06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

清水港の富士山羽衣マリーナに到着しました

2013-12-02
2013年12月2日(月) 20時50分 記

今朝6時18分に、静岡県御前崎市の御前崎港を出港し、13時に静岡県清水市の清水港にある「富士山羽衣マリーナ」(旧折戸マリーナ)に到着しました。

33.8マイルの航程でした。
天気は快晴、西の風風力4、波高1m、のち北西の風風力3、波高0.5m、のち風弱くなり波はほとんどありませんでした。

中央下が御前崎港で、右上が清水港です。
IMG_8686.jpg

御前崎港を出港するところです。正面に富士山が見えています。
IMG_8640.jpg

朝日がきれいでした。
IMG_8641.jpg

正面に富士山が見えているのですが、ちょっとはっきりしません。
IMG_8658.jpg

少しはっきりしてきました。とにかく富士山を目指して進みます。
IMG_8661.jpg

左側は三保の松原です。
IMG_8664.jpg

清水港が見えてきました。
IMG_8665.jpg

三保埼の清水灯台が見えています。
IMG_8668.jpg

三保埼を回ります。
IMG_8669.jpg

IMG_8671.jpg

清水港の入口です。
IMG_8672.jpg

IMG_8674.jpg

清水港に入りました。
IMG_8675.jpg

清水の中心部の方向です。
IMG_8676.jpg

ヨットハーバーがあります。
IMG_8678.jpg

水路を進んで最奥まで行きます。
IMG_8677.jpg

かつての貯木場の防波堤です。
IMG_8679.jpg

防波堤の中には貯木用の杭が残っています。
IMG_8680.jpg

二番目の防波堤です。
IMG_8681.jpg

三番目の防波堤の向こう側が「富士山羽衣マリーナ」です。
IMG_8682.jpg

IMG_8683.jpg

ビジターバースに係留完了しました。
IMG_8684.jpg

IMG_8685.jpg

「富士山羽衣マリーナ」は清水港の最奥にあります。
IMG_8688.jpg

清水港に入ってから延々と水路を走ります。
IMG_8691.jpg

旧貯木場の防波堤を三つ通り抜けると「富士山羽衣マリーナ」です。
IMG_8689.jpg


これで今年の航海は終わりです。

昨年の3月26日に、清水港を出港して以来1年8ヶ月ぶりに戻ってきました。

昨年は、清水港を出た後、紀伊半島を回って明石海峡から瀬戸内海に入り、関門海峡を抜けて壱岐、対馬、五島列島へ行き、九州を反時計回りで回って再び瀬戸内海に入って台風シーズンが終わるの待ってから、豊後水道を南下してトカラ列島、奄美諸島に寄りながら沖縄の宜野湾港マリーナへ行きました。

宜野湾港マリーナで冬を過ごした後、今年の3月26日に出港し、奄美諸島、トカラ列島、九州西岸、北岸を通って日本海に入り、日本海を北上して北海道を時計回りで回って再び日本海に入り、日本海を南下して、関門海峡、豊後水道を通って太平洋へ出て、四国南岸、紀伊半島、遠州灘を経て清水港に戻りました。

この間、寄港させて頂いた港は延べ240港、航海距離は7,000マイルにおよびました。

入港させて頂いた港では、漁師の方々、地元のヨットマンの方々、ヨットとは無縁の一般の方々など、多くの方々にお世話になり、助けて頂きました。

同様にヨットで旅をしているヨットマンの方々からは、貴重な港の情報などを頂き大変参考になりました。

また、ブログへも多くの方々から助言や激ましの言葉を頂き、参考にさせて頂くと同時に大いに力付けられました。

本当に有難うございました

最後に、この様な我儘を許してくれて、支援してくれた家族に大感謝です。


この後、12月6日にヨットを陸揚げして、ニュージャパンヨットへ搬入して、不調ヶ所と損傷ヶ所の修理と来年以降外洋へ出るための設備や艤装品を取り付ける予定です。

来年は、4月になりましたら航海を再開して、新たに取り付けた装備品の作動確認と操作方法の習熟を行いつつ外洋へ出るためのトレーニングを行う予定です。

ブログは今日で一旦終了し、来年予定通り航海を始めることが出来ましたら再開したいと思います。

長い間有難うございました。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(21) | トラックバック:(0)
コメント:
無事ご帰港おめでとうございます
古賀さん

長い航海お疲れさまでした、無事ご帰港おめでとうございます。
艇の整備・点検等色々お忙しいとは思いますが一段落後にゆっくり休養して、次の航海に備えて下さい。
ブログを拝読させて頂き有難うございました。
      
