ向かいます。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(1)
コメント:

管理者のみに表示
トラックバック:
下関市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。