06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

太平洋横断往復航海の準備と実際 (その6)

2016-10-26
2016年10月26日(水) 9時 記

太平洋横断往復航海の準備と実際 (その6)

  目 次

  1.ヨットの紹介 (2016年10月 5日のブログ参照)
  2.船体の準備 (2016年10月10日のブログ参照)
  3.電源設備  (2016年10月11日のブログ参照)
  4.航海計器  (          〃          )
  5.無線設備  (          〃          )
  6.法定備品  (          〃          )
  7.その他の準備 (2016年10月13日のブログ参照)
  8.装備の二重化 (         〃           )
  9.復原性の悪化 (2016年10月25日のブログ参照)
 10.荒天時の対策 (         〃           )

= 本日紹介分の目次 =

 11.免許、資格等の準備
 12.チャート
 13.気象情報の入手

============

 14.船内の生活
 15.食糧、清水、燃料、医薬品
 16.出航日、帰国予定時期の決定
 17.航海コース
 18.航海中のサポート等
 19.出港手続き、入港手続き
 20.サンフランシスコ、ハワイでのサポート
 21.航海中のトラブル
 22.航海の総括
 23.航海中の写真集


11. 免許、資格等の準備
1) 一級海上特殊無線技士免許取得
国際航海をするには一級海上特殊無線技士の資格が必要だが、それはどこにも書いてない。

① 航行区域の「遠洋」を取得するためには、電波を出す法定備品である双方向無線電話装置とEPIRBを積む必要がある。
② 電波を出す機器を積む場合は、無線局を開局する必要がある。
③ 無線局には、国際航海をする「船舶局」と、国際航海をしない「特定船舶局」の二種類があって、国際航海をするために「船舶局」を開局するには、一級海上特殊無線技士の資格が必要。

という三段論法。
これを知らずに、2014年に二級海上特殊無線技士免許を取得してしまったため、その時は国際航海できない「特定船舶局」しか開局出来なかった。
2015年に一級海上特殊無線技士免許を取り直して 「船舶局」 を開局したが、辛い二度手間だった。

2) 「船舶局」 開局 (無線局免許状取得)
2014年に、VHF、レーダー、双方向無線電話装置、EPIRB で 「特定船舶局」 を開局し、2015年に、AIS (送受信型) を加えて 「船舶局」 を開局した。

「特定船舶局」、「船舶局」 ともに開局には大変な労力を要した。
詳細は、2014年 4月10日と、2014年 12月 5日のブログ参照。

3) 航行区域「遠洋 (国際航海)」 取得
法定備品である、ライフラフト、遭難信号近海セット、無線設備、双方向無線電話装置、EPIRB を装備して取得した。
無線設備はアマチュア無線で代用した。

2014年に小型船舶検査機構 (JCI) に 「遠洋」 を申請した時は、前述の通り、国際航海できない 「特定船舶局」 しか開局してなかったので、『国際航海しない』 として申請せざるを得なかった。
船検証は 「遠洋」 になったが『国際航海』の文字は入らなかった。

JCI としては、「遠洋」 の船検証を発給するのに、国際航海をしようが、しまいがどうでも良いことだと思うが、無線局を管轄する総務省の関東総合通信局が、「特定船舶局」 の免許状を発給する前に、船検証に 『国際航海』 の文字が入ってないことを確認すると言い出したので、『国際航海』 の表記がない 「遠洋」 の船検証のコピーを提出した。

2015年に一級海上特殊無線技士の資格を取って、「船舶局」 を開局して初めて船検証に 『国際航海』 の文字が入った。

4) ヨットの「国籍証明書」入手
「国籍証明書」 はヨットで外国へ行く場合に必要な書類とのことで、運輸支局へ行って入手した。

5) 米国入国、滞在のためのビザ取得
米国に個人所有の船舶、航空機等で入国する場合はビザが必要。
インターネットで米国大使館のホームページにアクセスして、商用、観光目的の B1/B2 ビザを申請した後、米国大使館へ赴いて面接を受けて取得した。

ビザを持っていると半年間の滞在が許される。
2015年 7 月 13日にサンフランシスコに到着したので、ハワイ滞在中の2016年 1 月 12日で滞在期限が切れた。滞在期限が切れる前の 2015年 12 月下旬に滞在期間延長の申請をしたのだが、審査に思いのほか時間がかかり、延長が認められたのは出航直前の2016年 3 月下旬だった。