                      SANA
日本一周の航海お疲れ様でした。夏からのお付き合いでしたが大変楽しく読ませて頂きました。外洋への挑戦は大変そうですが完遂されると思っております。来春を楽しみに待たせて頂きます。有り難う御座いました。
おめでとうございます
無事 帰港
おめでとうございます。
やり遂げる精神力に敬服です。
明日からはブログの楽しみがなくなりますが、来年を楽しみにしています。
ゆっくり休んで英気を養ってください。
無事に到着ですね
無事に到着ですね。
長い航海お疲れ様でしたね(^。^)
おかげさまで楽しい船旅を
一緒にさせて頂きました。

来年もいろいろご予定ある様なので
楽しみに致しますね。

ではまた

Re: 無事ご帰港おめでとうございます
ヨット「SANA」
吉田さん、

コメント有難うございました。

去年の5月に、瀬戸内海の弓削島でお会いして以来、電話で、メールでいろいろアドバイス頂き有難うございました。

また、9月にはやはり瀬戸内海の能美島で再会できて、上鎌刈島まで一緒に移動して楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

有難うございました。

来年以降、またどこかでお会いできますことを楽しみにしております。

TSUYOTAKA
古賀
Re: 祝
田口様

コメント有難うございました。

北海道周航時にお会いした、ヨット「パパラギ」さんのお知り合いとのことで、いろいろコメントを頂き有難うございました。

北海道は、風、波は厳しかったですが、港々では楽しく快適に過ごすことができました。
北海道良かったです。

来年以降、また北海道へ行きたいと思ってますので、今後ともよろしくお願い致します。

TSUYOTAKA
古賀
Re: おめでとうございます
ヨット「TAMA」
鈴木様

コメント有難うございました。

今回の航海に出た直後の、去年の4月に初めてコメント頂いて以来、メールでもいろいろとアドバイス頂き有難うございました。

最初はこちらが先行していて、5月に瀬戸内海の弓削島近くで最接近したのですが、残念ながらお会いできず、今度は「TAMA」さんが先行されました。

それ以来、「TAMA」さんのブログを読ませて頂き、寄港先を選ぶ際の参考にさせて頂きました。
有難うございました。

来年以降どこかでお会いできますことを楽しみにしております。

TSUYOTAKA
古賀
Re: 無事に到着ですね
ヨット「フェニックス」さん、

コメント有難うございました。

「フェニックス」さんからは最も多くのコメントを頂きました。
コメントをもらうと、ブログを読んで頂いているのだなと思い、嬉しかったです。

有難うございました。
今後ともよろしくお願い致します。

TSUYOTAKA
古賀

おめでとうございます!
本当におめでとうございます!

世界遺産になった富士山へ向けて、三保の松原などと共に素晴らしい景観を懐かしく眺めながらの無事の御帰還は、とても感慨深かったことと思います。

日本一周の2年間に亘る永い航海を、安全に完遂されたことは、立派なシーマンシップを持っておられることの証明であると、心から敬意を表します。

永いクルージングの期間を通して、多くの美しい写真や航海の情報を詳細に記述して頂いたことは、とても参考になり、ありがたいことであると思います。
航海日記を楽しく読ませて頂き、感謝しています。

次の外洋航海へ向けて、どうぞゆっくりと休養・充電してください。
おめでとうございます
古賀さん本当にお疲れ様でした。
毎日楽しみに拝見していましたので終わってしまうのは残念です。
何時も美しい画像で朝日や知らない港を紹介して頂きましたが、実際は大変な海況やトラブルも多く有った事でしょう。
全てを乗り越えて計画通り完遂されたのは流石ですね。
暫くゆっくりして身体を休めて次の目標を目指して下さい。
次のチャレンジを楽しみにしています。
Re: おめでとうございます!
倉田様

コメント有難うございました。

去年の10月に内之浦港でお会いして以来、多くのコメントを頂き有難うございました。
ブログを読んで頂いているということが大きな励みになりました。

航海そのものは、天気の良い日にデイクルージングを積み重ねて来ただけですので、大したことはありません。
ただ、私も多く方のブログを読ませて頂き、いろいろな情報を頂きましたので、私も情報を提供すべきと思い、特に港の係留場所について詳しく紹介してきました。

ほめて頂いて嬉しいです。

また内之浦港でお会いできますことを楽しみにしています。

TSUYOTAKA
古賀

Re: おめでとうございます
ヨット「Blue」
豊田さん、

コメント有難うございました。

昨年の出航直後からコメントを頂き、10月には北条港で大変お世話になり有難うございました。
また、今年の3月には沖縄でもお会いできて、楽しいひと時を有難うございました。

来年以降も、またどこかでお会いできればと思っています。

TSUYOTAKA
古賀
無事帰港おめでとう
2012年の3月以来ですから感慨無量でしょう。都合をつけて年末に会いましょう。
おめでとうござおます!
TSUYOTAKA・古賀さん、長~い航海お疲れさまでした。
ご自身もヨットもゆっくりとご静養して下さい。

今度は一緒に周航したいですね!

