03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

八丈島の神湊港に到着しました

2014-04-28
2014年4月28日(月) 22時10分 記

昨日の16時ころ三宅島をスルーすることを決めて、今朝8時12分に八丈島の神湊港に到着しました。
西伊豆の松崎港から117.9マイルの航程でした。

天気は晴れ、ほぼ真向かいの南寄りの風風力2~3、波は0.5mのち1mで、うねりがありました。

右下が八丈島です。
IMG_9228.jpg

左上が伊豆半島最南端の石廊埼です。中央の一番上の島が利島、その下の小さな島が鵜渡根島、その下の縦長の島が新島、その左下の小さな島が式根島、そのさらに左下の大き目の島が神津島、その右やや下方向の大きな島が三宅島、その下が御蔵島です。
IMG_9229.jpg

八丈島の中央上が神湊港です。左側の小さな島は八丈小島です。
IMG_9230.jpg

オーバーナイトの後の日の出です。
IMG_9183.jpg

八丈島が見えてきました。右側の島は八丈小島です。
IMG_9184.jpg

正面の山は八丈富士です。
IMG_9186.jpg

IMG_9185.jpg

IMG_9187.jpg

八丈富士と八丈小島です。
IMG_9188.jpg

IMG_9189.jpg

IMG_9190.jpg

中央のあたりが神湊港です。
IMG_9193.jpg

八丈富士はきれいな山です。
IMG_9197.jpg

正面が神湊港です。
IMG_9198.jpg

IMG_9199.jpg

神湊港が見えてきました。
IMG_9201.jpg

港の入口の防波堤です。
IMG_9202.jpg

IMG_9203.jpg

IMG_9204.jpg

IMG_9205.jpg

IMG_9206.jpg

港に入ってすぐ右側の公共岸壁です。
IMG_9207.jpg

さらに奥へ入ります。
IMG_9208.jpg

一番奥の漁協のある船溜まりへ入ります。左側の白い建物が漁協です。
IMG_9210.jpg

漁協の向かい側の岸壁に係留させてもらいます。
IMG_9211.jpg

係留完了しました。漁協前の岸壁から見たところです。
IMG_9212.jpg

港の一番奥から見たところです。中央向こう側にヨットが見えます。
IMG_9213.jpg

船揚スロープから見たところです。中央やや左にヨットが見えます。
IMG_9214.jpg

IMG_9215.jpg

IMG_9216.jpg

IMG_9217.jpg

IMG_9218.jpg

港に入ってすぐ右側の公共岸壁です。ここから360度時計回りで連続写真です。
IMG_9225.jpg

港の入口です。
IMG_9219.jpg

正面の岸壁にも係留できます。
IMG_9220.jpg

IMG_9221.jpg

確か、この方向の建物にNHKのテレビカメラが設置されていて、台風の時などに港の様子を映しています。
IMG_9222.jpg

IMG_9223.jpg

IMG_9224.jpg


八丈島には、以前来た時にお世話になった地元のヨットマンの方が居て、今朝の入港時には出勤途中の忙しい時間にもかかわらず、岸壁で待っていて下さって、係留場所を指示して頂き、係留作業も手伝って頂きました。有難うございました。

係留後に漁協へ行って係留の許可を求めると、港を管理している役場の担当部署を紹介して頂いたので電話すると、来てくれて岸壁使用の申請書に記入しました。

漁協からは、漁船の係留などの邪魔にはならないことの確認を頂きましたが、ダイビング船が入ると移動してほしいと言われるかもしれないとのことだったので、ダイビング船に聞いたところ、問題無いとのことだったので、係留できることになりました。

皆さん大変親切でした。

その後、かつてヨットを置いていた金沢八景マリンクラブでモーターボートに乗っていた知り合いの方も来てくれて、いろいろ差し入れして頂きました。有難うございました。

神湊港には、しばらく滞在する予定です。
天候も下り坂で、ここに来る途中で少し不具合があったので、それを修正してから小笠原へ向かおうと思います。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)
コメント:
お疲れ様です。無事到着何よりです。
港の360度写真、いいですね。
手間ですけど、なんか、自分も、そこに居るみたいです。
No title
何時も良い旅してますね 古賀様の人徳と存じます
五号の動き 気にしながら 良いタイミングで
小笠原へ おいしい魚食べて
先ずは 微調整
No title
八丈島へ無事到着お疲れ様でした。
貴艇の出港された翌日27日朝に富士山羽衣マリーナを訪問し友人M艇で楽しく過ごさせて頂きました。スタッフの方々も親切で良いマリーナでした。
Re: No title
ヨット「SEABASS」
鈴木様

コメント有難うございました。
一日違いでしたか。

富士山羽衣マリーナは、本当に快適なマリーナですね。

TSUYOTAKA
古賀

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。