滞在期限が切れた 2016年 1月 13日以降は不法滞在になるが、滞在期間延長申請書を郵送すると受領書が送られてくるので、それを持っていれば不法滞在にはならないと言われた。

最も簡単な方法は、滞在期限が切れる前に、一時帰国等、一旦米国外に出てから戻れば、再び半年間の滞在が認められたと思う。


12. チャート
今回は米国しか行かなかったので、NOAA の電子チャート (米国西岸、ハワイ、グアム) を無料でダウンロードして、パソコン上にOpenCPN で表示した。
米国沿岸の電子チャートは、無料でも紙チャートと全く一緒なので安心して使うことが出来た。
太平洋上では、C-MAP 上に予定コースを引いて、その上を走らせた。

航海距離 (ログ) の計算は、OpenCPN の機能で航跡距離を計算することができると思うが、使い方が分からなかったので、チャート上の自艇の航跡上に、コース作成機能を使って出航地からのコースを Way Point を置きながらなぞって行って、そのコース距離を読んだ。

紙チャートは非常用として、米国西海岸の小縮尺図数枚と、サンフランシスコ湾の大小縮尺図、ハワイの大小縮尺図数枚を借用して積んだ。


13. 気象情報の入手
1) 天気図等
アマチュア無線機で気象ファクスを受信して、パソコンに KGFAX というソフトウエアーをインストールして表示した。
かなり鮮明な気象情報を入手することが出来たので非常に有効だった。

気象ファクスは、次の発信局のものを海域に応じて受信した。
周波数は SSB の下側波 (LSB) で、1. 9 kHz を減算済。

(1) 気象庁
周波数 : 3, 620. 6 kHz、7, 793. 1 kHz、13, 986. 6 kHz

清水から出航 4 日目の、2015年 5月 24日の気象庁の天気図
052409j.jpg


(2) 米国NOAA、ハワイ
周波数 : 9, 980. 6 kHz (05 : 19 ~ 15 : 56)、 11, 088. 1 kHz、
16, 133. 1 kHz (17 : 19 ~ 03 : 56)

(3) 米国 NOAA の Pt. Reyes (サンフランシスコの北)
周波数 : 4, 344. 1 kHz (01 : 40 ~ 16 : 08)、8, 680. 1 kHz、12, 784. 1 kHz、 17, 149. 3 kHz、
22, 525. 1 kHz (18 : 40 ~ 23 : 56)

サンフランシスコ出航翌日の、2015年 8月 15日の NOAA の天気図。
08151832.jpg


気象庁は 48 時間先の予想天気図しか発表しないが、NOAA は 96 時間先の予想まで発表してくれるので参考になったが、さすがに精度はそれほど良くなかった。

2) 風予報
PredicWind 社と契約して、風予測を Iridiumu GO を通して入手して、OpenCPN でチャート上に表示した。PredictWind 社のホームページ参照。
また、Iridium GO の Mail のアプリに 「Weather」 という気象予想機能があったので、参考程度に見ていた。

3)ハリケーン情報
NOAAの気象ファクスで、ハリケーンの卵であるTropical Depression やTropical Cyclone の発生を48時間前に知ることが出来たので、非常に有効だった。

サンフランシスコから出航後の2015年8月24日、25日、27日のNOAAのハリケーン情報。
08241308.jpg

08260108.jpg

08271920.jpg


ハリケーンが発生した後は、米軍のJoint Typhoon Warning Center (JTWC) の情報を入手して対処した。
この情報は、ヨットからはインターネットにアクセスできなかったので、直接入手することは出来なかったが、留守宅の家族に予想進路の緯度、経度をメールで送ってもらって、チャート上にプロットした。

39. IMG_2716


4) 気象情報に関する陸上のサポート
今回、気象情報に関して陸上のサポートを得ることは考えなかった。




スポンサーサイト
未分類 | コメント:(2) | トラックバック:(0)
コメント:
No title
いつもありがとうございます!
いろいろな知識を得ないと行けないのですね。
隠れた苦労、しみじみ味わってます(笑)
Re: No title
「なんでも好奇心」さん、

コメント有難うございました。
無線関係は、自分にとって技術的にも、手続的にも大変高いハードルでした。
こんな苦労を、これから始める方に味わって欲しくないと思っています。

TSUYOTAKA
古賀

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。