06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

アラメダ市のグランドマリーナに滞在しています

2015-08-04
2015年8月3日(月) 13時30分 記
(日時は全て現地時間です。)

現在アラメダ市のグランドマリーナに滞在していますが、Silicon Valley Sailing Club ( 以下 SVSC ) のメンバーの皆さん、現地の米国人ヨット乗りの方々、こちらにお住まいの日本の方々にお世話になりながら楽しく過ごしています。

こちらに到着以来3週間以上経ちましたが、毎日結構忙しかったのでブログをアップすることができませんでした。
7月17日(金)に仙台塩竈港から「雪風」号の阿部さんが到着した翌日から、8月1日(土)に出港された日までの様子をまとめて報告します。


7月18日(土)
SVSC のメンバーの方が帰国されることになり、送別会に「雪風」の阿部さん、阿部さんのご家族(奥様と弟さん)、友人の方と一緒に招待して頂きました。

この時、広島大学ヨット部OBの、水山さんにお会いして、いろいろお話させて頂きました。
広島大学は高校卒業時に受検した大学で、入学していれば間違いなくヨット部に入部していたので、強い縁を感じました。


7月19日(日)
SVSC の坂東さんに、カリフォルニアワインの里、ナパバレー と、ゴールデンゲートブリッジの良く見えるところなどを案内して頂きました。

IMG_20150719_143432.jpg

IMG_20150719_185355.jpg

IMG_20150719_190748.jpg

夕食は、サンフランシスコの人気レストラン 「House of Prime Rib」でステーキの大盛りを堪能しました。

阿部さんは、ご家族と友人の方と過ごされましたので、この日は別行動でした。


7月20日(月)
「雪風」阿部さんのご家族、友人が帰国され、阿部さんがグランドマリーナでの船内生活を開始しました。
阿部さんと一緒に、こちらに到着以来初めて洗濯をしました。
洗濯機使用料が1ドル25セント、乾燥機が15分で25セントと格安です。


7月22日(水)
SVSC の南さんのお知り合いの方で、アラメダにお住まいの小佐野さんに、バークレーの大型スーパーマーケットへ連れて行って頂き、当座の食糧品を調達しました。


7月23日(木)
ウインドベーン、MONITOR のメーカーである SCANMAR 社から、社長の Mike Scheck さんと 製造担当取締役の Ross Gillanders さんが訪ねて来てくれました。

同時に、Scheck さんの知り合いの、現地のヨッティングフリーマガジン 「Latitude 38」 の記者の方から取材を受けました。
日本から単独太平洋横断艇が2隻ほぼ同時に入港したことが珍しかったようです。

その後、Scheck さんが所属しているアラメダの名門ヨットクラブ 「Encinal Yacht Club」 で、プレジデントの Ray Thomas さんを交えて昼食をご馳走になりました。


7月24日(金)
SVSC の杉本さんが勤務されている、HONDA Silicon Valley の開所のお披露目に招待して頂きました。

IMG_12202.jpg

IMG_12201.jpg

IMG_12199.jpg

この日の夕食は、Silicon Valley の近くの Mountain View にある日本食レストラン 「Nami Nami」 で、SVSC の皆さんとご一緒させて頂きました。


7月25日(土)
SVSC の水山さんに、ゴールデンゲートブリッジの北側にある 「Muir Woods National Monument」 へ連れていって頂き、久し振りの森林浴で癒されました。

IMG_12207.jpg

IMG_12208.jpg

案内頂いた SVSC の水山さんと、「雪風の」阿部さんです。
IMG_12210.jpg

IMG_12213.jpg

IMG_12217.jpg

IMG_12221.jpg

この後、サンフランシスコの海洋博物館に展示されている堀江健一さんのヨット「マーメイド」号を見学に行きましたが、残念がら木部の痛みが激しくなったため現在修理中とのことで、見ることができませんでした。

