08-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>10-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

伊平屋島の前泊港を出ました

2014-07-13
2014年7月13日(日) 16時50分 記
      7月14日(月) 20時 追記

今朝6時に、沖縄県宜野湾市の宜野湾港マリーナを出港し、15時27分に沖縄県伊平屋島の前泊港に入港しましたが、南西の風強く、港内でも波が立ち、良い係留場所がないので、15時57分に港を出ました。

沖永良部島の知名港、徳之島の亀徳港、喜界島の湾港のいずれかの港へ向かいます。


2014年7月14日(月) 20時 追記

一番下が沖縄本島で、その北が伊平屋島、その北東が沖永良部島、さらにその北東が徳之島です。一番上の大きな島は奄美大島で、その東側の小さな島が喜界島です。
IMG_10349.jpg

宜野湾港マリーナから残波岬沖を回り、伊江水道を抜けて伊平屋島へ向かいました。
IMG_10350.jpg

伊江島の南側にある水納島です。
IMG_10266.jpg

水納島の対岸の本部町にある瀬底島です。
IMG_10267.jpg

7月4日(金)に寄港した伊江島です。
IMG_10275.jpg

美ら海水族館の方向です。
IMG_10276.jpg

海から見る美ら海水族館です。
IMG_10279.jpg

伊江島との間の伊江水道の本島側、備瀬埼です。
IMG_10284.jpg

伊平屋列島が見えてきました。
IMG_10291.jpg

IMG_10294.jpg

手前が伊是名島で、向こう側のうっすらと見えているのが伊平屋島です。
IMG_10295.jpg

伊是名島です。
IMG_10296.jpg

伊平屋島です。
IMG_10297.jpg

伊是名島から伊平屋島へかけて4枚連続です。
IMG_10298.jpg

IMG_10299.jpg

IMG_10300.jpg

IMG_10301.jpg

伊平屋島です。
IMG_10302.jpg

前泊港の方向です。
IMG_10303.jpg

伊平屋村の町並みが見えてきました。
IMG_10304.jpg

伊平屋島の南端です。
IMG_10305.jpg

中央部、前泊港です。
IMG_10306.jpg

北端です。
IMG_10307.jpg

前泊港の防波堤が見えてきました。
IMG_10308.jpg

港口の灯台です。
IMG_10309.jpg

IMG_10310.jpg

港口です。
IMG_10311.jpg

IMG_10312.jpg

港に入って正面はフェリーターミナルです。
IMG_10313.jpg

フェリー岸壁の並びの公共岸壁です。空いていればヨットはここに係留できると思います。
IMG_10314.jpg

公共岸壁の隣の防波堤の向こう側に船溜まりが出来ているのですが、水深データが全く無いので入りませんでした。
IMG_10315.jpg

IMG_10354.jpg

北東側に船溜まりが出来ているのですが、水深データがありません。
IMG_10355.jpg


前泊港は、南から南西の風の場合、港内でも結構波が立ってしまい、公共岸壁では安心して係留できないので、係留をあきらめて、15時57分沖永良部島の知名港を目指して港を出ました。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(4) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
奄美も梅雨明けした様ですね。
鹿児島は雨が降っていますが、そのうちに梅雨も明けると思います。
順風に乗って北上して来てください。
あらべ
長かった梅雨が明け小型船沿岸漁師を干上がらせる”あらべ”がやってきました。沖縄のカーチバイと似ていますが 当海域では九州南部の梅雨明けまでの約3週間程10メーター前後の梅雨前線に吹き込む南風が多くなります。御安航ください。
Re: No title
倉田様

コメント有難うございました。

奄美地方の梅雨が明けたので、喜界島まで北上しようと思います。

TSUYOTAKA
古賀
Re: あらべ
芝田様

コメント有難うございました。

「あらべ」の情報有難うございました。
十分気をつけて進みます。

TSUYOTAKA
古賀

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。