04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

宮古島に到着しました

2014-06-10
2014年6月10日(火) 20時 記

6月9日(月)の14時57分に石垣島の石垣港を出港し、6月10日(火)の朝8時9分に宮古島平良港のすぐ北側にある荷川取漁港に到着しました。

85.3マイルの航程でした。
天気は終始曇りで時々大雨、たまに晴れ、風は南の風風力6~4、波高2mでした。

左下の航跡が出入りしている島が石垣島で、中央やや左下の島が宮古島です。
IMG_9842.jpg

左が石垣島で、右が宮古島です。中央の島は、上が水納島で下が多良間島です。
当然水納島と多良間島の間は通れるのですが、夜間居眠りしたら暗礁に乗り上げるので止めました。
IMG_9843.jpg

右が宮古島で、左の島は左側が下地島で右側が伊良部島です。一つの島のように見えますが、細い水路で別れているのだそうです。
IMG_9844.jpg

伊良部島側は浅瀬や暗礁が多いので航路ブイに沿って入港します。
IMG_9845.jpg

荷川取漁港は平良港のすぐ北側にあります。
IMG_9846.jpg

係留場所は、地元のヨット乗りの方に指示して頂きました。
IMG_9847.jpg

石垣島最北端の平久保埼です。夕日を浴びて黄ばんでいます。
IMG_9803.jpg

今日は夕日が赤くなりませんでした。
IMG_9806.jpg

一夜明けて、伊良部島と下地島です。
IMG_9810.jpg

IMG_9813.jpg

どう見ても一つの島に見えます。
IMG_9817.jpg

伊良部島を回って平良港へ向かいます。
IMG_9818.jpg

平良の街並みが見えてきました。
IMG_9824.jpg

平良と伊良部島を結ぶ伊良部大橋が建設中です。
IMG_9825.jpg

平良港の沖防波堤です。
IMG_9826.jpg

IMG_9827.jpg

IMG_9828.jpg

荷川取漁港の入口です。
IMG_9829.jpg

平良の街並みと平良港です。
IMG_9831.jpg

荷川取漁港の方向です。
IMG_9832.jpg

漁港の入口です。
IMG_9833.jpg

IMG_9834.jpg

IMG_9835.jpg

大きなカタマランの前に係留させてもらいます。
IMG_9838.jpg

係留完了しました。
IMG_9839.jpg

IMG_9840.jpg

IMG_9841.jpg


次は沖縄本島の宜野湾へ向かう予定ですが、天気予報によると明日熱帯低気圧が通過するので大荒れになり、通過後も北寄りの強い風がf吹き続けるようなので、いつ出港するか慎重に検討します。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(10) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
宮古島へ到着おめでとうございます。
いよいよ日本の南から、北の北海道へ向けての航海の始まりでしょうか。
安全でよい航海を祈っています。
Re: No title
倉田様、

コメント有難うございました。

梅雨前線を追い越さないように北上したいのですが、この時期天候の予測が非常に難しく、そんな芸当が出来るのかどうか分かりませんが、何とか北上したいと思っています。

うまく行ったとしても、梅雨明け10日の熱暑を追いかけて行くのかと思うとぞっとするのですが・・・。

TSUYOTAKA
古賀


宮古島ですね。北上ですか、何処かで
ラメール号と、すれ違いますね。
ご無沙汰しています
古賀様
2013/6/9に北海道江差港でお会いしました村住と申します。
その後の航海記録を拝見させていただいておりました。写真でのアプローチ説明が大変わかりやすく参考にさせていただいております。今回も素晴らしい航海を拝見しております。

私は今年は九州を目指して5月末から南下しておりますが色々不都合があり秋田で停滞中です。

これからの航海も楽しく安全である事を祈っておます。

昨年のエクセル版寄港地記録を頂戴できれば幸いです。
お帰りになってからで結構ですので宜しくお願いいたします。

murazui@me.com
はじめまして
はじめまして!
Dream-X@《ひまわり》(YAMAHA30CⅡ)です。
藤沢市在住ですが、ヨットは佐世保、西海パールシーを本拠地としています。
現在、沖縄から北上中、宝島前篭港で日和待ち3日目です。
5月16日から6月2日まで宜野湾マリーナにいたのですが、残念なことに、お会い出来ませんでした。
TSUYOTAKAさんの大クルージング、素晴らしいですね!
私など、オーバーナイト無し、1日50マイルまで(最悪60マイル)ですから。
しかし、危険は同じ、お互い無理せず、安航第一で行きましょう!!
ブログ楽しみに読ませてもらいます。
Re: タイトルなし
ヨット「フェニックス」さん、

コメント有難うございました。

何とか北海道まで北上出来れば「ラメール」さんと「こんとれ~る」さんにお会いできるかもしれないので頑張ります。

TSUYOTAKA
古賀
Re: ご無沙汰しています
村住さん、

コメント有難うございました。

懐かしいですね、覚えていて下さってうれしいです。
寄港地情報はメールでお送りしました。

またどこかでお会いできると良いですね。

TSUYOTAKA
古賀
Re: はじめまして
ヨット「DREAM-X」さん、

コメント有難うございました。

宜野湾では完全にラップしていたのですね、お会いできず残念です。
でも、走っていればどこかでお会いできると思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

TSUYOTAKA
古賀
太陽を連れて来て!
こちらは函館滞在一週間になります。
大雨、雷、強風、波浪、高潮、濃霧
注意報が出ており、これでは出航出来ません。太陽を連れて来て~!
「ラメール号クルージング便り」を検索してください。
Re: 太陽を連れて来て!
ヨット「ラメール」さん、

コメント有難うございました。

ブログ見てますよ。
函館は悪天候のようですね。

こちらは今宮古島ですが、梅雨前線が上がったり下がったりで、曇り、雨、曇り、雨の連続です。
雨が降っても気温は高く、夜は突然雨が降るので、ハッチを開けて寝られず船内は蒸し風呂状態です。
涼しい函館がうらやましいです。

ここのところ、北風が吹き続けているので北上出来ません。
やっと今晩から南寄りの風が吹くようなので宜野湾へ向けて出港しようと思っています。
しかし、天気予報は「雨時々止む」とのこと。
終日雨で時々止むことがあるということなんですかね、我慢して走ろうと思います。

「ラメール」さんが北海道を回って函館に戻ってきたころ、こちらが函館に着けば会えますね。
ブログで動静チェックします。

TSUYOTAKA
古賀

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。