ここに「マーメイド」号が展示されていたそうです、残念でなりません。せめて余韻だけでもと思い、写真を撮ってもらいました。
IMG_12225.jpg

サンフランシスコの Pier 39 にあるヨットハーバーです。
IMG_12228.jpg

IMG_12230.jpg

こちらに滞在している間の後半は、Pier 39 のヨットハーバーへ移動して係留させてもらうことも考えていたのですが、アラメダのグランドマリーナの居心地があまりにも良いので、移動しないことにしました。

この後、バークレーの日本食レストラン 「KIRAKU」 で、SVSC の南さんも合流して夕食を頂きました。
南さんのお知り合いの方で、東北大学を卒業後スタンフォード大学でポストドクターで研究に打ち込んでおられる若い女性研究者の方も合流して楽しいひと時を過ごしました。


7月26日(日)
グランドマリーナから徒歩20分ほどのところにある、Encinal Yacht Club へ行って、バッジの交換をしてきました。
と言ってもこちらが持参したのは、メンバーではないのですが、出航時にお世話になった富士山羽衣マリーナのものです。

IMG_12236.jpg

IMG_12235.jpg

7月23日(木)はここで昼食をご馳走になりました。
IMG_12234.jpg

IMG_12232.jpg

Encinal yacht Club からさらに歩くと、Marina Villege Yacht Club があり、高級住宅街が隣接しています。
IMG_12237.jpg

IMG_12238.jpg

さらに歩いていると、偶然 Encinal Yacht Club プレジデントの Ray Thomas さんにお会いしました。
日本でも良く知られている、カタリナヨットの販売店を経営されているそうです。
IMG_12241.jpg

さらに少し歩いたところにある Marina Villege Shopping Center で床屋を発見しました。
カットの希望をどのように英語で説明すれば良いか不安だったのですが、最悪坊主頭にすれば良いと考えて散髪してもらいました。
結果は悪くない出来だと思います。


7月28日(火)
SVSC の小泉さんに、サンフランシスコを案内して頂きました。
その後、小泉さんがお勤めの会社と、お子さんを預けておられる保育園も見学させて頂きましたが、会社も、保育園もその規模の大きさと設備の素晴らしさに圧倒されました。

中央の方が小泉さんです。
IMG_12245.jpg

阿部さんは仙台で保育園を経営されているので、大変興味をお持ちのようでした。

帰りに、初めて BART ( Bay Area Rapid Transit ) に乗りました。
まず、切符の買い方が分からなかったので困っていると、後ろに並んでいた人が助けてくれました。
日本のように、行き先の金額ボタンを押せば良いのではなく、投入金額から運賃分を1ドルボタンと1セントボタンを押して減額していくという方法で、ちょっと難しかったです。


7月29日(水)
自宅から、修理部品のスプレッダーライトの電球と、ウインドベーンのコントロールロープが到着しました。

夕食は、22日(水)に大型スーパーマーケットへ買い物に連れて行って下さった小佐野さんご夫妻と一緒に、オークランドの日本食レストラン「ビー玉」で頂きました。
小佐野さんのご主人は、日本で働いていたことがあって、日本語が話せます。
「雪風」の阿部さんが、現地のアメリカ人のことをしきりに外人、外人と言うので、ご主人に 「あなたが外人でしょ!」 とたしなめられていたのが面白かったです。


7月30日(木)
今日は修理作業を行いました。
阿部さんに手伝ってもらってマストに登って、航海中に切れてしまった右舷スプレッダーライトの電球を交換しました。
続いてメインハリヤードのピーク側がシーブで損傷していたので、天地入れ替えを行いました。

夕食は、SVSC のメンバーの方々と、サンフランシスコ市の南側の Millbrae にある純粋の日本ラーメン店 「遊楽」で頂きました。
久し振りに、本当の日本の味の餃子、ニラレバ炒め、ラーメンなどを頂き美味しかったです。
Millbrae までは BART で行ったのですが、二度目だったので切符も難なく買うことが出来ました。