Contrailは今、2ヶ月間上架していろいろ整備をしていますが、お婆さんなのであちこち痛みが出ています。私も筋肉痛で作業が進みません。

来春までに何とか若返らせて旅に出たいと思います。

Tsuyotakaの最新の泊地情報はとても参考になります。有難うございました!
        児玉良和
祝帰港
古賀さん

ついに今回の航海も終えられたという事で、達成感と数々のドラマを思い返して、きっと楽しい時間をご家族と過ごされている事でしょう。


私はといえば、古賀さんの来年の4月出航までは、勝手ながら、まだ読んでいない「バックナンバー」を晩酌の肴にさせていただき、夜な夜な楽しませていただいております。ありがとうございます。

それと、例の衛星電話ですが、古賀さんからご指摘があった件を、KDDIに確認を取ったところIsatPhoneも「A2水域」までの無線設備として認められているという事でした。

また、実際に土佐沖20マイルくらいの所まで50フィートぐらいの漁船に乗せてもらい、航行し、波に揺られて発着信ができるかという事も試してきました。

IsatPhone本体だけでは、本来屋根の下では使えないという仕様なので、船で使う際は外部アンテナを付けるか、デッキに出ないと全く使い物にならないと思っていましたが、揺れている船内でも薄いFRPの屋根やテント生地の下でしたら、発着信できましたので、思っていたより受信感度はいいようです。

ヨットだとキャビン内では厳しいかもしれませんが、入り口付近では使えるのではないかと思われます。

また、来年の4月からの日記も楽しみにしています。

ヨットを外洋仕様にされるという事ですので、どんなふうにされるかという事も、個人的には大変興味深いです。

私も15年先にヨットを買う為に、お金を稼ぎ、妻に海のすばらしさを、時間を掛けて説いていくつもりですので是非これからも参考にさせて下さい。

またお会いできる日を楽しみにしています。

これから寒さも本格化するようですのでお身体くれぐれもご自愛下さいませ。





Re: おめでとうござおます!
ヨット「コントレ~ル」
児玉様

コメント有難うございました。

昨年の5月末に門司港でお会いして以来、要所々々でコメントを頂き有難うございました。

今回の周航では、寄港地の選定や係留場所で「コントレ~ル」さんのブログを何度も参考にさせて頂きました。
有難うございました。

来年以降、またどこかでお会いできます日を楽しみにしています。

TSUYOTAKA
古賀
Re: 祝帰港
平田さん、

コメント有難うございました。

先月、高知県の室津港でお会いして以来、ブログへコメント頂き有難うございました。

KDDIのインマルサット携帯電話「IsatPhone」 の洋上テスト有難うございました。
揺れる洋上で十分使用でき、外部アンテナを付ければキャビン内でも全く問題ないですね。

現状、無線設備としての認定はA2海域までとのことですので、航行区域が遠洋では認定されないと思いますが、プライベートでの使用なら本体価格、基本料金が安いので、十分検討に値します。

貴重な情報有難うございました。


平田さんも是非ヨットの世界に入って下さい。
今度は海の上でお会いしましょう。

TSUYOTAKA
古賀
No title
古賀さん

長い航海お疲れさまでした、無事ご帰港おめでとうございます。
宇和島市来航後ブログより追尾させていただきました。
ブログを拝読させて頂き有難うございました。
クルージング時には写真も多く参考になる物となりました、又のクルージングを楽しみにしております(^^)v
Re: No title
番長さん、

コメント有難うございました。

11月に宇和島でお会いして以来、ブログへコメント頂き有難うございました。
宇和島港は便利で快適な港でした。

また寄港させて頂きたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

TSUYOTAKA
古賀
No title
無事帰港おめでとうございます。
ブログを拝見して、私も日本一周の夢を膨らませました。
今度は外洋にチャレンジとの事、楽しみにしております。
Re: No title
ヨット「Venti I」さん、

コメント有難うございました。

是非、日本周航の旅へ出発して下さい。
どこでお会いできます日を楽しみにしています。

TSUYOTAKA
古賀

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。