03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

無線局変更申請書を提出しました

2014-12-05
2014年12月5日(金) 15時15分 記

1.無線局変更申請
今日、無線局を「特定船舶局」から「船舶局」へ変更するための「無線局変更申請書」と必要書類一式を関東総合通信局へ郵送し、申請手続きが終了しました。

今年の4月に「特定船舶局」を開局したのですが、「特定船舶局」では国際航海できないので、1級海上特殊無線技士の免許を取って、「船舶局」への変更申請を行いました。

今年の春「特定船舶局」を開局する時に大変な思いをしたので(4月10日のブログを参照下さい)、今度はもっと大変だろうと思い、「特定船舶局」のまま出航してしまおうかとも考えたのですが、AISを追加装備することにしたのでいずれにしても変更申請は必要になり、何と言っても知っていて法を犯すことは止めようと思い直し、申請することにしました。

いざやってみると意外と簡単に申請することが出来、案ずるより産むが易しでした。

しかし、最初に関東総合通信局へ電話して、申請方法を問い合わせた時は、図面を添付する必要があり大変なので、業者に頼んだ方が良いのではないでしょうかと言われたのですが、図面なら自分で書くことが出来るので、書類の記入方法を教えて下さいと頼んで、日時を決めて九段下へ行ってきました。

一昨日、分かる範囲で記入した申請書類と、こんなものが要求されているのだろうと想像して書いた添付図面を持って関東総合通信局へ行ったところ、今年の春「特定船舶局」を開局する時に大変親切に教えてくれて、便宜も図ってくれた担当者の方にまたお会いすることが出来て、再度懇切丁寧に教えて頂きました。

提出した書類は次のとおりです。

1.無線局変更申請書
2.無線局事項書
3.工事設計書
4.添付図面(4枚)
5.無線従事者選任届(2級海上特殊無線技士から1級に変更)
6.船舶検査証書、船舶検査手帳のコピー

変更申請の場合、手数料は不要とのことでした。

上記書類の内、1、2、3、5 は総務省のホームページからエクセル書式のものをダウンロードして、パソコンで直接記入して作成しました。

4項の添付図面は、これまで見たことも無ければサンプルも無く、業者に頼んだ方が良いと言われていたので心配でしたがOKでした。

これから「船舶局」を開局申請する方の参考になればと思い、添付図面を参考に供します。

無線設備系統図です。
IMG_11720.jpg

電源系統図です。
IMG_11721.jpg

機器配置図(平面図)です。
IMG_11722.jpg

機器配置図(側面図)です。
IMG_11723.jpg



2.「国籍証明書」申請
「国籍証明書」はヨットで外国へ行く場合に必要な書類とのことで、千葉運輸支局へ行って申請書を提出してきました。

運輸支局は、車の登録など陸上部門の業務が99%以上を占めているようですが、海事部門もあります。
小型船舶操縦士の免許証の更新を自分で行う時に行くところです。

必要書類は次のとおりです。
1.住民票
2.船舶検査証書、船舶検査手帳のコピー
3.写真(船体の船舶番号、船体識別番号、船体全景)とあったのですが、船名が写っている左右舷各1枚の写真でOKでした。

申請手数料は3,250円です。

これで、冬の間に行うべきことが2つ減りました。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(3) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
TSUYOTAKAさん、こんにちは。船舶局開局おめでとうございます。いつも楽しく読ませていただいております。
Re: No title
ヨット「Venti I」さん

コメント有難うございました。

「船舶局」への変更申請は拍子抜けするくらい簡単でした。
免許状が来るまで安心できませんが、雰囲気的にはOKでした。

TSUYOTAKA
古賀

船舶局
ついに船舶局までしましたか
当方となりの阿部様も準備中なようです
が、無線の船舶局まで知ってるかな?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。