7月31日(金)
SVSC のヨット 「Leglus」 の移動作業を手伝いました。
翌日がレースなのですが、出港時の潮位が低いため出港できなくなるので、あらかじめ外側のポンツーンへ移動しました。

夜は、グランドマリーナに隣接する住宅にお住まいのヨットマン、Laurence Boag さんより夕食に招待され、奥様手作りの日本食を頂きました。
アメリカ人の家庭に招待されたのは生まれて初めてで、しかも奥様手作りの日本食をご馳走になり、驚きとともに感動しました。

IMG_12247.jpg

IMG_12249.jpg

IMG_12248.jpg


8月1日(土)
朝9時、「雪風」号が出港し、帰国の途に就きました。
昨日のブログを参照下さい。

昼食は、高校時代の同級生がかつて勤務していたサンフランシスコ支店の先輩、同僚の皆さまより、サンフランシスコでも歴史のあるレストラン 「Tadich Grill」 に招待して頂きました。
IMG_12260.jpg

この日は、BART が海底トンネルのメンテナンスのため運休だったので、行きはアラメダ島からフェリーに乗りました。
ターミナルで乗船者の列に並んでいると、偶然すぐ後ろにこちらにお住まいの日本の女性お二人が並んだので、いろいろ話をさせて頂きました。
帰りは AC Transit というバスを利用しました。


以上で前半終了です。

こちらの天候は、朝はほとんど曇っているのですが、10時か11時ころになると必ずと言って良いほど快晴になります。
気温もぐんぐん上がるのですが、湿度が低いので、日陰に入ると涼しくなります。

夜は気温が下がり、涼しくなり、時には寒くなります。
したがって、寝苦しいなどということはありません。

毎日夕日がきれいです。
IMG_12263.jpg


まさに、「カリフォルニア・ブルースカイ」 のもと、こちらでの生活にもかなり慣れてきて、楽しく過ごしています。
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(9) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
夢のカリフォルニアを満喫している様子が手に取るように解り楽しそうですね!

お顔の頬も帆帆のように膨らんだ様ですね!!
No title
お疲れ様 正に
カルフォニア シャワーのBGMが似合いそうな陽気ですね
日本酷暑の夏です 根室除く
周遊ヨット 写メール 送信したくアドレス宜しく
No title
毎日夢のような生活ですね。
太平洋横断のご褒美です。

あまり、食べすぎると痛風が出るぞ~!!
No title
毎日いろいろとサンフランシスコ辺りを楽しくやっておられますね・・・。
ヨット・クラブも沢山あって、矢張りヨットの本場ですね。
ハワイへの出航まで引き続きカリフォルニアの空気を味わってください。
サンフランシスコ滞在
滞在中のご報告楽しく拝見しました。
何十年か前にかの地に遊びに行った時のことを思い出しました。
ちょっと南に下りますが、ペブルビーチとカーメルあたりがお勧めです。時間に余裕がとれたらお出かけ下さい。
Re: No title
MES 様

コメント有難うございました。
今日は朝から快晴、アラメダは素晴らしい所です。

TSUYOTAKA
古賀
Re: No title
ヨット「童夢」様

コメント有難うございました。

アラメダは本当に良い所です。
ここにヨットを置くのもありかなと思います。

Fuji-35 の中古美艇(1975年建造)が浮かんでいます。
価格は何と、....!
アンビリーボーの世界です。

TSUYOTAKA
古賀 道明
Re: No title
倉田様

コメント有難うございました。
航海中もたくさんコメントを頂き有難うございました。

アラメダは、皆さんフレンドリーで、ヨットの環境のみならず、天候、治安、等々全てにおいて良い所です。
滞在を楽しんでいます。

出航準備も徐々にではありますが進めています。


TSUYOTAKA
古賀 道明
Re: サンフランシスコ滞在
ヨット「ひまわり」様

コメント有難うございました。

こちらでは、地元の方々にあちこち連れて行って頂いています。
いろいろな方々との出会いもあり、楽しく過ごしています。

ぺブルビーチは次回ですね。

TSUYOTAKA
古賀 道明

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。