03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

バッテリートラブル

2016-04-28

4月28日(木) 15時45分 記

ハワイ時間 4月27日(水)18時45分
日本時間  4月28日(木)13時45分

昨日(4/27)の朝起きたバッテリートラブルでは、ご心配をお掛けしてしまい申し訳ありませんでした。

トラブルの顛末です。

バッテリーには残量計を取り付けているので、バッテリーにどれだけの電気量(Ah)が残っているかを数値で知ることができます。

当然、電圧計もあるのですが、どちらかというと、残量だけで管理してきました。

バッテリーを貯水槽に例えると、電圧は貯水槽の液面高さ、残量は貯水槽の中の水量になります。
/>従って、電圧(液面高さ)と残量(水量)は比例するので、残量だけチェックしておけば良いと考えていました。

この4年間それでやってきて、全く問題無かったのですが、昨日は残量は十分あるのに、電圧が異常に下がっていたのです。

残量計の表示が狂ってきているかも知れないので、基本に忠実に電圧もきちんとチェックすることにします。

昨日は、バッテリー電圧の低下と同時に、ソ-ラ-パネルの充電コントローラ-も充電をしなくなってしまうというトラブルも発生しましたが、これは偶然同時に起こったのではなく、バッテリー電圧が設定値より下がったので、充電を停止したようです。
/>メーカーのアドバイスにより、コントローラ-を再起動することで、正常に充電するようになりました。

バッテリーは、型番 125Ah が 4個あり、1個をバッテリースイッチの「1」につないでエンジン始動用にして、3個を「2」につないでサービス用にしています。

しかし、エンジン始動用に1個を温存しておくのがもったいないので、バッテリースイッチを「BOTH」にして使ってきました。

従って、今回は4個とも電圧が下がってしまいました。

窮地を脱するには、エンジンが掛からなくても、ソ-ラ-パネルでバッテリーを充電すれば良いのですが、今回は充電コントローラ-も同時にもダウンしてしまったので慌てました。
/>幸い、ソ-ラ-パネル4枚の内、1枚は別の充電コントローラ-も使えるようにしておいたので、それを使って充電することが出来ました。

今回は、メーカーと簡単に連絡が取れて、メーカーも親切に対応してくれたので助かりました。

以上が顛末ですが、今回のトラブルから得た教訓は、単純なことですが、基本に忠実であれ、ですね。

また、計器はあくまでも参考にして、自らの勘を養えでしょうか。

いずれにしましても、管理不行き届きで、ご心配をお掛けし、お騒がせしましたことを深くお詫び致します。

写真は、左がバッテリー残量計(270 は満タン)で、右が電圧計です。

TSUYOTAKA
古賀 道明
</pre>
スポンサーサイト
未分類 | コメント:(1) | トラックバック:(0)
コメント:
Good luck!TUYOTAKA.
バッテリー回復して良かったですね。
それにしても周到な準備されているものですね。私の「ひまわり」など思いもつかない準備です。
ゴールまであと後少しです。Goodluck!TUYOTAKA.

小生今日は、ポンペイとエルコラーノの古代遺跡を見て来ます。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。